Facebook Twitter Instagram

出典:筆者撮影

Lifestyle

無印良品の冷蔵庫に魅せられる人続出!生活に馴染む家電

無印良品の冷蔵庫をご存知ですか?シンプルで主張しすぎないデザインがどんなキッチンにも馴染むと評判です。デザインだけでなく、使う人の目線に立って考えられた引き出しの配置などの機能性も高く評価されています。
今回はそんな無印良品の冷蔵庫に注目!特徴や魅力を探ります。


■無印良品で買える電気冷蔵庫の特徴は?

シンプルかつスタイリッシュなデザインで人気の無印良品の冷蔵庫。「次の冷蔵庫はあれにしたい!」と狙いを定める人もいるのだとか。そんな無印良品の冷蔵庫の特徴はどんなものなのか調べてみました。

・157L以上は取っ手つきで布巾が干せる

出典:photoAC

無印良品の冷蔵庫には全部で4つのサイズ展開があり、一番コンパクトなサイズの冷蔵庫の容量は137L、次に157L、270L、355Lの容量のものと続きます。
どのサイズも、本体カラーはホワイトを基調としていますが、355Lのものはホワイトとステンレス銅板を使用したものの2種類の展開があります。
157L以上の冷蔵庫は取っ手の部分がスティック状になっていて、布巾を掛けることも可能です。

・電気代は年間9,450〜12,663円

出典:photoAC

デザインが良くても、冷蔵庫は何年も使うものだけに品質や電気代は気になるところですよね。無印良品の冷蔵庫を手掛けているのは「ハイアール」という白物家電を得意とする家電メーカーです。世界100か国以上での販売実績のある有名メーカーなので安心感がありますね。
また、電気代については無印良品の公式ホームページに年間の電気代目安が記載されています。それによると、冷蔵庫の容量にもよりますが年間で9,450〜12,663円ほどのようです。

・空間を邪魔しないシンプルなデザイン


無印良品の冷蔵庫のデザインを監修しているのは、日本はもちろん世界でも活躍中のデザイナー深沢直人さん。「暮らしにとけこむ家電」をテーマに冷蔵庫以外にも無印良品の家電全11種を監修されています。
どんなキッチンにも馴染む、空間を邪魔しないデザインに魅了される人が増え続けています。


■電気冷蔵庫の種類

出典:photoAC

無印良品の冷蔵庫の種類は137Lから355L容量までの全4サイズ。それぞれのサイズ別に特徴をみていきましょう。

・電気冷蔵庫137Lは省エネタイプ

出典:筆者撮影

無印良品の冷蔵庫のなかでいちばんコンパクトなサイズの冷蔵庫です。上に冷凍室(44L)、下に冷蔵室(96L)の2ドアタイプ。省エネ基準達成率86%と省エネ性能に優れているだけでなく、運転音に配慮した約25㏈の静音設計もうれしいポイント。
容量的には、常備品の少ない一人暮らしの人やセカンド冷蔵庫におすすめです。
高さが約130㎝なので天面に電子レンジやトースターを置いてキッチンのスペースを有効活用できそうですね。

据付寸法:幅51.6×奥行60.7×高さ130.4㎝以上必要
価格:38,900円(税込)

・電気冷蔵庫157Lはコンパクトなキッチンにも

出典:photoAC

平らな銅板を扉に採用した冷蔵庫に、「ありそうでなかなか見つからないデザイン」との声も。上の扉を開けると冷蔵室(103L)、下の引き出しが冷凍室(54L)という構造です。
取っ手部分がシンプルな丸棒で布巾を干すことができます。高さが116㎝なので冷蔵庫の上に電子レンジやトースターを置くこともできますよ。
週末にまとめて買い物をすることの多い一人暮らしの方、セカンド冷蔵庫におすすめです。

据付寸法:幅52.5×奥行57.1×高さ116.0㎝(ハンドル含まず)以上必要
価格:54,900円(税込)

・電気冷蔵庫270Lは2人暮らしに

出典:photoAC

2人暮らしの生活にもおすすめの容量です。特徴的な平らの銅板を採用した上の扉が冷蔵室(178L)、下二つの引き出しはそれぞれ冷凍室(50L)と野菜室(44L)です。真ん中の引き出しに冷凍庫があるので、冷凍室をよく使う人にとってはうれしいのではないでしょうか。157Lと同じく取っ手の部分に布巾を干すことができますよ。

据付寸法:幅60.0×奥行65.7×高さ141.9㎝(ハンドル含まず)以上必要
価格:99,900円(税込)

・電気冷蔵庫355Lは大容量でたっぷり収納

出典:筆者撮影

355Lは無印良品の冷蔵庫のなかでいちばんおおきなサイズになります。他のサイズのものとは違って、355Lの冷蔵庫は本体カラーがホワイトのもの、ステンレス銅板のものとがあります。
上の扉が冷蔵室(197L)、中2つの引き出しが冷凍室(89L)、下の引き出しが野菜室(69L)という構造でたっぷり収納できますよ。
ステンレス銅板のタイプはプロの調理場にもマッチしそうな雰囲気で好評です。

据付寸法:幅60.0×奥行66.2×高さ172.9㎝(ハンドル含まず)以上必要
価格:ホワイト119,900円(税込)、ステンレス銅板159,900円(税込)

・中古でしか手に入らないm-r14c


「m-r14c」は、かつて無印良品で販売されていた137Lの2ドア冷蔵庫。スティック状の取っ手とつるんとした平らな扉が印象的なデザインです。
無印良品は2014年に全家電製品のデザインをリニューアルし、冷蔵庫のデザインも現在のものになったのですが、リニューアル以前の冷蔵庫も根強い人気を誇っています。
無印良品の店舗での扱いがないため、手に入れるには中古の製品を狙うしかありません。気になる方は中古製品の情報をチェックしてみてくださいね。


■シンプルなので自分好みにデコるのもあり!

出典:photoAC

どのサイズも平らな扉が特徴的なシンプルなデザインで統一された無印良品の冷蔵庫。なかには、さらに自分好みの冷蔵庫を目指してアレンジを楽しむ人もいるようです。もとが主張しすぎないデザインであるため、デコりやすいとの意見も。
マスキングテープやウォールステッカーを使ったり、マグネットで写真やポストカードを張りつけたりすれば自分だけの冷蔵庫が完成しますよ。


■無印良品の冷蔵庫はキッチンを彩る

暮らしのなかで毎日目にする家電はお気に入りのものを選びたいですよね。キッチンのなかでどうしても目を引く存在である冷蔵庫ですが、無印良品の冷蔵庫はどんな場所に置いてもスッと空間に入り込む不思議なデザインが魅力です。気になった方は店舗で実物をチェックしてみるのもおすすめですよ。

honori

出産前は日本語教師と兼務で広報のため出張で飛び回っていました。現在、2歳の娘(絶賛イヤイヤ期中)の子育て中。夫婦で釣り好き♡海まで30秒の場所で暮らしています♪

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp