Facebook Twitter Instagram

Baby&Kids

お母さん争奪戦!勝っても負けても笑顔になれる方法があります

vol.1002【1日1成長お母さん】喧嘩も遊びの1つ。発想1つで我慢がお手伝いに変わる不思議

お母さん争奪戦は子どもにとっては遊びの1つ。喧嘩になっても慌てない

子どもはお母さんが大好きです。大好きなお母さんをひとり占めしたくて、兄弟姉妹間でお母さんを取り合い喧嘩になる時もあるでしょう。こんな時は上の子と下の子どちらを優先しても、後回しにされた方は我慢する事に。
わけへだてなく愛情を注いでいるつもりでも、子どもにしてみれば納得できないものです。最近は“上の子優先”と言われることもありますが、子どもにとっては争奪戦も遊びの1つ。
深刻になり過ぎずに、状況を見守りましょう。

優しい子はいつも譲ってばかり。我慢をさせていると心配になってしまう

5歳のS君には2歳の妹Mちゃんがいます。普段はとても仲の良い2人ですが“お母さんのお膝争奪戦”がはじまると、たちまち喧嘩に発展。そして、勝つのは決まって妹のMちゃん。
なぜならMちゃんが大声で泣きわめくので、お兄ちゃんのS君が引き下がってしまうからです。妹が大声で泣くと、お母さんが困る事を知っているのです。
お母さんはS君の優しさに感謝しながらも、いつも我慢させてしまっているのでは?と可哀想に思ってしまうのです。

“我慢”ではなくて“お手伝い”と発想を変え、ポジティブに捉えましょう

S君のように優しい子ほど共感力が高く、相手の気持ちを理解できるので無理に自我を通そうとしません。可哀想と思わず発想を切り替えて“我慢”を“お手伝い”とポジティブに捉えみましょう。
S君が譲ってくれた時にも「ありがとう、助かったわ」など行動に理解を示す言葉がけが大切です。お母さんがいつも見ていてくれると実感することは “自分は愛されている”という安心感に繋がります。
お母さんの役に立てるのは、嬉しい事なのです。

困った時は7秒間抱きしめる!愛情に包まれた空気感は穏やかな気持ちにする

Mちゃんにも「お兄ちゃん譲ってくれて、ありがとう」と感謝を伝える方法を教えてあげましょう。してもらうのが当然でないと知る事で、思いやりの心も育ちます。
兄妹を同時に7秒間ぎゅっと抱きしめ「2人とも大好き」と愛情を伝えるのもお勧めです。7秒以上抱きしめると、幸せホルモンとも呼ばれる成分が出て情緒を安定させる効果も。
子どもだけでなくお母さんも幸せな気持ちに包まれます。いつの間にか喧嘩を忘れて穏やかな空気になることでしょう。

今日の1日1成長

お母さん争奪戦で喧嘩になっても慌てない!7秒間抱きしめて落ち着こう
子どもの貢献力も1成長、ママの愛情力も1成長。
わたなべみゆき(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

Instagram @mamagirl_jp