投稿写真:「娘の和花奈7カ月です」(緩奈・21歳)

Baby&Kids

公園での子ども同士のトラブルは、“ふくろう(OWL)の法則”で見守ろう

vol.327【1日1成長お母さん】「貸して」「どうぞ」ができない、そんなトラブルもまず見守ってみる

成長に伴い友達との関わりが増えると子ども同士のトラブルも増えるもの

公園や児童館で、おもちゃの貸し借りがうまくできない。遊具の「順番」が守れない。お母さんと子どもだけの世界だった赤ちゃん期からお友だちとの関わりが多くなる幼児期になると、避けて通れないのがお友だちとのトラブルです。物の引っ張り合いになったり泣かせたり泣かされたり。お母さんとしてはママ友の目も気になるし、どうしても「ほら、貸してあげなさい」と奪うようにお友だちに貸してあげてしまったりしてしまいがちです。

子どもが納得しないまま行動させても自主的に行動できるようにはならない

お母さんが、遊ぶときのルールやマナーを教えてあげるのはもちろん大切なこと。でも、子どもが理解をしないうちに無理におもちゃを取り上げてお友だちに貸したりしていると、子どもに残るのは不満ばかり。身に付けてほしい本当の意味でのルールやマナーは身に付いていきません。お母さんに言われたから貸す、怒られないように行動するという思考になり、状況に合わせて自分で考えて行動することができなくなってしまうのです。

ルールやマナーは、守らず気まずい思いをした経験を通して身に付いていく

基本的なルール・マナーを子どもに教えても、子どもはその通りにすぐに行動できるわけではありません。でも、お友だちが泣いて気まずい思いをしたり、トラブルになって楽しく遊べなくなってしまったり。そんな経験を通して子どもは平和に楽しく遊び続けるにはルール・マナーを守ったほうが良いのだなと体感していきます。トラブルの結末を経験しないうちに止めてしまっては、なぜその行動をとらねばならないかを自分で考える機会がなくなってしまうのです。

“ふくろう(OWL)の法則”で見守ろう。それでも解決しない時には助言を

子どものトラブルが始まったら、危険がない限りすぐに手を出さずに“ふくろう(OWL)の法則”で見守りましょう。まず、子どもが今何を感じているのかを観察(Observe)、次に、子どもが何を考えどのように行動するのかを待ち(Wait)、子どもの話を聞く(Listen)。じっと見守ってから「どうしたらいいのかな」と問いかけてみましょう。それでも解決しないときに、初めてアドバイスを。子どもはやらされた、という不満ではなく自分で解決できたという経験を重ね、それが自信にもつながっていくのです。

今日の1日1成長

子どものトラブルはすぐに手や口を出さずに“ふくろう(OWL)の法則”で見守ろう。
子どものトラブルも1成長、ママの見守る力も1成長。
玉井ユカコ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!