出典:mamagirlより

Baby&Kids

赤ちゃんのおくるみはガーゼ素材が人気♡おくるみ丸ごと大調査!

赤ちゃんのまだフニャフニャな体を包み込むためのおくるみ。出産準備アイテムの1つとして用意するママや、出産祝いのプレゼントとして考えている人もいるのではないでしょうか。おくるみに包まれて安心している赤ちゃんのかわいさは、この時期ならではのものです。そんなおくるみの必要性や用途、選び方に作り方まで、全部まとめてご紹介します。さっそく確認していきましょう。


■意外と知らない?おくるみっていったい何?

おくるみってどんなもの?おくるみについて把握しておきましょう。

・おくるみの必要性が知りたい!

出典:photoAC

おくるみとは、赤ちゃんを包める大きめサイズの布のことです。いろいろな形があり、赤ちゃんの肌にふれても大丈夫な優しい素材で作られているのが特徴となっています。
おくるみが活躍するのは、赤ちゃんを抱っこするとき。生まれたばかりの赤ちゃんは首や腰がすわっておらず不安定な状態。そのままでは抱っこしにくい赤ちゃんをおくるみで包み、抱っこしやすくするのが目的です。
また、赤ちゃんの睡眠にもおくるみが役立ちます。赤ちゃんは大きな音などの刺激で手足がビクッと反応し、目が覚めてしまうことが。おくるみにくるんだまま寝かせることで、ママに抱っこされているような感覚で安眠できるという効果があるようです。

・おくるみはいつからいつまで必要?用途は?

出典:mamagirl2018冬号

おくるみとしての用途で活躍してくれるのは、だいたい新生児の赤ちゃんから首がすわるくらいまでの間。しかし、その期間しか活躍しないかというとそんなことはありません。
肌寒いときの布団代わりや授乳ケープの代わり、おむつ替えシートとしてなど、いろいろな用途で幅広く使用することができるのがおくるみのメリット。最近では赤ちゃんの写真撮影の手軽な背景アイテムとして使用するママもいるようです。お出かけグッズの1つとしてかばんに入れておくと重宝するのではないでしょうか。


■知りたい!おくるみの選び方

おくるみの選び方のポイントを把握しておきましょう。

・おくるみを選ぶポイントは?

出典:mamagirl2018冬号

出典:mamagirl2018冬号

生まれたばかりの赤ちゃんは肌が敏感です。そのため、肌への刺激が少ない素材を選ぶのがいいでしょう。赤ちゃんの生まれた時期によって選ぶことも大切です。
暖かい時期は通気性があり汗を吸収するガーゼ生地、少し肌寒い時期には厚手のコットン生地、寒い冬にはフリースやポリエステルなどの保温性の高い生地を選ぶのがおすすめです。

・おくるみには種類があるの?

出典:mamagirl2018冬号

おくるみには1枚の布になっているものと、足をすっぽりと覆うポケットがあるものがあります。ママの使いやすいおくるみを選ぶようにしましょう。
一枚の布になっているタイプは、マルチに使いまわすことができるのが大きな魅力。折りたたむとコンパクトになるものが多いため、持ち運びにも便利でしょう。
抱っこの頻度が高い、ベビーカーやチャイルドシートで活用したいという場合は、足を入れるタイプのおくるみがおすすめです。足の部分が二手に分かれているため、おくるみに赤ちゃんを入れたままベビーカーや抱っこひもを使うことができます。


■赤ちゃんに贈りたい!おすすめのおくるみは?

ママに人気のおすすめおくるみをチェックしておきましょう。

・aden+anais(エイデンアンドアネイ)

出典:mamagirl2018冬号

おくるみの人気No.1ブランドは『aden+anais(エイデンアンドアネイ)』です。モスリンコットンという素材で作られたおくるみは通気性と使い勝手の良さが自慢。柄のバリエーションも豊富で、出産祝いとしてもおすすめです。
ディズニーコレクションではミッキーをはじめとするキャラクターとのコラボも実現。注目アイテムとしてママの間で話題となっています。
購入できる場所はベビーザらスやコストコ、通販など多数!チェックしに足を運んで見てはいかがでしょうか。

・Moden Burlap(モダンバーラップ)

出典:mamagirl2018冬号

出典:mamagirl2018冬号

ベビーグッズとしては珍しいモノクロカラーが基調となった『Moden Burlap(モダンバーラップ)』のおくるみは、インスタ映えするとおしゃれママから人気!
中でもカレンダーデザインのおくるみは、寝相アートや誕生日写真にも使えると話題です。シンプルでインテリアのマルチカバーとして活用しているママもいるよう。おしゃれママにおすすめのおくるみです。

・西松屋

リーズナブルにおくるみを買いたいなら西松屋がおすすめです。西松屋のおくるみなら1,000円以内でも購入可能!1枚の布になっているものと、足をすっぽりと覆うポケットがあるものなどデザインの種類も豊富です。
西松屋のオリジナルブランド『ELFINDOLL(エルフィンドール)』のおくるみは、リーズナブルな上機能性も抜群!ぜひチェックしてみてください。


■ハンドメイドのチャレンジ!おくるみの作り方は?

出典:photoAC

基本的に直線縫いで作ることのできるおくるみは、ハンドメイド初心者にも最適なアイテム。ミシンがあれば簡単に作ることができます。
まずは生地選びから!赤ちゃんの肌に優しいもので、生まれる時期に合ったものを選びましょう。販売されているおくるみは柄のものが多いため、無地のものもおすすめです。オールシーズン使用できる厚手の6重ガーゼが人気ですが、柔らかくヨレやすいので作る際には注意が必要になります。
生地を作りたいサイズにカットしたら、バイアステープで周囲を包んで縫っていくだけ。これが簡単なおくるみの作り方です。手縫いだとちょっと根気の必要な作業になるため、ミシンを使うのがおすすめです。


■ガーゼ素材のおくるみは重宝間違いなしのアイテム

赤ちゃんの肌にも優しいおくるみは、授乳ケープやおむつ替えシート、ときには写真映えする背景にと、活躍すること間違いなしのアイテムです。出産準備品の1つとして用意しておくのがいいでしょう。おくるみに包まれて安心する赤ちゃんは、この時期ならではのかわいい姿。ママ好みのかわいいおくるみで赤ちゃんを包み込んであげてください。

minarico

レゴとサッカーをこよなく愛する幼稚園児男子と我が強めの1歳女子を子育て中!趣味はトレンドをSNSで探ること。家事に手を抜きつつ楽しく暮らすのが今の目標♡

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!