Baby&Kids

食事のマナーは大切。どんな気持ちで食べたかはもっと大切

vol.1005【1日1成長お母さん】親子で“どんな話をしたのか”で食事が楽しく変化する

“マナーを身につけさせたい”と考えるあまり食事が辛い時間になることも

子どもがスムーズにお箸で食べられるようになった頃から、食事のマナーはしっかりしつけたいと思うお母さんは少なくないでしょう。お箸やお茶碗の持ち方だけでなく姿勢やこぼさず食べるなど、たくさんのことを言いたくなってしまいますね。
しかし毎日「ちゃんと食べなさい」「早く食べなさい」と叱ってしまっていては、お母さんも子どもも食事が辛い時間になってしまいます。

食事のしつけは子どもに分かりやすいように短い言葉で具体的に説明しよう

「ちゃんと食べなさい」「こぼさないで」という言い方は曖昧であり、子どもに伝わりにくい場合があります。子どものマナーを効率的に改善するには「お茶碗持ってね」「足をじっとさせてね」など、してほしいことを具体的に短い言葉で伝えましょう。
あれもこれも直してほしいのが親の本音。でも一度に言ってしまっては、子どもにとって食事が楽しくないものになってしまいます。その子の年齢や性格に応じて、できそうな範囲のことからひとつずつゆっくり教えていきましょう。

ご飯を笑顔で食べられるように毎日の食事はしつけより楽しく食べる方が先決

6歳のDくんはせっかちでご飯を掻き込むタイプの男の子。今日もお母さんに「ゆっくりこぼさず食べなさい!」と叱られてしまいました。「だっておいしいんだもん」とDくんはガツガツ食べ続けます。
お母さんはその姿に思わず笑いながら「よっぽどお腹が空いていたのね」と言いました。「今日はかけっこしたんだ」とDくんは幼稚園での出来事を話してくれました。いつも食事の時に叱ってばかりのお母さんも会話が弾み嬉しくなりました。

楽しく食べることにこだわろう!お母さんの笑顔と親子の会話がカギとなる

食事は毎日のことだからこそ、楽しく食べたいものですよね。食べ物の好き嫌いは、どんな状況や気持ちで食べたかが影響します。
「きゅうりばかり食べてやっぱり好きなのね」「お肉残してるけど最後にとってあるの?」と、子どもの様子を言葉にしましょう。「今日給食でもきゅうり出たんだ!」など、会話が弾むことでしょう。
食事のマナーも大切ですが、食事の時に“親子でどんな会話をするか?”を意識することで楽しく食べられるきっかけを作りましょう。

今日の1日1成長

ご飯は親子で楽しく食べるもの。食事のマナーは具体的な言葉で簡潔に !
子どもの楽しむ力も1成長、お母さんの観察力も1成長。
杉岡由香(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp