Facebook Twitter Instagram

Baby&Kids

朝ドラヒロインへの共感は、想像力と優しさが育つ5歳から

vol.973【1日1成長お母さん】様々な感情の経験とお母さんの「ありがとう」が優しい心を育む

“優しくできる子になって”と願うお母さんの気持ちが通じるのは何歳から?

子育て中のお母さんなら「優しくしなさい」と言ったことが一度はあるはず。
2歳前後の子どもは自己主張が強くなり、お友だちとケンカをすることも出てきます。自分の子どもが優しくできない様子を見て、私の育て方が悪いだろうかと悩むお母さんもいるかもしれません。
しかし、優しさが育つのは5歳から。優しさとは、相手の気持ちを想像できるようになってから育まれます。
個人差はありますが、2歳の子どもが相手の気持ちを想像するのはまだ難しいのです。

人の気持ちを想像したり共感したりする心の成長は5歳頃が最も育つ時期

お母さんが子どもたちと朝ドラを見ていた時のこと。ヒロインが雨の中で抱き合い結婚の約束をして涙を流すシーンを見たときのことです。
5歳の女の子は「嬉しいんだね」と言いましたが、3歳の男の子は「雨に濡れて嫌なんだね」と言ったそうです。2人の異なる解釈や表現にお母さんは驚き大笑いしたそうです。
5歳の子は“好き”と言われると嬉しいという自分の経験から、ヒロインの気持ちを想像できる力が育っていたのでしょう。

「ありがとう」を要求されたら、感謝の言葉で優しさを促進させるチャンス

5歳前後の子どもを持つお母さんの多くが経験する「ありがとう」の強要攻撃。お母さんから「ありがとう」と言われたくて子どもは役に立つ事を一生懸命に探して行動します。
“これをしたらお母さんは喜ぶかな?”と一番身近な人の気持ちを想像することが優しさの始まり。
感謝の言葉によって自分の行動がどの様に感じてもらえるかを知り、徐々に多くの人の気持ちを想像し優しくできる子になるのです。子どもからの強要には素直に応じてくださいね。

悲しく辛い経験は子どもの宝物になる。口は出さずに見守る事も時には必要

自分の子が悲しい思いをした時、なんて事をしてくれたんだと怒る人が多いでしょう。かわいい我が子が傷つけられて怒るのは当然です。しかし、どんな状況でも親が解決してしまうと子どもが成長する機会が失われかねません。
自分の経験した感情は、誰かが同じ状況になった時の気持ちが想像できる事につながります。悲しく辛い経験は子どもの優しくできる力を育てます。ちょっとだけ我慢して、子どもの優しさと乗り越える強さを見守りましょう。

今日の1日1成長

時には見守る事が一番の味方になる。悲しく辛い経験を宝物にしよう!
子どもの想像力も1成長、お母さんの見守り力も1成長。
かわさき ちか(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp