Baby&Kids

「~しなさい!」より「よーいドン!」で楽しくしつけをする方法

vol.1023【1日1成長お母さん】正論で子どもを追い詰めるよりゲーム感覚で行動に移そう

時間に追われ忙しいお母さんとは対照的に子どもはマイペースなもの

家事に育児に忙しい毎日を過ごしているお母さん。朝や夕方は特に時間に追われバタバタすることが多いのではないでしょうか。そんなことはお構いなしにマイペースな子ども。「早く〇〇して!」「まだできてないの?」と繰り返す毎日にうんざりしてしまいます。
それでも子どもがのんびりしていると、最後には怒鳴ってしまうこともあるかもしれません。実はちょっとした工夫をするだけで、子どもがスムーズに行動に移せるようになるのです。

「~しなさい!」を連呼すると子どもの心を萎縮させ逆効果になることも

朝は子どものためにご飯の支度をし、幼稚園に遅れないように準備を終わらせる必要があるので一分一秒が貴重です。そんなことはお構いなしに、子どもはのんびりとテレビを見ているなんてこともあるでしょう。急いでいることを子どもに伝えても、行動が変わらないこともよくあります。
お母さんは正しいことを伝えているのですが「~しなさい!」と命令されると反抗心が芽生え、さらに言うことを聞かなくなる恐れもあります。

強制するよりも楽しみながら習慣づけるにはお母さんの発想力がカギ

子どもは楽しいことが大好き。すぐそこにおもちゃがあると分かれば走って近づき、夢中になって遊びます。なかなかお着替えが終わらない、お風呂に入るまで時間がかかる、そんな時は楽しいことに変えてみましょう。
例えば兄弟同士で着替えの競争をさせてみる、「今日はこれ!」とおままごとの道具をお風呂に持っていく、などワクワクできる工夫をするだけで子どもは素直に行動に移すことができます。ガミガミと怒鳴るよりよっぽど効果的なはずです。

子育てのやり方は十人十色。親子で楽しみながらしつけを身につけよう

何でも自主的に行動できる子どもはなかなかいません。“今日はやる気がない”という日だってあります。そんな時も楽しく声をかける工夫をすれば、お互いストレスなく過ごせそうですよね。
毎日の習慣を「急ぎなさい」という正論で子どもを追い詰めてしまうよりも「お母さんとどっちが早くできるか競争ね!よーいドン!」とゲーム感覚で楽しく行動させると、いつの間にか自主的に行動できる子どもに成長するでしょう。

今日の1日1成長

のんびりペースな子には怒鳴るよりも、遊び感覚で伝えた方がより効果的
子どもの対応力も1成長、お母さんの発想力も1成長。
吉田あき(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!