Fashion

【紙粘土工作のすすめ】子どもも大人も楽しめる簡単な作り方アイデア10選

紙粘土で作れる、可愛くて簡単な工作をピックアップして紹介します!

紙粘土工作は、子どもはもちろん、大人も楽しめるハンドメイド。紙粘土はホームセンターや手芸店などでも手軽に購入でき、アイデア次第でいろいろなものが作れますよ。夏休みの工作やおうち時間にもぴったりです。そこで今回は、初心者さんでも簡単に作れる紙粘土工作を紹介します。幼児から小学生、大人まで、難易度別にみていきましょう♪

■紙粘土ってどんなもの?特徴や種類は?

出典:photoAC

まずは紙粘土の特徴やどんな種類があるのかをいていきましょう。

・紙粘土の特徴

紙粘土は、「紙」との名がつく通り、紙の原料となるパルプを使った粘土です。主原料である炭酸カルシウムにパルプ、糊などを混ぜて作られています。乾きやすい材質で、乾くと硬くなり強度が出ます。そのため、油粘土などとは違い、一度固まったら繰り返し遊ぶことはできません。
夏休みの宿題に使われることも多く、「子どもの工作用」というイメージを持つ方もいるかもしれませんが、最近ではおしゃれな小物やアクセサリー作りにも用いられる人気の材料となっています。

・紙粘土の種類

紙粘土には、「軽量紙粘土」、「重量紙粘土」の種類があります。
軽量紙粘土はやわらかい質感が特徴。小さな子どもの力でも簡単に成形できる紙粘土です。アクセサリーや雑貨、子どもの工作などを作るときにおすすめです。重量紙粘土は、その名の通り重量がある紙粘土。成形する際にある程度力が必要になります。大きめのオブジェ、フィギュアなど、本格的な作品を作るのに適しています。

・手指の発達・創造力アップ効果も!

手先を使う紙粘土工作。作品作りの中で、手や指をしっかり使って作っていくので、手指の発達や脳の活性化が期待できます。また、自分の好きなものを作っていくことで、創造力や集中力を養うことができますよ。

■幼児から小学生向け!子どもの夏休みの宿題にもおすすめな簡単紙粘土工作アイデア

まずは、小さな子どもから小学生の子どもにおすすめの紙粘土工作を紹介します。

・お面


<必要なもの>
紙粘土
厚紙
ハサミ
両面テープ
キリ
絵の具

ニス
ゴムひも

<作り方>
1.厚紙でお面のベースを作る。(ハサミで切り込みを入れ、顔に合わせて両面テープで立体感を作る)
2.目と鼻の部分、両サイドのひもを通す部分にキリで穴をあける。さらに全体にも小さな穴をいくつか空けておく。(紙粘土のつきを良くするため)
3.紙粘土を薄く伸ばしながらお面につけていく。
4.鼻部分など立体的な部分のパーツも紙粘土で作る。
5.紙粘土が乾いたら筆を使って絵の具で色を塗る。
6. 仕上げにニスを塗る。
7.耳に引っかけるためのゴムひもをつけたら完成。

子どもの好きなキャラクターをお面にしてみてはいかがでしょう。その他、節分の鬼のお面などもおすすめ。

こちらは、@yui_springさんのお子さんが作ったお面「野菜の神様」。野菜を顔のパーツに見立てたアイデアがステキ!カラフルで個性的なお面です。@yui_springさんは紙粘土以外の粘土で作ったそうですが、紙粘土でも同じように作れるでしょう。

・貯金箱

<必要なもの>
紙粘土
貯金箱のベースになるもの(ペットボトル、筒型の容器、牛乳パックなど)
ハサミ
ニス


<作り方>
1.ペットボトルなど貯金箱のベースになる材料をハサミで切って、貯金箱の土台を作る
2.お金を入れる穴をあける
3.貯金箱の土台のまわりに紙粘土をつけていく
4.紙粘土が乾燥したら、絵の具と筆で色を塗る。
5.最後にニスを塗ったら完成。

@nao_mimizuさんが作ったのは、お菓子の家モチーフの貯金箱。お金を入れるのが楽しくなりそうな可愛いデザインですね♡貯金箱のベースには、牛乳パックを使ったそうですよ。

・お店屋さんごっこに使えるモチーフ


<必要なもの>
紙粘土
絵の具
ニス


<作り方>
1.    紙粘土に作りたいものの色にあう絵の具を少量入れ、よくこねて色をつける。
2.    色をつけた紙粘土でスイーツやパンなどお店に並べたいものを作る。
3.    紙粘土が乾いたら仕上げにニスを塗る。

出典:photoAC

子どもの大好きなお店屋さんごっこ。そんなお店屋さんごっこで使うものを紙粘土で作ってみてはいかが?紙粘土で作ったスイーツをこんなふうにディスプレイするとぐっとお店屋さん感が増しますね。

出典:photoAC

お寿司も楽しい!たまごやいくらなど、好みのネタを作ってみてもいいですね。

@xsattanxさんは、紙粘土でアイスクリームを作りました。まるで本物に見えるクオリティ。アイスクリームを作ったあとに、紙やすりで表面を削ることで、アイスクリームっぽい質感を表現したのだそう!ちなみに、コーンの部分はダイソーの砂遊びセットを活用したのだとか。

・ペン立て


<必要なもの>
紙粘土
空き瓶
装飾するもの(ビーズやモールなど)
絵の具

ニス

<作り方>
1.空き瓶などペン立てのベースになるものの周りに粘土を覆うようにつけていく。
2.ビーズやモールなどで飾りをつける。
3.紙粘土が乾いたら絵の具で色を塗る。
4.仕上げのニスを塗る。

@hinayume111さんは、好きなキャラクターやイラストを取り入れたペン立てを作りました。デコパーツで個性の光るペン立てに仕上がっていますよね。

・魚釣りのおもちゃ


<必要なもの>
紙粘土
クリップ
磁石
ストロー
割り箸
ひも
セロハンテープ
絵の具

<作り方>
1.紙粘土に好みの色の絵の具を混ぜ、こねて色をつける。
2.魚の形になるように粘土を成形する。
3.ストローを使って魚のうろこ模様をつける
4.作った魚の口先にクリップを差し込む。
5.続けて釣り竿を作る。
6.割り箸の真ん中部分にセロハンテープでひもをつける
7.ひもをとめた割り箸の下部分からストローを通していく。
8.割り箸が1cm程度出た状態で、割り箸とストローを固定する。
9.釣り竿の先に磁石をつける。
10.紙粘土が乾いたら完成。

出典:photoAC

魚釣り遊びが楽しめるおもちゃです。親子で楽しめそうですね!釣り竿作りは幼児や小学校一年生などの小さな子どもには少し難しいかもしれません。大人がサポートしてあげてくださいね。

Recommend

遊んで飾って!音やしかけが楽しい【MOOMIN BABY】の木のおもちゃはギフトにもおすすめ♪

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]