Facebook Twitter Instagram

Baby&Kids

子どもが自立へと向かう近道。お母さんはコーチになろう!

vol.914【1日1成長お母さん】答えを教えるだけではなく、考えさせて目標達成に導いてあげよう

先生は教える人。目標を持った人を目標達成に導くのがコーチの役割

“コーチ”と聞いたら何を思い浮かべるでしょうか。フィギュアスケートやテニスの指導者、ブランドバッグなど様々な答えがあるでしょう。スポーツの世界では指導者のことを「コーチ」と呼ぶことがあります。コーチは“先生(ティーチャー)”とは少し違った意味を持ちます。先生は答えややり方を教えてくれる人です。それに対してコーチは導くという意味があります。目標を持った人を目標達成に導くのがコーチの役割です。

どうしたらもっとうまくできるかを教えるのではなく、まずは考えさせよう

スポーツ選手の能力を伸ばすには、名コーチが必要です。もっと良いプレイをするために「~しなさい」と教えるだけでなく、「どうしたらいいか?」を選手に問いかけたり、一緒に考えたりするのです。それは子育てでも同じです。子どもがブランコをうまく漕げないでいるとき、お母さんが子どもにやりかたを教えてあげるのではなく「どうしたら上手く漕げるかな」と質問し、一緒に考えてあげてください。

たくさん選択肢を与えてあげよう。子どもが目標達成する可能性が高まる

もし子どもが「分からない」と言ったら「お兄ちゃんの真似してみる?」「足を動かしてみる?」など、たくさん提案をしてみてください。その中から子どもが自分で解決策を選びます。子どもは人に指示されたことよりも、自分で選んだことの方が行動に移しやすいのです。うまくいかなかった場合は、他の選択肢を試します。たくさん選択肢があると「一つが駄目でも他のやり方をやってみよう」と考え、たくさんトライ&エラーを繰り返し、目標達成する可能性が高まるのです。

お母さんがコーチになって接すると、子どもの自立はどんどん近づいてくる

お母さんが選択肢をたくさん与えていると、子どもは自分でも選択肢を考えられるようになっていきます。そうするとだんだんお母さんの力を借りなくても自分で問題解決をしたり、目標達成ができるようになります。子育てのゴールは子どもを自立させることです。お母さんが何でも教えてあげるのではなく、コーチになって子どもに接していると子どもの自立はどんどん近づいてきます。

今日の1日1成長

教えるよりも「どうしたらもっとうまくできる?」と子どもと一緒に考えよう
子どもの自立力も1成長、お母さんのコーチ力も1成長。
田中京子(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp