Baby&Kids

「今の嘘だよね」の一言が嘘つきを育てる。問い詰めをやめよう

vol.1021【1日1成長お母さん】子どもの嘘は追求で大きくなる。時には流すことも必要

嘘をつくなんて許せない!そのお母さんの姿勢が子どもを頑なにすることも

「うちの子はすぐに嘘をつくので、嘘をついたら毎回懲らしめています」そんなお母さんは少なくないかもしれません。嘘をつくのは良くないこと。このシンプルなことを子どもに伝えるのに、四苦八苦しているお母さんは多いようです。
でも追求すればするほど子どもの嘘は頑なになっていくもの。「また嘘ついて!」「今の嘘だよね、お母さん分かってるんだからね!」と言ったことがある、という人は多いことでしょう。

嘘をつくのは叱られたくないから。正当性を訴える手段としての嘘もある

誰が見ても明らかなことを「僕じゃない!」と言い張ったり「それはこれがこうだったから」と状況を作り上げたり。お母さんはうんざりして叱りつけるかもしれません。
実は嘘とは防衛本能なのです。“お母さんに問い詰められている”という状況から逃れるために、子どもが頭を振り絞っているのです。お母さんに怒られると思うと、些細なことでも「ごまかさなければ」と思ってしまい、それが嘘に繋がっていきます。

失敗も経験。責めずに解決法を伝えることで、ごまかす頻度が減っていく

子どもの嘘を減らすには、まずお母さんが嘘を暴こうと躍起にならないことが大事です。その上で、子どもにはごまかす必要はないと伝えるのです。
子どもが隠したかったことはなんでしょう。コップをひっくり返したこと?お友だちと喧嘩したこと?失敗を責めるとごまかそうという気持ちが生まれます。
子どもの失敗に取り返しがつかないものはありません。お母さんは失敗を責めずに「今度からこうしてね」と対処の仕方を教えましょう。

失敗なんて怖くない!大人でも失敗すると見せて、子どもの不安を解消しよう

ごまかすために嘘をつく癖を改善する効果的な方法があります。お父さんやお母さんが普段から小さな失敗をたくさん子どもに見せることです。
完璧な人間はいない、誰でも失敗はするんだと分かれば、自分の失敗を隠す必要もなくなります。
お父さんとお母さんはどんどん失敗してください。それを笑い飛ばせるおおらかさが、子どもの素直さをどんどん引き出すことでしょう。

今日の1日1成長

大抵の失敗は取り返しがつく。対処の仕方を教えて自分で挽回させよう!
子どもの自己開示力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
むらたますみ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!