出典:photoAC

Lifestyle

【子ども用GPSおすすめ10選】選び方解説と見守りにぴったりな機能を徹底比較!

子どもがどこにいるのか一発でわかるGPS。親が安心するおすすめ商品や、選び方のポイントをご紹介します。

小学校にあがり、立派に登下校するようになったとはいえまだまだ小さい我が子。家から一歩外に出れば危険がいっぱいです。もっと大きい子でも、「今どこで遊んでいるのだろう」「無事目的地に着いたかな…」と親は常に心配ですよね。今回は、そんな親の心配が安心に変わる、子ども用GPSについて解説します!見守りに最適な理由や、おすすめの商品・アプリも紹介しているので、そもそも本当に必要かわからない方も参考にしてくださいね。

■そもそも子ども用GPSって?

まずは、子ども用GPSについて理解を深めていきましょう。

出典:photoAC

・子どもの所在地・行動範囲を確認できる

子ども用GPSは、親の手を離れ始める時期の子どもを見守ってくれる、便利なツールです。登下校はもちろん、公園やお友だちの家に寄り道したり、習いごとへ行ったり、今どこにいるのかわからないときに居場所を知ることができるため、親にとっては安心できますよね。
子ども用のGPS端末の多くは小型で軽量。キーホルダーになっていたり、靴に付けることができたりと、持ち運びしやすいのが主流です。

・子ども用GPSの基本機能は?

一般的な子ども用GPSについている基本的な機能は以下の通り。

出典:photoAC


1.現在地表示
親のスマホにGPSアプリを登録すると、GPSを持っている子どもの現在地がわかります。

2.どこを出入りしたかわかる通知エリア設定
子どもが通っている学校や習いごと、よく行く友だちの家などを設定すると、出入りしたときに教えてくれます。

3.スマホ1台につき複数のGPS登録ができる
兄弟・姉妹がいるときに便利なのがこの機能。子ども全員まとめて見守ることができます。

4.家族みんなで見守る
1台のGPSに対して、父・母・祖父・祖母など複数人登録できるため、仕事中で見守れない場合でも代わりに見守ってくれる家族がいて安心です。

5.バッテリー通知
バッテリーが少なくなってきたら通知されるので、充電を忘れる心配はありません。充電法は簡単なので、小学校低学年の子どもでも充電可能。一般的にバッテリーは1週間ほど持ちます。

6.履歴の保存
どこに立ち寄ったのか、移動した場所を記録するので、寄り道したときでも安心。履歴の保存日数は、GPSによって異なります。

・子どもにGPSを持たせるメリットはあるの?

子ども用GPSは親子にとって良いこと尽くし◎その理由をお伝えします。

出典:photoAC

  • ○離れていてもしっかり見守ることができる
  • ○安心感が得られる
  • ○非常事態や事故に備えられる

最近、子どもを巻き込んだ事故や非常事態などの悲しいニュースも少なくありません。また、成長と共に親と離れて過ごす時間が多くなって心配することも増えますよね。
子ども用GPSは、事故などの備えになるだけでなく、「ちゃんと学校に行けたかな?」「友だちの家には着いたかな?」といった親の不安を解消してくれるツール。1人で外出してもきちんと見守れるため、子どもの自立心の成長にも繋がるでしょう。
子ども用GPSは、親にとってはもちろん、子どもにとってもメリットの多いものなのです。

■子ども用GPSはどこに注目して選べばいい?

ここからは、子ども用GPSを選ぶときにチェックするべきポイントをいくつか紹介します。 GPSにはそれぞれ特徴があるので、「どういった機能があれば我が子を見守りやすいか」に注目して選ぶことが大切です。

出典:photoAC

・位置精度で選ぶ

GPSにとって、位置精度の高さは必須条件ですが、中には位置情報が曖昧なものも。
いざというときに子どもがいる場所がわかるよう、細かい位置情報がわかる精度の高いGPSを選ぶのがおすすめです。
圏外でも使えるGPSアプリは、災害時に役立つので安心。また、位置情報を自動で更新するGPSだと、より正確な居場所がわかりますよ。

・料金形態で選ぶ

子ども用GPSの料金形態は、月額制タイプと買い切りタイプの2つ。
月額制タイプは、本体を購入したら毎月通信費を払いながら使います。金額は低いことが多いので、続けやすいのがメリット。買い切りタイプは、本体代金に一定期間の使用料金が含まれているため、月額無料。契約期間は約2~3年が一般的 で、満期時の総額は月額制に比べて安いため、長く同じGPSを使い続けたい人にとってはコスパが良いでしょう。

・ 通知機能で選ぶ

出典:photoAC

GPSには、何かあったときにお知らせする通知ボタンや、乗り物に乗ったら通知する乗り物通知機能つきのものも。位置情報だけでなく子どもと直接やり取りがしたい!という方は、メッセージ機能つきがおすすめ。「○○に着いたよ」「これから帰るよ」といったやり取りができるのは親にとって安心ですよね。

・バッテリーの消耗度で選ぶ

GPS購入時に注目してほしいのが、バッテリーの持続時間!充電する頻度が多いと、それだけカバンなどから出す頻度も増えるため、忘れて外出してしまう可能性も。また、万が一使用中にバッテリーが切れてしまったら大変です。
子ども用GPSのバッテリーは、最長1カ月持つものもあるので、できるだけバッテリーが長く持つGPSを選ぶと安心ですよ。

Recommend

お手軽レシピが魅力!【アーモンド効果】があればクリーミーな七草粥も楽しめちゃう!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]