FacebookInstagramYouTube
【ぶりの照り焼きの献立】付け合わせにもう一品!主食・主菜・副菜・スープのレシピ

出典:PIXTA

Lifestyle

【ぶりの照り焼きの献立】付け合わせにもう一品!主食・主菜・副菜・スープのレシピ

和食の定番、ぶりの照り焼き。甘辛いタレがご飯に合う、大人にも子供にも人気のメニューですよね。今回は、そんなぶりの照り焼きに合う献立をご紹介します。合わせたい主食や主菜、副菜やスープまで盛りだくさんです!簡単なレシピもあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ぶりの照り焼きに合う主食

では最初に、ぶりの照り焼きに合う主食を紹介していきます。

・わかめご飯

少し懐かしさを感じるわかめご飯。調味料を入れて炊いたご飯に、水で戻して刻んだわかめを入れればでき上がり!あっさりしているので、甘辛のぶりの照り焼きとの相性もばっちりです。

・かやくご飯

出汁の香りが口いっぱいに広がる、ほっこりと優しい炊き込みご飯。ちくわや油揚げ、ひじきなどうまみの多い食材がコクをプラスしてくれます。ゴボウを加えてもおいしいですよ。

・梅ひじきと枝豆の炊き込みご飯

ひじきと枝豆がたっぷり入った栄養満点のご飯。梅干しの酸味がさっぱりしているので食欲がないときにもぴったりです。冷めてもおいしいのでお弁当に入れても◎

・三食丼

鶏そぼろ、炒り卵、きゅうりを混ぜて食べれば口の中に幸せが広がります。色味がきれいな三食丼は子供に喜ばれる付け合わせ。きゅうりの塩もみは、小松菜のやほうれん草のお浸しでも代用できますよ。

・豚ばら肉とねぎときのこの炊き込みご飯

大きめの豚ばらとゴロっとしたきのこが食べ応え満点。白だしとごま油で風味豊かに炊き上げたご飯に、かつお節を加えたうまみの詰まった炊き込みご飯です。

<作り方>

  1. 炊飯器に、お米、白だし、ごま油、醤油、おろししょうが、おろしにんにくを入れ、2合目の目盛りよりもやや少な目に水を入れて混ぜる。
  2. ほぐしたしめじ、小口切りにした長ネギの白い部分を加え、2~3cmにカットした豚肉を上から広げるように乗せて炊飯する
  3. 炊き上がったら、かつお節パックと小口切りにした長ネギの青い部分を加えて混ぜ合わせる
  4. 器に盛りつけ、いりごまを振って完成

ぶりの照り焼きに合う主菜

次に、ぶりの照りに合う主菜を紹介していきます。

・ちくわの磯部揚げ

紅生姜と青のりの風味に箸が止まらなくなる一品。コロンとして色味もきれいなので、お弁当やお酒のおつまみにもぴったりです。

・おでん

だし汁に、下ごしらえした材料を入れてじっくり煮るだけ!上品なだし汁のおでんと甘辛味の照り焼きは相性抜群の組み合わせです。

・ピーマンの豆腐詰め

ピーマンの肉詰めを豆腐で代用したヘルシーレシピ。照り焼きの甘辛いタレに付けて食べてもおいしいですよ!

・逆ロールキャベツ

付け合わせに、キャベツを豚ばら肉で巻いた逆ロールキャベツはいかがでしょうか。通常のロールキャベツよりも簡単に作れるので、忙しいときの時短料理としてもおすすめです。

・手羽中とサツマイモの甘辛炒め

カリっとした手羽中と甘いサツマイモを甘辛味のタレで絡めた、みんな大好きな味。見た目も豪華なので、パーティーのときにもいいですね♪ぶりの照り焼きも甘辛なため、気になる方は煮物にしてもいいでしょう。

<作り方>

  1. ポリ袋に手羽中、おろしにんにく、塩コショウを加えてよく揉み込み10分ほど置く
  2. サツマイモは乱切りにして水に5分さらす。水気を切ったら耐熱容器にふわっとラップをかけて600Wのレンジで約4分間加熱する
  3. 1のポリ袋に片栗粉を加えてまんべんなくまぶし付け、サラダ油を熱したフライパンに転がしながら4~5分揚げ焼きにする
  4. 手羽中をフライパンの端に寄せてサツマイモを入れ、サラダ油を回しかけて全体に焼き色を付ける
  5. 余分な油をキッチンペーパーで吸い、醤油、みりん、酒、砂糖を加えて照りが出るまで絡める。最後に黒ゴマを振って完成

ぶりの照り焼きに合う副菜

次は、ぶりの照り焼きに合う副菜をご紹介します。

・ブロッコリーとベーコンの炒め物

下ゆでしたブロッコリーとベーコンをにんにく風味のオリーブオイルでソテーした一品。カリカリのベーコンとほっくりブロッコリーの食感が堪りません♪

・きゅうりとわかめのナムル

ごま油とにんにくの風味が食欲をそそるナムル。もやしや千切り野菜で作ることが多いナムルですが、きゅうりとわかめにしそを加えることでさっぱりとした味わいになりますよ。

・なすの揚げ浸し

和食献立の付け合わせにぴったりななすの揚げびたし。油を吸ったコクのあるなすとめんつゆの風味が絶品です。なすの他にピーマンやかぼちゃを加えてもおいしいですよ。

・レンコンのきんぴら

根菜がたっぷり食べられるきんぴらは常備菜にもぴったり。こんにゃくを加えることで食感とヘルシーさがアップします。余ったきんぴらをみじん切りにしてご飯に混ぜれば、即席混ぜご飯になります。

・ひじき

副菜の定番といえばひじき。意外と手間がかかるひじきも、出汁に白だしを使えば手軽に作れちゃいます。ぶりの照り焼きに付け合わせれば、健康的な和定食になりますよ。

・茶わん蒸し

具材にかにかまを使ったお手軽茶わん蒸し。ぶりの照り焼きが甘辛味なので、副菜にまろやかな卵料理を合わせればあっさりとした献立に。

<作り方>

  1. 卵を溶きほぐし、水と白だしを入れて混ぜる
  2. かにかまをほぐし、刻んだしそといっしょに卵液に入れる
  3. 90℃に熱したフライパンに水を2cmほど入れたら茶わん蒸しを並べ、蓋をして20分湯せんする
  4. 卵液が固まったら完成
SHAREFacebook
POST
LINELINE