Facebook Twitter Instagram

Baby&Kids

「じゃあどうする?」未来の質問で子どもの失敗を学びに変えよう

vol.840【1日1成長お母さん】原因を探して止めるより、対処の仕方を教えて前向きな解決を!

子どもの成長に失敗はつきもの。毎日起こるハプニングも育ちの証

毎日と言っていいほど起こる、子どもの失敗。むしろ失敗しない日などないかもしれません。クスッと笑えるような些細なことから「えーっ!」と叫びたくなるようなことまで、子どもは毎日色々と事件を起こしてくれます。それが毎日の生活の彩りと思えるのは、きっと子育てが終わった頃。毎日後始末に追われるお母さんとしては「いい加減にしなさい!」と怒鳴りたくなることもありますよね。

子どもに聞いても原因は判明しない。なぜ?に囚われるのはやめよう

子どもの成長に失敗はつきものです。毎日みていると「どうしてこうなるんだろう」「どうしてこんなことができないんだろう」と、なぜ?ということについつい目がいってしまいます。ですがそれを子どもに聞いても、なかなか答えはかえってきません。子どもはそこまで深く振り返って考えるということが難しいからです。それにもし理由が分かっていても、言葉で上手に説明できない、ということもあります。

「じゃあどうする?」未来の行動を聞く質問で前向きな解決力が育つ

失敗した理由を探そうとすると、過去についての質問になります。「どうしてこうなったの?」「なんでこんなことしたの?」終わったことは取り消せません。どうせなら前向きな未来の質問で「じゃあ次はどうするのか」ということを聞いてあげてください。お母さんが一緒に考えてあげることで、水をこぼしたなら雑巾で拭く、服を汚したなら脱いで洗うなど、具体的な対処の仕方を考えられるようになります。

失敗の数はチャレンジの数。どんどん失敗してたくましくなろう!

未来の質問をすると、もうひとつ良い効果があります。それは、対処の仕方を考えて実行することの繰り返しで「失敗自体は悪くも恥ずかしくもない」と学べることです。それが分かると、失敗してもパニックになったり人のせいにして逃げたりせずに、気持ちを落ち着けて次の行動を考えることができるようになります。感情のコントロールの助けにもなる「じゃあどうする?」という未来の質問を、お母さんはどんどん投げかけてくださいね。

今日の1日1成長

子どもの失敗には「じゃあどうする?」未来の質問で解決力を養おう
子どもの解決力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
むらたますみ(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp