Baby&Kids

心配りができて優しい子になってもらいたいのなら5歳がねらい時

Vol.669 思いやりや優しさは求めるのではなく、湧きおこる感情を育てよう

子育ては焦らず流れに身を任せ、自然に育つ過程で必要に応じて手助けしよう

どんな子に育って欲しいですか?と尋ねると「心配りができて、優しい子」と返ってくることが多くあります。だからといって急いで5歳未満の子に強要し過ぎると、その時期にこそ育つ好奇心の芽を摘むことになり、やる気を育てるチャンスを奪ってしまうことがあります。子どもには、年齢と発達段階によって優先すべき学びがあります。それによって言葉のかけ方も変わります。では思いやりは何歳頃、どのように育てたら良いのでしょう。

思いやりの心が育つまでには5年。子どもの成長は頭と体の発達が先行する

子どもはいつ頃から人とのコミュニケーションを取り始めるのでしょう。実は0歳で既にお母さんの表情を見たり声を聞いたりして、笑うなど反応を示しています。そして1歳頃になるとおもちゃを投げる子も。自分の行動に対し相手がどんな反応をするかを学ぶ時期です。他人の存在を知る過程でコミュニケーションは始まっているのです。ですが、この年齢はまだ一人遊びの時期で頭や体が先に育ちます。他人と遊ぶも人の気持ちを考える能力は未発達です。

心の成長は目に見えにくいもの。焦らなくて大丈夫、5歳まで待とう

思いやりや優しさは、心の成長によって育まれます。それは目に見えにくいものですから、思わず「優しくしなさい、貸してあげなさい」などと言葉で誘導しがちです。しかしそれでは子どもは言われなければ優しくできないなど、状況に合わせて自分で考え、行動する力が身に付かないことも。人への配慮は自らできる子であってほしいですよね。心の成長は5歳頃からといわれています。それは、この頃から共感脳が発達してくるためです。

想像力を育むおままごとやごっこ遊び。子どもが感情移入した時がチャンス!

共感脳とは、人の気持ちを想像する力。それには、経験がないと相手の立場を考えることは難しいのです。自分がやってみたいと思ったもののうまくいかなかった時、誰かに助けてもらう経験をするから、人を助けたいという気持ちが生まれるのです。このような成長は共感する力であり、人の気持ちを想像する力でもあります。共感脳が育つ5歳頃は、ごっこ遊びなどが効果的です。登場人物になりきる感情が思いやりの心を育みます。

今日の1日1成長

思いやりは想像力。ごっこ遊びを取り入れ感情移入する機会を与えよう
子どもの想像力も1成長、お母さんの共感力も1成長。
國枝愛実(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!