Facebook Twitter Instagram

Baby&Kids

子どもの困った行動は「そうなんだね」で一旦受け入れるのが吉

vol.879【1日1成長お母さん】正すのは行動だけ!行動の裏に隠された気持ちは認めよう

問題行動ばかりの子どもに、止めさせようと執着すると同じ繰り返しになる

「どうして?」「なんで?」と言いたくなる子どもの困った行動。子育てをしていると子どものすることに目を覆いたくなるようなことは日常茶飯事ですよね。その度に「何をしてるの!」と叱ったり、後始末に走り回ったり。子どもが成長するのはもちろん大きな喜びですが、できることが増えるごとに困った行動もエスカレート。「やめなさいって言ってるでしょ!」と怒鳴ってしまったりしたことがあるかもしれませんね。

3歳は意欲がぐんぐん育つ時期。やる気の表れが困った行動になることも

3歳のKちゃんはお絵かきが大好きです。ある日、いつものようにお絵かきをしていたKちゃん。お母さんが料理を終えて様子を見ると、紙に描くだけでは飽き足らず、テーブルにまではみ出して描いているのを見つけました。「何をしているの!」思わず叫んで駆け寄るお母さん。Kちゃんはお母さんが慌てたり怒ったりしているのを見て、不安になるばかりです。Kちゃんは大好きな絵を大きく描きたかっただけだったからです。

怒鳴りたくなる行動の裏に隠れるやる気を見抜くと、対処も分かりやすくなる

テーブルに残されたお絵かきを見たら、怒鳴りたくもなるでしょう。ですがKちゃんの「大きな絵を描きたい」と思った、その気持ちを叱ることはできません。それはKちゃんの絵を描くのが大好きだという気持ちの表れであり、何も悪いことではないからです。お母さんが困るのは“テーブルに絵を描く”という行為なのですから、この場合はそこだけを正す言葉をかければいいのです。

行動を正すポイントは2つ。お母さんの気持ちを伝えて後始末をさせる

まずは「大きな絵を描きたかったんだね」と、描きたかった気持ちを認めてあげましょう。その上で「でもテーブルは困るなあ、お掃除大変で困っちゃうよ」と、お母さんの気持ちをはっきりと示し、後始末まで一緒にすると「テーブルに描いてはいけないんだな」と理解してくれます。したい気持ちは認めた上で行動だけを正すと、受け入れてもらえる安心感で素直に聞き入れます。やりたい気持ちを認めることで、やる気がぐんぐん育つでしょう。

今日の1日1成長

困った行動に隠れている「やりたい!」を見抜いて認めると意欲が育つ
子どもの達成力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
むらたますみ(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp