Baby&Kids

子どもは元気に遊びまわるはずでしょ?生まれ持った性格の違いかも

vol.913【1日1成長お母さん】性格の違いは気質の違い!個性に応じた子育てをしよう!

世間一般子どもへのイメージと違う長女!最初の子育ては特に力が入ります

初めての子育てにドキドキし、わからない事は育児書で調べたりと、どんなお母さんも最初の子育ては、わからない事ばかりなのが当然です。わからないからこそ力も入ってしまいますよね。
子どもってみんなキャッキャッと笑ったり、楽しそうに走り回ったり元気なイメージだったのに、うちの長女は引っ込み思案でちっとも元気じゃない。愛情が足りないのでしょうか?

同じように育てているのに、兄弟姉妹でこんなにも性格が違うのはなぜ?

子育てに毎日奮闘するKさん。長女誕生から第二子第三子と三人の子ども授かりました。
引っ込み思案で恥ずかしがりやの長女の性格とは反対に、次女はいつもニコニコしていて愛想もよく、元気いっぱいな子どもでした。そして、三男は元気を通り越し暴れん坊でやんちゃな男の子。
Kさんは同じように育てているはずなのに、なぜこんなにも性格が違うのか、それぞれにどう対応したらいいのか悶々としていました。

子どもには持って生まれた気質があります。個性に応じて子育てをしよう

子どもにも大人にも、どんな人にも性格がありますが、育て方や環境だけでできるのではなく実は、生まれながらにして備わっている気質がある事をご存知でしょうか?
キッズコーチングではこの気質を大きく5つのタイプに分けて性格の違いを表しています。3人の性格の違いは実は気質によるものだったのです。
長女は繊細なデリケートタイプ、次女は天真爛漫なエンジェルタイプ、三男は暴れん坊のアクティブタイプ。

どんな性格でも一瞬で素直になる7秒ハグで子どもの笑顔を増やしましょう

3人のタイプの違いは愛情不足でも、育て方を間違えた事でもなく、生まれ持った気質の違い、個性の違いだったことが判りKさんはホッとしました。
それぞれの個性を活かす方法として最も簡単に、しかもかなり効果的な魔法のような対応法があります。
それは毎日7秒間子どもを抱きしめるという方法です。子どもにとってお母さんとのスキンシップは最高に愛情を感じられ安心感につながるのです。

今日の1日1成長

性格の違いは気質の違い。子どもの個性を知りありのままを認めよう!
子どもの気質力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
神谷京子(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!