投稿写真:「息子の翔音3歳です」久美子・36歳

Baby&Kids

ミカンひとつで発見いろいろ!感性とやる気と集中力が育まれます

vol.337【1日1成長お母さん】」「知りたい」「試したい」という気持ちが学びのスタート

学びには立派な道具も不要。子どもの知らない!を経験に変えよう

本格的な冬を迎え、子どもたちは外遊びが制限させられているかもしれません。子どもだけでなくお母さんも天候の影響もあり気分が乗らない日があるかもしれません。でも視点を変えると日本には四季があり、夏の真っ青な空が広がる季節もあれば、グレーの空が続く冬もある。季節感のある食べ物や遊びがあることを知る機会となります。これらは将来に残る財産となる“感性”を育む教育です。

これはなに?どうするの?やってみたい!という好奇心は一生忘れない

冬の定番の果物といったらミカンですね。最近ではスーパーでもカットされたものが売られているので、実際の形や色や香りや食べ方を知らない子どもがいるそうです。ミカンを手にした0歳児は最初に皮ごと舐めてみるでしょう。ボールのように投げてみるかもしれません。皮のにおいは甘い?渋い?舐めると苦い?歯をあてるとどうなる?これらの感覚は五感に働きかける大切な学びです。

扱い方を教えるよりふれさせる。どんなことをするのかまずは観察しよう

1歳くらいになると、果汁を出してでも皮を剥こうとするでしょう。指先の発達が未熟な子どもが皮を剥こうとすると、手元が果汁でぐちゃぐちゃになることも。これを初めて経験した子どもはものすごく楽しいかもしれません。神経質な子は手元の汚れに泣いてしまうかもしれません。また、まるい1個がほぐれることもふれたことのない子どもは知りません。2~3歳になると甘皮を「これは何?」と聞くでしょう。

幼少期の感覚は子どもの人生において大切な財産と知識となります

このように大人にとって当たり前の知識や経験値は、小さな子どもにはもともと備わっているものではありません。お母さんにとっては手がかかって面倒だと思うことでも子どもの“初めての経験”のステップに十分時間をかけてあげてください。教えられた知識は身にならず、子ども自身で経験し感じたことは感性として育まれ、体と脳に働きかける大切な学びとなります。

今日の1日1成長

五感を働かせ感じる心を育てれば、豊かな人生をおくれる子になるでしょう
子どもの感性も1成長、ママの見守る力も1成長。
森みきこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!