Baby&Kids

行動の取りかかりを早くしたい時こそ「早くしなさい」は逆効果

vol.917【1日1成長お母さん】早くできない理由を見つけてあげよう。優先順位は人それぞれ

一生懸命なお母さんほど、イライラしがちです。大きく深呼吸してみよう

子どもの行動がゆっくり過ぎて、お母さんの心配がイライラに発展してしまう事もあると思います。お母さんがテキパキと物事をこなすタイプならば、余計に子どものゆっくりは気になるもの。
「まだ、お支度できない?」「はやくしなさい!」なんて言いたくないのに、つい言葉が出てきてしまう事もあるとでしょう。きちんと子育てをしなくては!と頑張り過ぎてしまうと心に余裕が持てなくなってしまうので、時には肩の力を抜いてみましょう。

言う事を聞かないのは成長の証?他の「やりたい」が隠されているかも

Sちゃんは6歳の女の子。年中の頃に比べ、年長になってからは習い事の宿題をする時間がだんだん遅くなっています。お母さんも初めは心配していたものの、何度言っても始めようとしないSちゃんにイライラしてしまします。
「早くしなさい!」とつい命令口調になってしまうのです。では、なぜSちゃんは宿題をすぐにしなくなってしまったのでしょうか?子どもが突然いう事を聞かなくなる時は、おそらく成長の現れでもあります。

「早くしなさい!」と言いたい時は「いつにする?」と言葉を変えてみよう

Sちゃんは、どうやら幼稚園から帰って来たら1番に大好きな折り紙をしたくなるようです。それなら、「いつ宿題やる?」と質問をかえてみましょう。「やりなさい!」と言われるより「いつ?」と聞かれる事で、宿題をするタイミングを自分で決められるのですから効果的です。
そして、子どもは自分で決めた時間は不思議と守れるもの。もし、時間が過ぎてしまっても「お時間だよ」と教えると仕方なくでも、守ってくれるのです。

子どもは成長している!理解を深める事で変化を受け入れてあげよう

子どもの変化を認めてあげましょう。「折り紙は宿題の後でしよう」これが親子での約束であった場合、その約束が一方的な押しつけでなく親子で話し合って決めたかという事が重要。子どもの気持ちを理解するために、まずは話を聴く事が大切です。
積極的に耳を傾け子どもの言った言葉を忠実に繰り返しましょう。子どもは自分の言ったことをお母さんに受け止めてもらえたと感じ安心します。子の成長と共に親子の信頼関係も育みましょう。

今日の1日1成長

子どもの変化を受け入れて、成長と共に関わり方も変える事も大切
子どもの目標設定力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
わたなべみゆき(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!