出典:「美夜子のtokidoki日暮し綴り Powered by Ameba」

Lifestyle

金木犀の育て方は初心者でも簡単!育て方&知っておくべきことをレクチャー

オレンジ色の小さな花をたくさん咲かせ、辺りにその香りを漂わせる金木犀。金木犀の香りで秋の訪れに気づかされることもあります。
そんな、庭木として人気の金木犀について、育て方をご紹介します。

◆懐かしい香りがする!金木犀がどんな花か、香りで思い出す方も

出典:「美夜子のtokidoki日暮し綴り Powered by Ameba」

金木犀(きんもくせい)とは、オレンジ色の花を咲かせる小高木樹です。大きくなると10mほどにもなるようですが、日本では公園や庭先などに観賞用として栽培されています。
学校帰りなどに道を歩いていると、金木犀の香りが漂っていたという記憶がある方もいるかもしれませんね。

開花時期は9月中旬~10月下旬ころ。9月に一度花が咲き、散ったかと思うともう一度咲く二分咲きなどもあります。その香りに魅せられる人も多くいますが、金木犀の開花時期はわずか一週間ほど。
短い期間に楽しまなければいけません。
金木犀は、ホームセンターや園芸店など、身近な場所で購入できますよ。

◆金木犀の基本の育て方が知りたい!簡単に育てられる?

出典:「Totoronの花鳥風月 Powered by Ameba」

丈夫で育てやすい植物として人気の金木犀は、水はけのよい酸性の土で元気に育ちます。地植えでも鉢植えでも育てることができるので、植えたい場所によって育て方を変えましょう。

・地植えで金木犀を育てるならどうしたらいい?


地植えで育てるなら、苗木の植えつけは夏と冬を避けて春か秋に行うのが良いようです。
まず、日当たりの良い場所を選び、有機肥料と腐葉土を混ぜ合わせ土を作ります。
苗よりも一回り大きな穴を掘り、苗を植えたら周りを土で埋めます。
水やりをしたら土を固めながら苗を固定しましょう。
肥料は、有機肥料や草木灰などを1月~2月頃に与えると効果的です。

・鉢植えで金木犀を育てるならどうしたらいい?


ベランダなどで気軽に小さく育てることを希望するなら、鉢植えがおすすめです。
小さな鉢ではすぐに根がいっぱいになってしまいます。8号以上の植木鉢を用意しましょう。
まず、鉢の底に鉢底石を敷き詰め、赤玉土と腐葉土を7:3ほどの比率で混ぜ合わせた土を半分ほど入れます。
苗を植えたら水やりをし、足りない土を足しましょう。苗をしっかり固定するのも忘れずに。
肥料は、2月・5月と開花前の8月~9月に、有機肥料や化成肥料を与えると効果的です。

・金木犀を育てるうえで知っておきたいこと


出典:「coo2766の すろーらいふ Powered by Ameba」

金木犀の根の深さは、それほど深くなりません。根を浅く張る特徴があるので、水はけと水もちのよい場所が最適です。
金木犀のかかる病気は、主なものとして4つあり、どれもカビが原因の病気です。“褐斑病(かっぱんびょう)”は、高温多湿な時期に多く、葉に褐色の小さな斑点が出ます。“先葉枯病”は葉の先端が褐色になり枯れ、“炭疽病(たんそびょう)”は葉に黒や赤褐色の斑点が出たあと穴が開いて枯れていきます。“うどんこ病”は葉に白いカビの斑点がつきます。進行すると白い斑点が葉に広がり、黄色くなったり縮れたりして枯れます。
いずれも、発見したら早い段階で葉を取り、広がるのを防ぐと良いようです。
金木犀の地植えには基本的に水やりは不要。ですが、病気のような症状は見当たらないのに葉が落ちる場合には水不足も考えられます。金木犀の周りに芝生を植えている場合などは注意が必要です。

◆金木犀をそれぞれに楽しむ♡場所別の金木犀の楽しみ方

金木犀を本格的に楽しみたい方や、ベランダなどで気軽に楽しみたい方、住環境なども人それぞれ。みんながどのように金木犀を楽しんでいるのか、場所別にご紹介します。

・ベランダで気軽に金木犀を楽しめる鉢植え

出典:「乳癌サバイバー!なのに高血圧、糖尿病、高コレステロール&花のある暮らし日々のブログ Powered by Ameba」

こちらは、子どもの入学記念樹。ベランダで実家の秋を感じられるそうです。素敵ですね。ベランダに金木犀があると、室内にいながらその香りを感じられるので、より身近に楽しむことができます。

・庭に植えられた金木犀はマイホームの一部

出典:「Totoronの花鳥風月 Powered by Ameba」

庭に、シンボルツリーとして佇む金木犀。
満開時は、その香りとオレンジの花で道行く人をも楽しませてくれます。金木犀は、形を調えやすい特徴もありますよ。

◆写真映え!みんなの金木犀写真を見てみたい

金木犀の鮮やかな花の色はインスタ映えもばっちり!みんなの素敵な写真も見てみましょう。

出典:@ sippouzuratukuneazukiさん

キレイな青の秋の空と、オレンジ色の金木犀のコントラストがとてもきれい。からっと晴れた空と、いきいきとした金木犀は清々しく、元気をもらえる一枚です。伸びやかな葉にも注目!

金木犀は一週間ほどで散ってしまうのが残念ですが、その散ってしまった姿を美しくとらえた一枚。
濡れた地面とのコントラストが美しい、金木犀の絨毯になっています。

出典:「美夜子のtokidoki日暮し綴り Powered by Ameba」

こちらは、金木犀のきれいな花の色と香りを楽しむために摘んでみたそう。ガラスの器に入れられて、すこしおめかししたような姿。金木犀は一つ一つの花が小さく、摘むという感覚があまりないかもしれませんが、こちらのように花を摘んで写真に収めるのもいいですね。

出典:@ anih._さん

金木犀の香りを閉じ込めて、長い期間楽しめるのが金木犀のシロップ漬け。金木犀についたごみや花の軸を丁寧に取り除くことで、きれいなシロップが完成します。
根気のいる作業ですが、香りを長く楽しむことができ、写真に収めればインスタ映えするのでおすすめです。

◆金木犀の育て方は簡単!ベランダや庭先に金木犀のある生活を

甘い香りで秋の訪れを知らせてくれる金木犀。シンボルツリーとしても人気の金木犀を、庭やベランダで育ててみませんか?
ご紹介したように、育てやすく丈夫な植物なので、初めての方でも挑戦しやすいですよ。

引用文献
「美夜子のtokidoki日暮し綴り Powered by Ameba」
「Totoronの花鳥風月 Powered by Ameba」
「coo2766の すろーらいふ Powered by Ameba」
「乳癌サバイバー!なのに高血圧、糖尿病、高コレステロール&花のある暮らし日々のブログ Powered by Ameba」

しろ

雑貨屋勤務の経験もある雑貨好き♡時間を見つけてはインスタでおしゃれなインテリアを見るのが楽しい時間。子ども3人に振り回されながらも、快適に暮らせるようアンテナをはって情報収集しています。
【Instagram】_shiro9

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!