Baby&Kids

「今度!」と約束した時点でその約束を果たすための予約を入れる

vol.847【1日1成長お母さん】子どもに諦めさせるのではなく、待てば叶う希望を教えよう

お母さんにだって都合はある。いつでも子どもを優先できるとは限らない

子どもって、お母さんが忙しいときに限って構ってサインを出しますよね。仕事終わりに慌てて帰宅して、子どものために大慌てで料理。早く食べさせて、その間にお風呂を沸かして…と頭の中は段取りでいっぱい。そんなときに限って「ねえお母さん、私も玉子作りたい」「一緒にお料理しよう?」1分でも早くと思っている所にそう言われると、ついつい「ああ、今はダメよ」「今日はできないわ」と断ることもあるでしょう。

「ちょっと待ってね」「あとでね」も同類の言葉。子どもは待っています

「今はダメ」そう言われたら、子どもは「いつならいいのだろう?」と思います。いつならお母さんと一緒にお料理できるかな、いつになったらこっちに来てくれるかな。そんな風に待っているのです。ここで大事になるのが、いつならいいのかをちゃんと示すこと。そしてその約束を守ることです。「言い出さないけど忘れたのかな?」とそのままにしてはいませんか?子どもが物事をあきらめない子になるには“待てば叶う”という経験が必要なのです。

忙しいお母さんだからこそ事前の約束が功を奏す。スケジュールに入れよう

「今日はダメ」「あとでね」そんな風に言ったなら、必ずいつするのか約束しましょう。そして実行しましょう。お母さんは毎日忙しいからこそ、今度時間ができたら、と思っていると実行が難しくなります。できることならあらかじめスケジュールに組み込んでしまうと、時間が取りやすくなります。あとでね、は子どもにとっては約束の言葉。その場限りではなくぜひ実行して、お母さんは約束を守ると示しましょう。

我慢強い子にしたければ約束を守ろう。あきらめず待つ姿勢が育ちます

お母さんが約束を守ると、子どもは「お母さんは約束を守ってくれる」と信頼を強くします。しばらく待てば自分の望みは叶うと理解すると、待つという我慢の心が育つのです。ダメ、と言ってそのままにしておくと「自分の望みは叶わない」という諦めを覚えます。我慢は諦めではなく、その先に達成したいことがあるからできるのです。お母さんが約束を守ることで我慢を覚え、望みは叶うと信じる子どもになるでしょう。

今日の1日1成長

「今はダメ」「ちょっと待ってね」と言ったなら、いつするのかを予約しよう
子どもの忍耐力も1成長、お母さんの実行力も1成長。
むらたますみ(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!