出典:@ ayumi_reposerさん

Lifestyle

幼稚園の遠足お弁当!おにぎりや食べやすいおかずをピックアップ☆

幼稚園の遠足お弁当に何をつくったらよいのか?と悩んだことがある方も多いはず。食べやすいおにぎりなどは遠足お弁当の定番ですが、幼稚園に通うお子さんがたべやすいおかずを厳選して紹介! また年少さん・年中さん・年長さんと、年齢別におすすめのお弁当も合わせてご紹介します。普段お弁当を作りなれていないママなど、ぜひ参考にしてみてくださいね☆

■幼稚園児の遠足!どんなお弁当を持っていくのがいい?

ママたちの中には「遠足のお弁当はどんなお弁当がいいの?」と思う人も少なくありません。幼稚園児の遠足のお弁当は、どんなお弁当がベストなのでしょうか。結論から言うと、幼稚園児の遠足のお弁当は食べやすさ、傷みにくさが大切!おいしい状態で、そして楽しみながら食べてもらうためにも、工夫を凝らして作ってあげましょう。

■詰めるときのひと工夫がカギ!遠足に持っていくお弁当のコツ

出典:@ bm.peekaboo0512さん

遠足のときは、お弁当が入ったリュックを背負って歩くことが多いもの。
気温が高くなる季節は「子どもが食べる前にお弁当が傷まないかな…」と、心配になりますよね。
お弁当を詰めるときにひと工夫しておくと、ごはんやおかずが傷みにくくなりますよ。ここでは、その方法をポイント解説していきます。




【1】傷みにくくするポイントとは?



1、おかずは冷ましてからお弁当に詰めること!


できたてのおかずをお弁当に詰めてしまうと、そのおかずだけでなく他のおかずも傷みやすくなるので、おかずは冷ましてから詰めましょう。

2、おかずはカップを使って仕切る


おかず同士がピッタリと引っついていると、傷みやすくなります。おかず同士を離すためにカップを使うとGood!
カップを使えばおかず同士の味つけが移る心配もないので、一石二鳥です。

3、お弁当箱の温度を下げる


気温が高くなるとお弁当が傷みやすくなるので、保冷剤を使ってお弁当箱の温度を下げるといいでしょう。凍らせたゼリーを保冷剤代わりに使うのもアリです☆


【2】傷みにくくするために便利なグッズは?


・抗菌シートや抗菌おにぎりラップで傷みを防止

出典:@ bm.peekaboo0512さん

市販で、抗菌シートや抗菌おにぎりラップがたくさん販売されています。
抗菌シートを使えば、お弁当が傷みにくくなるのでうれしいですよね。しかも、抗菌シートは完成したお弁当の上にシートを乗せるだけ!と使い方も簡単☆
こちらの写真の抗菌おにぎりラップは、ごはんをラップで包んで口をシールで止めるだけでかわいいおにぎりラップが完成する、とっても便利なアイテム。
お弁当の上にそのまま乗せれば抗菌シートにもなるので、おすすめです!

・保冷剤で温度をキープ!かわいいデザインも

出典:photoAC

外の気温が高くなっても、お弁当周辺の温度を冷たく保ってくれるのが保冷剤です。冷気は上から下へと流れるので、保冷剤を置くときはお弁当の上に乗せるようにしましょう。ただし、保冷剤をそのまま乗せてしまうと、水滴でお弁当の袋やお弁当箱が濡れてしまうこともあるので、ハンドタオルに包んで入れるようにしてくださいね。
近年はおしゃれなデザインの保冷剤がたくさん販売されています。『DAISO(ダイソー)』や『Seria(セリア)』などの100均でも、かわいいデザインの保冷剤がたくさんあるので、ぜひチェックしてみてください。女の子にはフルーツやキャラクター、男の子には動物や乗り物などがデザインされた保冷剤が人気です。


■すぐにマネできる!簡単に作れるレシピとお弁当の紹介

・かおべんおにぎり


子どもの遠足お弁当は「かわいく作りたい!」と、思うママも多いのでは?

出典:mamagirl2017秋号

かわいいお弁当を作りたいママにおすすめなのが、かおべんおにぎり☆

かおべんおにぎりの作り方はのりを顔のパーツにカットして、丸くにぎったおにぎりに乗せていくだけ。
顔のパーツに一瞬でカットできる「のりパンチ」を使うと、もっと簡単にかおべんおにぎりを作ることができますよ!

・ハンバーガー

出典:mamagirl2017秋号

かわいいお弁当はハンバーガーでも作れちゃいます!

こちらも作り方はとってもシンプル。ロールパンを横半分にカットしてレタスやコロッケなどをサンドします。
顔はチーズとのりで作った目を乗せて、口をケチャップで描くと完成! ピックで真ん中をさしておくと、形が崩れません。

・かぼちゃのマヨネーズ和え

出典:@ ayuka_kiraraさん

メインのおにぎりやサンドイッチをかわいくしたら、おかずはシンプルでもOK☆
お弁当に彩りを加えるおかずにすれば、素敵なお弁当ができちゃいます。

彩りを加えることができるおかずとして、かぼちゃサラダがおすすめ。
作り方は、かぼちゃを食べやすい大きさにカットして少し濡らしたら、電子レンジでチン。粗熱が取れたら塩コショウと少量のマヨネーズで味つけして完了です。

5分もあればできるので、忙しいお弁当作りのときにピッタリ!

・ほうれん草のソテー

出典:@ ayuka_kiraraさん

緑のおかずを加えたいなら、ほうれん草のソテーが簡単です。

ほうれん草のソテーは、ほうれん草やベーコンを2cmぐらいにカットして、しめじといっしょに炒めます。
味つけは塩コショウ、醤油とバターです。

・塩麴を使った鶏のから揚げ

出典:@ yagigigi1234さん

子どもに人気のからあげも、塩麹で味つけしておけばとっても簡単☆

まずは鶏肉をいつも通り下準備して、塩麹で漬け込みます。最後は片栗粉をつけて油で揚げたらできあがり!
塩麹だけで味がつけられるのは、とっても簡単で助かりますね。

・紹介したおかずがあれば、素敵なお弁当が完成!

出典:mamagirl2017秋号

かおべんおにぎり、塩麹のからあげ、かぼちゃサラダを入れると「mamagirl」2017年秋号で紹介した、かおべん風のお弁当ができちゃいます☆

出典:mamagirl2017秋号

デコレーションしたハンバーガーをお弁当に入れると、開けた瞬間喜びの声が上がりそうですね。
デコレーションしたサンドイッチを入れても、かわいいお弁当が作れますよ!


■女の子におすすめ!年少さん・年中さん・年長さんの遠足お弁当

女の子が喜びそうなかわいいお弁当を年齢別に紹介します。

・年少さん

出典:@ ayumi_reposerさん

3歳の年少さんガールにおすすめなのは、食べやすくてかわいいお弁当☆

@Ayumi_reposerさんの玉子巻き寿司弁当は、小さい子どもでも食べやすそうですね。
玉子巻き寿司をデコレーションして、ルル&ロロちゃんにするアイデアも素敵です!

・年中さん

出典:mamagirl2018春号

4歳の年中さんガールには、ひと口サイズのサンドイッチ弁当はいかが?

ロール状のひと口サンドイッチにすれば、見た目がキュート☆
彩りもきれいに見えるので、かわいいもの好きなガールたちは、キュンとすること間違いなし!

・年長さん

出典:@ ayano.adshさん

5歳の年長さんガールには、デコレーションしたおにぎり弁当がGood!

@ayano.adshさんのお弁当のように、おにぎりをうさぎにデコレーションすると「かわいいお弁当♡」と注目の的に⁉
ハムと人参を使ってうずらの卵を水玉模様にするアイデアは、要チェック☆


■男の子におすすめ!年少さん・年中さん・年長さんの遠足お弁当

食べやすくてボリュームもある男の子におすすめのお弁当を紹介します。

・年少さん

出典:mamagirl2017秋号

3歳の年少さんボーイには、手で食べやすいサンドイッチ弁当がおすすめです!

こちらの写真のようにデコレーションすると、サンドイッチもキャラ弁になりますね☆

・年中さん

出典:@ xaya106xさん

@xaya106xさんが作ったお弁当は、なんと肉巻きおにぎりを使った「なんちゃってバーガー弁当」!

4歳の年中さんボーイに作ってあげたら、喜ぶこと間違いなし。
具はいろいろとアレンジできそうなので、色んなおかずで作ってみるのがおすすめです☆

・年長さん

出典:@ keiko0424さん

5歳の年長さんボーイには、彩り鮮やかなボリューム満点のお弁当を!

@keiko0424さんは、おにぎりを「はながっぱ」にデコレーションしてかわいいお弁当にしていますね。
おかずも彩り豊かな取り合わせ!ママの愛情たっぷりのお弁当です。


■幼稚園児のお弁当のデザートは?注意点やおすすめレシピ

おいしいご飯を食べ終わり、いよいよお楽しみのデザートへ♡ここでは、デザートを入れるときの注意点とおすすめのレシピをご紹介します。


・デザートを入れるときの注意点

出典:mamagirl2017秋号

お弁当のデザートはおにぎりまたはサンドイッチ、おかずなどといっしょに詰める場合と、容器を別にして詰める場合の二通りあります。一つのお弁当箱にご飯やおかずといっしょにデザートを詰める場合は、ワックスペーパーやカップなどを使って詰めると◎。におい移りや色移りを避けることができます。
容器を別にして詰める場合は、デザートの入った容器の上にも保冷剤を入れるのを忘れずに。お弁当のご飯やおかずと同じくデザートも傷みやすいので、保冷剤はマストです!合わせて保冷バッグを使うと、お弁当やデザートがより傷みにくくなりますよ。

・【おすすめデザートレシピ】超簡単!冷凍フルーツの詰め合わせ

出典:photoAC

一口サイズにカットしたフルーツを冷凍して、容器に詰め合わせるだけのお手軽デザートです。当日は容器に詰めるだけなので、パパっと準備ができますね。冷凍フルーツの詰め合わせを作るときのポイントは、水気が出にくいフルーツを使用すること。りんごやキウイ、さくらんぼ、ライチ、ブルーベリーなどは解凍されても水分が出にくいのでおすすめですよ。

・【おすすめデザートレシピ】りんごのコンポート

出典:photoAC

加熱したりんごのコンポートは、傷みにくいのでママも安心ですよ。

<材料>
りんご         1/2個
砂糖、はちみつ、水   大さじ1
バター          15g

<作り方>
1.りんごを食べやすい大きさにカットします。
2.【1】を耐熱容器に入れてから調味料を投入し、600wの電子レンジで約5分加熱します。3.加熱が終わったら常温で冷まして完成です。

・【おすすめデザートレシピ】フルーツ寒天

出典:photoAC

溶け出す温度が90度前後の寒天。常温でも解けないのでお弁当のデザートにもピッタリです。

<材料>
お好みのジュース      350cc
寒天パウダー 1/2本
お好みのフルーツ      適量
※フルーツ缶詰でもOKです

<作り方>
1.鍋にジュースと寒天パウダーを入れて混ぜておきます。
2.沸騰したらかき混ぜながら1~2分加熱します。
3.シリコンカップにカットしたフルーツを入れ寒天液を注ぎます。荒熱が取れたら冷蔵庫に入れ、固まったら完成です。

■かわいい遠足弁当で子どもを喜ばせよう!

子どもたちもママのお弁当が大好き♡ そんなママの手作りお弁当を、遠足仕様にかわいく作ってみませんか?
簡単に作れるおかずやおにぎりをお弁当に詰めてデコレーションするだけで、子どもが喜ぶ遠足お弁当にチェンジ!
かわいい遠足お弁当で、遠足がもっと楽しい思い出になるはずです。

ayuka

食生活アドバイザーの資格を持つ、小学生と幼児のママです。どうやったら日々楽できるかを考察中♪時短料理、簡単にできる掃除テクなどをネットやインスタで探しています。
【Instagram】ayuka_kirara

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!