出典:photoAC

Lifestyle

おいしいステーキの焼き方のコツを伝授。おうちのフライパンでOK!

大人から子どもまで、みんなが好きなステーキ。パーティーやお祝い事の際のメニューにもぴったりです。しかし、ジューシーでおいしいステーキはお店でしか食べられないと思っている方も多いのではないでしょうか?実は下ごしらえや焼き方のポイントを押さえれば、おうちでもおいしいステーキを焼くことができるんです!今回はおうちでおいしいステーキを焼く方法を伝授します。

■おうちでおいしいステーキを焼くコツ

おうちでおいしいステーキを焼くためには、いくつかのポイントを押さえることが大切です。

・お肉の選び方

おいしいステーキを焼くためには、ある程度厚いあるお肉をチョイスするのがポイント。
スーパーなどで「ステーキ用」として販売されているお肉や、塊で販売されているブロック肉を選びましょう。

・焼く前の下処理が最重要!

お肉の用意ができたら、次は焼く前の下処理を行います。下処理をしっかり行うことがステーキを美味しく焼き上げる最大のポイントです!
(1)お肉は冷蔵庫から出して常温に戻しておきましょう。冷蔵庫で冷えたままのお肉だと、表面ばかりが焼けてしまい中に火が通りづらく、焼き具合にムラができてしまう原因になるためです。お肉が冷凍されている場合も、常温になるまでゆっくりと回答しましょう。
(2)お肉が常温に戻ったら、焼いたときにお肉が縮んでしまわないよう、スジを包丁で切ります。さらにフォークやミートソフターを使って穴を開け、お肉の繊維を切っておきましょう。この工程を行うことで、安いお肉でもやわらかくジューシーな仕上がりになりますよ。

・味つけ

塩・こしょうで味つけをする際は、必ず焼く直前にしましょう。塩を振ってから時間が経ってしまうと、うまみ成分である肉汁が出てきてしまいます。こしょうは香りのよい粗挽きの黒こしょうがおすすめです。

・焼き方

ガスコンロの場合もIHの場合も、焼き方のポイントは「火加減」。家庭用のコンロだとどうしても火力が弱くなりがちです。
おいしいステーキを焼くためには、強火でしっかりとフライパンを温めることが大切。強火でしっかり加熱することで、お肉の表面に焦げ目をつけ、肉汁をたっぷり閉じ込めることができます。
鉄製のフライパンの場合は、少し煙があがるくらい熱するのが目安です。テフロン加工のフライパンは、空焚きすると加工部分が剥がれやすくなり、フライパンが傷んでしまう原因になることも。テフロン加工のフライパンを使用する際は、中火で少しずつ熱くしていきましょう。
表面に焦げ目がついたら、弱火にしてじっくり焼いていきます。お肉のベストなコンディションを出すためには、60℃くらいでじっくり加熱することが重要だと科学的に証明されているそう。

お肉が焼きあがったら、冷めないうちにアルミホイルで包んでしばらく寝かせます。アルミホイルで包んでお肉を寝かせることで肉汁を逃がさず、肉をやわらかく保つことができるのです。

5分前後寝かせればできあがり!余熱で中まで火が通るため、寝かせる時間も考慮して焼き時間を調節しましょう。

■いろんな味を楽しもう!おすすめのステーキソース

シンプルに塩・こしょうでいただくのもよいですが、ステーキソースでいろんな味を楽しんでみてはいかがでしょうか?

・市販のステーキソースで手軽に

出典:「徒然なるままな★もも姫のスマイルLife♪ Powered by Ameba」

『モランボン』の「ステーキソース」は全4種類のバリエーションを楽しむことができます。定番の「しょうゆ味」や「あらびき黒胡椒味」はもちろん、お肉をさっぱりといただくことができる「大根おろし味」や、玉ねぎのまろやかな甘みを楽しめる「オニオン味」もおすすめです。

・おうちでも簡単に作れます!

出典:「かねやんのごきげん日記 Powered by Ameba」

ステーキのソースはおうちでも簡単に手作りすることが可能です。
肉汁が残っているフライパンに赤ワインとみりんを加熱しながら混ぜあわせ、とろみがでてきたら塩を加えます。塩が溶けたらバターを加え、乳化させるようによく混ぜながら加熱すればできあがり!その他、日本酒と醤油で作ってみたり、すりおろした玉ねぎなどを混ぜてみたりしてアレンジしてみるのもよいですね。

■ポイントを押さえておうちでおいしいステーキを焼こう

おうちでおいしいステーキを楽しむための、お肉の下ごしらえの方法や焼き方のポイント、おすすめのステーキソースをご紹介しました。コツさえ掴めば、お店でプロが焼いたようなステーキをおうちで楽しむことが可能です。ぜひ参考にして、おうちでおいしいステーキに舌鼓をうっちゃいましょう!

引用文献
「徒然なるままな★もも姫のスマイルLife♪ Powered by Ameba」
「かねやんのごきげん日記 Powered by Ameba」

zizi

1歳のやんちゃな息子の新米ママです。料理とダンスが好きで、よく子ども向け番組を見ながら息子と踊っています♪
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!