Baby&Kids

女子の必殺技“告げ口”に隠されている本当の気持ちを知ろう

vol.1012【1日1成長お母さん】“告げ口”には強い正義感と認められたい想いが込められている

告げ口はコミュニケーション能力が高い証拠。意地悪ではないと理解しよう

子どもがお友だちと遊ぶようになると、トラブルはつきものです。幼稚園や保育園に通い始めると、関わるお友だちも多くなるので喧嘩なども経験することも。
喧嘩の原因も様々ですが、女の子は口が達者な子も多いので“告げ口”も喧嘩の原因の1つに。
男の子よりもコミュニケーション能力が高い女の子は、ルールや決まりを理解して守るのが得意です。お友だちに優しく伝える言い回しを教えてあげると仲良くできるでしょう。

4歳頃の告げ口は正義感からくるもの。相手を傷つけたいわけではありません

年中のRちゃんはしっかり者の女の子です。保育園でも聞き分けも良く、先生のお手伝いを率先して行う頑張り屋さん。
ある日、先生から運動会の練習をするので動きやすい格好で来ましょうと言われました。ところがお友だちのKちゃんはうっかり忘れ、フリルたっぷりのワンピ-スで登園します。
正義感の強いRちゃんは「先生、Kちゃんが動きやすい格好をしてないよ!」と告げ口します。Kちゃんは「Rちゃんが言わないで!」と泣いてします。

正義感の強い子の“告げ口”に隠された本音は?本当の気持ちを見つけよう

正義感の強い子ほど、ルールや決めごとに固執しがちです。もちろんルールを守るのは良い事ですが、それを重視し過ぎてしまうとトラブルに発展することも。
告げ口には大好きな先生に認められたいと願う気持ちも隠されており、これを承認欲求といいます。Rちゃんは忘れなかった自分を褒めてほしいと思っていたのですね。
こんな時には、忘れてしまったKちゃんには触れず「忘れずにいてくれたのね」とRちゃんの行動を認める声かけをしましょう。

ルールとマナーはみんなが心地よく過ごすため。想像の力で思いやりを育もう

告げ口をすること自体は、本人にとっては単なる報告なのですが、言い方によっては相手が傷つくことも教えましょう。また、ルールには変更や例外もあります。様々な状況に応じて適切な行動がとれるよう、柔軟な考え方が必要。
正義感の強い子には「Kちゃんも楽しく練習するには、どうしたらいいかな?」と相手の気持ちを想像させる質問をして一緒に考えてあげましょう。相手のことを想像できた時、豊かな思いやりの心が育つでしょう。

今日の1日1成長

告げ口は意地悪ではなく正義感。想像力を使う質問で人の気持ちを教えよう
子どもの協調力も1成長、ママの承認力も1成長。
わたなべみゆき(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!