Baby&Kids

友だちの輪になかなか入れない子は、人を傷つけないやさしい子

vol.757【1日1成長お母さん】おもちゃを取られても泣いて取り返さないのは、争いたくないだけ

繊細すぎる子どもが心配。毎日泣いてばかりで戸惑ってしまうことも

保育園や幼稚園に入園してからなかなか馴染めない子っていますよね。毎朝お母さんとお別れするときは大泣きして離れず、先生に無理やり抱っこして連れて行ってもらったり。お迎えに行ってこっそり様子を見ても、お友だちの輪に入らずに部屋の隅っこで一人遊んでいたり。おもちゃを取られても取り返せず泣くだけ。こんな様子ではお母さんも「この先強く生きていけるのかしら」と将来が心配になったりもします。

人見知りをするのはお母さんの育て方ではなく、生まれもった気質が関係する

子どもには生まれながら性格が備わっていて、キッズコーチングでは5つのタイプに分類しています。その中に“デリケートタイプ”があり、新しい環境になかなかなじめないのはこのタイプ。繊細でおとなしく人見知りもするので、大勢の人の中ではなかなか自分を出せずにいます。他の子どもは楽しそうに遊んでいるのに自分の子は一人ぼっち。「私の育て方が悪かったのかしら」と悩む必要はありません。みんなとタイプが違うだけなのです。

お母さんの考え方を変えるだけで、その子のいい一面が見えてくるはず

弱そうに見えるデリケートタイプですが、視点を変えれば我慢強く人を傷つけないやさしさを持っています。自分が遊んでいるおもちゃを「貸して」と言われたら「いいよ」と言って差し出したりもします。実は心の中では強い意志や野心を持っていますので、人が驚くようなことをやって見せたりもします。ひとたびやると決めたら、達成できるまで努力を惜しみません。繊細な一面が目立ちますが強さも持ち合わせているのがこのタイプの特徴です。

みんな違ってみんないい。子どもの気質を理解し、個性を伸ばす子育てが一番

いつも泣いていたりお友だちの輪の中に入れない子どもの姿を見ると、「もっと強くなって欲しい」「みんなと仲良く遊んで欲しい」などと思ってしまうかもしれません。子どもはそれぞれ違った性格を持っています。ないものを求めるよりも個性を発揮できる子育てをしていくことで、いままで見ていなかったプラスの面が見えてくるはずです。それが分かるとほかの子と比べたりせず、子育てがうんと楽しくなってくるはずです。

今日の1日1成長

みんなとタイプが違うだけ。その子の個性を理解し、伸ばす子育てをしよう
子どもの自己肯定力も1成長、お母さんの愛情力も1成長
吉田あき(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会理事長竹内エリカ(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!