出典:@ ayumi_reposerさん

Lifestyle

幼稚園の遠足お弁当!おにぎりや食べやすいおかずをピックアップ☆

幼稚園の遠足お弁当に何をつくったらよいのか?と悩んだことがある方も多いはず。食べやすいおにぎりなどは遠足お弁当の定番ですが、幼稚園に通うお子さんがたべやすいおかずを厳選して紹介! また年少さん・年中さん・年長さんと、年齢別におすすめのお弁当も合わせてご紹介します。普段お弁当を作りなれていないママなど、ぜひ参考にしてみてくださいね☆

■幼稚園児の遠足!どんなお弁当を持っていくのがいい?

ママたちの中には「遠足のお弁当はどんなお弁当がいいの?」と思う人も少なくありません。幼稚園児の遠足のお弁当は、どんなお弁当がベストなのでしょうか。結論から言うと、幼稚園児の遠足のお弁当は食べやすさ、傷みにくさが大切!おいしい状態で、そして楽しみながら食べてもらうためにも、工夫を凝らして作ってあげましょう。

■詰めるときのひと工夫がカギ!遠足に持っていくお弁当のコツ

出典:@ bm.peekaboo0512さん

遠足のときは、お弁当が入ったリュックを背負って歩くことが多いもの。
気温が高くなる季節は「子どもが食べる前にお弁当が傷まないかな…」と、心配になりますよね。
お弁当を詰めるときにひと工夫しておくと、ごはんやおかずが傷みにくくなりますよ。ここでは、その方法をポイント解説していきます。




【1】傷みにくくするポイントとは?



1、おかずは冷ましてからお弁当に詰めること!


できたてのおかずをお弁当に詰めてしまうと、そのおかずだけでなく他のおかずも傷みやすくなるので、おかずは冷ましてから詰めましょう。

2、おかずはカップを使って仕切る


おかず同士がピッタリと引っついていると、傷みやすくなります。おかず同士を離すためにカップを使うとGood!
カップを使えばおかず同士の味つけが移る心配もないので、一石二鳥です。

3、お弁当箱の温度を下げる


気温が高くなるとお弁当が傷みやすくなるので、保冷剤を使ってお弁当箱の温度を下げるといいでしょう。凍らせたゼリーを保冷剤代わりに使うのもアリです☆


【2】傷みにくくするために便利なグッズは?


・抗菌シートや抗菌おにぎりラップで傷みを防止

出典:@ bm.peekaboo0512さん

市販で、抗菌シートや抗菌おにぎりラップがたくさん販売されています。
抗菌シートを使えば、お弁当が傷みにくくなるのでうれしいですよね。しかも、抗菌シートは完成したお弁当の上にシートを乗せるだけ!と使い方も簡単☆
こちらの写真の抗菌おにぎりラップは、ごはんをラップで包んで口をシールで止めるだけでかわいいおにぎりラップが完成する、とっても便利なアイテム。
お弁当の上にそのまま乗せれば抗菌シートにもなるので、おすすめです!

・保冷剤で温度をキープ!かわいいデザインも

出典:photoAC

外の気温が高くなっても、お弁当周辺の温度を冷たく保ってくれるのが保冷剤です。冷気は上から下へと流れるので、保冷剤を置くときはお弁当の上に乗せるようにしましょう。ただし、保冷剤をそのまま乗せてしまうと、水滴でお弁当の袋やお弁当箱が濡れてしまうこともあるので、ハンドタオルに包んで入れるようにしてくださいね。
近年はおしゃれなデザインの保冷剤がたくさん販売されています。『DAISO(ダイソー)』や『Seria(セリア)』などの100均でも、かわいいデザインの保冷剤がたくさんあるので、ぜひチェックしてみてください。女の子にはフルーツやキャラクター、男の子には動物や乗り物などがデザインされた保冷剤が人気です。


SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]