Baby&Kids

1歳の子がイタズラをしたら喜ぼう!順調に育っている証拠です

vol.1025【1日1成長お母さん】「ダメ」よりも「できたね」と言うとやる気マンマンな子に育つ

奇想天外な行動に困惑の毎日。数々の武勇伝をつくってこそ1歳は成長する

子どもが1歳になると行動範囲がぐんと広がります。嬉しい成長ではあるものの、お母さんからすると「困った」と思うことも多いもの。
目を離した隙にティッシュを箱から最後まで出し切ってしまう、引き出しを開けて子ども自身が入ってしまう、靴箱の靴を全部出して試着をしているなど、クスっと笑ってしまう反面「仕事を増やさないで」というのも本音でしょう。せっかく買ってあげたオモチャで遊ぶより、イタズラをしている時間の方が長いなんてこともありますね。

1歳は実験大好き!イタズラばかりで手がかかるのは順調に育っている証拠

この時期お母さんは「子どもに手がかかって仕方がない」と感じる毎日でしょう。しかしこれこそが、子どもが順調に育っている証拠です。1歳のこの時期を“実験期”といいます。身の回りにあるものが何のために存在して、何の機能を果たしているのかを実験して確かめているのです。
「イタズラをしたら叱らなきゃ」と思うお母さんもいることでしょう。しかし1歳の子どもに「ティッシュを出したらダメよ」と言っても、なぜダメなのかまでは理解できないのです。

1歳はしつけよりも“思う存分やりたいことをやる”ことを優先させよう

ダメな理由は理解できなくても、お母さんが怒っていることは分かるでしょう。怖いのは「何かに興味を持つのはダメなこと」と子どもが感じてしまうことです。そう思った子どもは、イタズラをやめて育てやすくなるかもしれません。その一方で何に対しても興味を持てず、やる気のない子になってしまうかもしれないのです。
本格的なしつけは4歳頃からで大丈夫です。1歳の間はしつけよりも思う存分やりたいことをやらせるといいのです。

やる気マンマンな子になるコツ!イタズラにも「できたね」と伝えよう

お母さんの過度なストレスになる場合や危険な時以外は、止めずにやらせてあげましょう。やる気マンマンで頼もしい子に成長します。「ティッシュ全部出せたね」「靴をたくさん履けたね」など“できた”と伝えてあげると更にやる気に磨きがかかります。
思いっきり実験して満足した子どもは、好きなことを見つけてそれに真剣に取り組むエネルギッシュな人へと成長するでしょう。大変な時期は永遠には続きません。お母さんは「できたね」で子どものやる気を後押ししましょう。

今日の1日1成長

1歳はやる気を育てる時期。イタズラには「できたね」と伝えよう
子どもの実験力も1成長、お母さんの伝達力も1成長。
田中京子(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!