Facebook Twitter Instagram

出典:@ s.m.y_fleurさん

Lifestyle

押し花を作ろう!ネイルからスマホケースまでおしゃれ活用術もチェック♡

子どもから大人まで夢中になれる「押し花」。完成するまでのワクワク感や仕上がりの美しさにハマってしまう人も多いです。今回は、そんな押し花の作り方と、おすすめのアレンジ作品をご紹介。生き生きとした花をそのまま閉じ込めたような作品は、引き込まれそうな美しさです。基本的な作り方についても紹介しているので、ぜひ挑戦してみましょう!

■大人気の趣味「押し花」の魅力とは?

出典:Photo AC

花を重しの間に挟んで、乾燥させる「押し花」。みなさんも子どもの頃、本に挟んだりして作ったことがあるのではないでしょうか?

押し花の魅力といえば、そのままだと枯れてしまう花の色や形を美しく保つことができるところ。
長持ちする押し花は、さまざまなハンドメイド作品にパーツとして活用することもできます。

今回は、そんな押し花の魅力に注目してみました!
「押し花ってどうやって作るの?」「本に挟む方法しか知らない」という方は、要チェック!
まずは、基本の作り方からご紹介します。

■基本的な押し花の作り方

まずは、押し花の基本的な作り方をご紹介しましょう。

出典:Photo AC ※写真はイメージです。

最も簡単な方法は、ティッシュに挟んだ花を分厚い本に挟んで作るというもの。
本は、重さのある辞書がおすすめ。
とっても簡単に作れるので、お子さんの夏休みの自由研究にもぴったりですよね。

■アイテムを使ってクオリティを上げよう!

基本的な作り方に慣れたら、応用編にチャレンジ!
身の回りのアイテムを使うことで、さらに押し花作りが楽しめるようになります。

・「電子レンジ」で一度に大量生産!

出典:Photo AC

一度に多くの押し花を作りたいときは、電子レンジがおすすめ。本に挟む方法よりも短時間で作ることができます。

用意するものは、

・段ボール
・クッキングシート
・輪ゴム

クッキングシートの上に花を置いたものを段ボールで挟み、輪ゴムで留めてレンジにいれます。
600Wで1分程度加熱。ゆっくりと段ボールを剥がし、しっかりと乾燥していたら完成です。

・繊細な作品作りには「アイロン」がおすすめ!

出典:Photo AC

花の状態を見ながら、きれいに丁寧に仕上げたいときは、アイロンをぜひ使ってみて!

用意するものは、
・アイロン
・アイロン台
・ティッシュ
・クッキングシート

アイロン台の上にクッキングシートを敷き、その上に花を置き、さらに上からクッキングシートで挟みます。
アイロンを低温の状態にして、20秒程度あててみましょう。
花びらが折れたり、ちぎれたりしないように慎重に。熱を冷ましたら完成です!

・「専用キット」でプロ級の仕上がり!

押し花には、専用のキットがあります。

キット内容は、プレス台や乾燥シート、作品作りに便利なパーツなど。
価格は、500円程度のものから、数千円程度のものまでさまざまです。

手芸ショップで取扱いがあるようなので、チェックしてみてくださいね!

■押し花で人気の花って?

どの花を使うかによって、全く違った雰囲気になる押し花。
季節の移り変わりとともに、さまざまな花で楽しんでみたいものです。
押し花でよく使われる人気の花をいくつかご紹介しましょう!

・桜

出典:「押し花教室 ペタルペタリ〈柏市 松戸市 流山市〉 Powered by Ameba」

桜の魅力は、その淡いピンク色の花びら。とても薄いため、色紙と重ねてその透け感を楽しむこともできます。
上から見るように花びらを広げてもかわいいですが、あえて緑のがくや茎を見せるようにするのもステキですね!

・バラ

エレガントなバラを押し花にしたときの仕上がりは圧巻!
思い出のブーケを押し花にして保管するという方も多いよう。
バラのように立体的に花弁が重なっているものは、仕上がりをイメージしながら組み立てていく作業が必要。
押し花に慣れてきたら、ぜひ挑戦してみましょう!

・ガーベラ

花びらが丸く広がったガーベラは、ガーリーな雰囲気が人気。カラーも豊富で、さまざまな雰囲気を楽しむことができます。
アクセサリーとしてアレンジされることも多いですよね!
花びらが細く、何枚もあるため、折れないように慎重に押すようにしましょう。

・アジサイ

出典:@ anih._さん

アジサイと言えば、薄く、繊細な小花が集まった姿が特徴的。
実際のアジサイのように、押し花にした小花をいくつも組み合わせても、小花をひとつだけ押し花にしてもかわいく仕上がります。
淡く、涼しげな色も魅力的ですよね。雨の降る時期には、ぜひ押し花を楽しんでみてくださいね!

■押し花をアレンジ!人気の作品例って?

押し花は、作っただけではもったいない!
ぜひ、アクセサリーや雑貨など、さまざまなアレンジを楽しんでみましょう。
今回は、中でも人気のアレンジ作品例をご紹介します。

・スマホケース

出典:@ s.m.y_fleurさん

こちらはアジサイの押し花をあしらったスマホケース。
涼しげなペールブルーの花びらがかわいいですね。
ところどころに散りばめられた小さなストーンが、まるで雨粒のようです。これからの季節にいかがでしょうか?

・しおり

出典:@ studiof_catherinaさん

押し花アレンジといえば、しおりを思い浮かべる人も多いですよね。
「オシャレで個性的に作りたい!」という方は、こちらの作品を参考にしてみてくださいね!

英字新聞の上にクローバーなどの押し花を重ねることで、海外のアンティーク雑貨のような雰囲気が楽しめます。
左上には、紐以外に、タッセルをつけるのもおすすめ。大人っぽく仕上がります!

・ピアス(イヤリング)

出典:@ iim.u_さん

こちらの作品では、かすみ草などの小さな押し花といっしょにパールやビーズをレジンに閉じ込めています。
水滴の中に色とりどりの花びらが浮かんでいるようで、のぞき込みたくなるかわいさ!
涼しげなデザインは、夏のアクセサリーとしてもぴったりですね。

・バレッタ

出典:@ risa24haruさん

こちらは、白いガーベラやかすみ草の押し花を使ったバレッタ。
クリアで涼しげなヘアアクセは、浴衣にも合いそうですね!
大きいサイズの押し花は、存在感を出したいときにおすすめ。花弁が重ならないように気をつけるといいでしょう。

・ネイル

出典:@ ___honoringo1003さん

押し花は、ネイルパーツとしても大人気。
ナチュラルな雰囲気や、アンティークな雰囲気を出したいときにおすすめです。

こちらは、くすみグリーンに黄色と白のかすみ草を合わせたデザイン。レトロ感のあるカラーがすてきですね!

出典:@ may_nail27さん

濃さの違うピンク2色とかすみ草の押し花を乗せたホワイトがキュートなデザイン。
ロマンチックな雰囲気が、かわいいですね!小さな押し花をブーケのように使うデザインも人気が高いです。

■押し花を早速つくってみよう!

結婚式のブーケや卒業式の花束など、大切な思い出の詰まった花を、押し花として残す方法としても人気。
ドライフラワーと違って、額縁に入れて絵のように飾ることができるのも押し花の魅力です。

思い出深い花だからこそ、いつも目につくところに飾っておきたいですよね。
「花はお世話が苦手……」という人でも押し花なら大丈夫!
ぜひ、好きな花や大切な花を押し花として残してみましょう!

引用文献
「押し花教室 ペタルペタリ 〈柏市 松戸市 流山市〉 Powered by Ameba」

kopei

2015年生まれのゴキゲンな息子のママです。自分に合った美白&保湿ケアを追求中。安くて優秀なコスメ探しが大好きです♡
【Instagram】pkboo000

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp