Baby&Kids

「うちの子ガンコで育てにくい」それは才能を発見したサインです

vol.963【1日1成長お母さん】強いこだわりをみせる子は、努力家でスペシャリストタイプです

どんな子でも自分の子は可愛い!でも「育てやすい子がいい」と思うことも

子どもには色々なタイプがいます。おとなしい子、元気があり余っている子、まじめな子、穏やかな子…など性格は様々。どんなタイプであれ、自分の子どもはかわいいものですね。
そうはいってもお母さんにとって育てやすいタイプ、育てにくいタイプの子がいます。買い物に行った時に、ずっとお母さんの傍から離れない子は育てやすく、好き勝手に行動して迷子になる子は育てにくいなどです。
「育てやすい子がいいな」というのが本音なんてお母さんは多いのではないでしょうか。

こだわりの強い子は育てにくいだけでなく、お母さんの心配の種になることも

お母さんが「育てにくい」と感じるタイプも様々ですが、そのひとつにこだわりが強い子がいます。
毎日同じ服を着たがる、謎のルーティーンを持っている、「これがいい!これじゃなきゃダメ!」というのが強すぎて妥協ができないなど、お母さんからすると「どっちでもいいじゃない」と思うようなことに執着するのです。
育てにくいと感じるだけでなく「こんなにワガママでは、お友だちができないかも」と心配になるかもしれませんね。

どんな子も才能に溢れた良い子!育てにくいと感じるのは大人の都合かも

子どもの個性は、お母さんの育て方よりも生まれながらに備わっている気質が大きく影響しています。キッズコーチングではそれを5つのタイプに分けています。
5つの中に育てやすい子、育てにくい子というのはいるものですが、優劣ではありません。
育てにくいと感じるのは、大人の都合に合わないだけという見方もできます。“育てにくい子=悪い子”ではなく、どんな子も才能に溢れた“良い子”なのです。

こだわりは努力に結びつく!できる限り尊重してあげると才能が伸びる

こだわりの強い子を育てるのは大変です。ただこのタイプの子の才能はここにあるのです。
大きくなると「絶対に毎日リフティングを10分する!」「ピアノでこの曲が弾けるまで絶対に諦めたくない!」など、こだわりが努力に結びつきます。
こだわりを強く持つ人は、アスリートやスペシャリストに多くいます。危険や不道徳でなければ、お母さんが見て「どっちでもいいのに」と思うようなこだわりも尊重してあげることで才能が伸びていきます。

今日の1日1成長

危険や不道徳でない限り、子どもがこだわることは好きにやらせよう
子どもの目標達成力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
田中京子(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!