出典:@ kinaco_3051さん

Lifestyle

インテリアパネルでイメージチェンジ!実例から作り方まで

インテリアパネルをご存知ですか?ボードに布や絵などのアート作品を貼りつけて、パネルにしたものです。
1枚飾るだけで部屋の中が華やかになるだけでなく、部屋の印象もガラリと変わるので手軽にイメージチェンジができるおしゃれなインテリアです。
今回は、インテリアパネルと呼ばれるアートパネルやファブリックパネルについて、その選び方や簡単な作り方についてご紹介します。

■インテリアパネルってどんなもの?どんな種類があるの?

インテリアパネルは、インテリアとして飾るパネルの総称です。アート作品を使ったものをアートパネル、布(ファブリック)を使用したものをファブリックパネルと呼びます。

・絵画やアート作品をパネルにしたアートパネル

出典:photoAC

額を使わず、アート作品のパネルをそのまま展示するスタイルのものがアートパネルです。土台となるパネルをそのまま壁に飾ることで、壁よりも前にでてくる状態になるので、存在感のあるインテリアになります。

・北欧デザインの布を使った北欧発祥のファブリックパネル

出典:photoAC

ファブリックパネルは、ボードに布(ファブリック)を貼りつけたインテリアのことで、古くからヨーロッパや北欧で親しまれてきました。
特に北欧の冬は、厳しい寒さと雪で閉ざされてしまうため、せめて家の中は明るく楽しい空間にしようとして生れたのが、北欧発祥のファブリックパネルです。
北欧デザインのファブリックパネルは、はっきりとした柄と色身が特徴のものが多く、1枚飾るだけで家の中が華やかになります。木目を生かした家具の多い北欧インテリアにも映えますね。

■アートパネルやファブリックパネルのメリット

アートパネルやファブリックパネルを飾ることのメリットについてご紹介します。

・額に入れないことで作品がより立体的に見える


額に入れないでそのままパネルを飾ると、壁よりも少し前に出た状態になります。そのため額に入れて飾るよりも、作品がより立体的に見えるのが大きなメリットです。
立体的に見えることで存在感も大きくなるので、パネルを1つ飾るだけで模様替えをしたかのような印象を与えやすいです。

出典:photoAC

・絵をダイレクトに飾ることにより部屋がよりアートな空間に


壁に絵をダイレクトに飾ることで、より作品を身近に感じることができます。額との相性などを考える必要もないので、気軽にインテリアに取り入れられるのもメリットの一つです。
季節に合わせてパネルを変えるのも良いですね。

■アートパネル・ファブリックパネルの選び方

アートパネルやファブリックパネルの選び方についてご紹介します。

・家具や部屋のテイストとそろえる


その部屋の家具やインテリアのテイストとそろえましょう。その上で、明るい色使いや柄のものを選ぶと、テイストはそのままでパッと華やかな雰囲気になります。

出典:ファブリックパネルの適した飾り方を模様別に紹介! @ raie542030さん

壁に飾られているこちらのパネルは、フィンランド生まれのブランド『Marimekko(マリメッコ)』の代表的なウニッコ柄のファブリックパネルです。シンプルなアイテムのキッチンにモノトーンのウニッコ柄が映えて、華やかで上品な空間になりますね。

・ファブリックパネルやアートパネルを使った実例をご紹介


ファブリックパネルやアートパネルをインテリアに取り入れている、素敵な実例をご紹介します。

出典:@ kinaco_3051さん

@kinaco_3051さんのアートパネルは、モダンな柄のパネルの組み合わせ。大きなストレチアとモダンアートなパネルがおしゃれな空間を演出していて、素敵なリビングですね。

出典:玄関インテリアにおすすめ!5つの装飾アイデア @ imaimamuu___tさん

@imaimamuu___tさんの玄関は、季節のお花と花柄のファブリックパネルの組み合わせです。
カラフルな柄のパネルですが、お花と花柄を合わせることで統一感のある華やかな玄関の印象です。

出典:ファブリックパネルの適した飾り方を模様別に紹介! @ fujin0k0さん

写真は、北欧インテリアでそろえたキッチンにフィンランドのインテリアブランド『Artek(アルテック)』の柄である「SIENA(シエナ)」のファブリックパネルを合わせた@fujin0k0さんのキッチンです。ナチュラルなキッチンインテリアにパネルのイエローが映えた、自然で明るいキッチンです。

出典:おしゃれなペーパーナプキンは多用途に使える♡マネしたい使い方アイデア集 @ kaorielliairさん

@kaorielliairさんのインテリアパネルは、なんとマリメッコのペーパーナプキンで作られたのだそう!北欧ファブリックは高価なものも多いですが、ペーパーナプキンなら手軽に真似できそうな素晴らしいアイデアですね。

■ファブリックパネルを自分で手作りしてみよう

気に入った柄や大きさのものが見つからなかったら、お気に入りの柄でオーダーしてみましょう。大きさや柄など指定して、部屋に合ったものをオーダーすることができるショップも数多くあります。

また、布と土台があれば自分で作ることができるのもファブリックパネルの良いところです。北欧ファブリックはもちろん、お気に入りの柄の布を使って、ファブリックパネルを手作りしてみませんか?

出典:@ march.jpさん

ここでは、写真の『Seria(セリア)』のファブリックボードをリメイクして作る、オリジナルのファブリックパネルの作り方をご紹介します。25×25cmのボードなら、100均の手ぬぐいタオルの半分ほどの布で作れます。

<100均のファブリックボードを使ったオリジナルファブリックパネルの作り方>

用意するもの:セリアのファブリックパネル、飾りたい布、ホチキス

1.布を切ります。ボードの後ろに折って貼りつけることができる程度の大きさにします。
2.裏返した布の上にボードを置き、布を少し引っ張りながらボードの裏面にホチキスで止めていきます。角は特にきれいにたたんで止めてください。
3.できあがり。

出典:@ march.jpさん

土台は、コルクボードや発泡スチロールのボードでも作成可能です。ホチキスの代わりに接着剤や両面テープで貼りつけても良いですね。

■インテリアパネルを使っておしゃれな部屋作りをしよう

アートパネルやファブリックパネルの選び方や簡単な作り方をご紹介しました。
1枚飾るだけで部屋の雰囲気をイメージチェンジすることができるインテリアパネル。手軽に手作りもできるので、ぜひ試してみてください。

まあち

小学生の娘のママです。大好きなコーヒーと共に過ごすカフェタイムが至福のひと時♡雑貨やインテリアが好きで北欧へお買い物ツアーに行くのが夢です。
【Instagram】march.jp

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!