出典:@lucky_industries_officialさん

Baby&Kids

抱っこ紐の横抱きタイプいろいろ!新生児ママのお出かけも安心快適に♡

赤ちゃんが生まれると、必需品となってくるのが抱っこ紐。抱っこ紐と一口に言っても、いろいろなメーカーがあり、「横抱き」や「縦抱き」などタイプが分かれているので、どれがいいのか迷ってしまいますよね。本記事では、新生児から使える横抱きもできる抱っこ紐と、縦抱き抱っこ紐を紹介します。

赤ちゃんとママにとって、どの抱っこ紐が使いやすいのか、ぜひ参考にしてみてくださいね!

■新生児から使える!横抱きもできる抱っこひもがあります☆

抱っこ紐には、新生児から使える横向きタイプのものもあるって知っていますか?そんな新生児の赤ちゃんから使用できる抱っこ紐について、詳しく見ていきましょう。


・新生児から抱っこ紐は必要なの?

出典:@emirie2さん

首のすわっていない赤ちゃんを連れての外出はとても気をつかうため、新生児期はあまり外出したくないという人も多いでしょう。
とはいえ、定期健診やママの用事などでどうしても新生児の赤ちゃんといっしょに外出しなければいけないときもありますよね。また、一番初めの赤ちゃんなら、比較的ゆっくりとお家にいることが多いかもしれませんが、赤ちゃんの上に兄弟がいたなら、新生児であっても外出する機会は多くなってしまいがちです。
そんなとき、新生児期から使える抱っこ紐が大活躍します。なかでも、新生児期から乳児期まで長く使えるタイプの抱っこ紐に人気が集まっているんですよ。

・横抱き抱っこ紐とは一体どんなもの?

出典:@lucky_industries_officialさん

横抱きは、首すわり前の赤ちゃんに負担が少ない姿勢。首がすわっていない新生児から使える横抱き抱っこ紐は、赤ちゃんを安定して横に寝かせたまま移動させることができるのが魅力です。
横抱きできる抱っこ紐の多くは、横抱き抱っこを卒業したら縦抱き抱っこ紐として使えます。ひとつの抱っこ紐で、赤ちゃんの成長に合わせて横抱きと縦抱きを選んで使えるのはうれしいですね。

■横抱きの抱っこ紐、選ぶポイントは?

出典:@masa_mom_41さん

選ぶポイントは、ずばりいかに使いやすいか!に尽きるでしょう。たくさんの機能がついていても、抱っこの仕方が難しく使いにくければ意味がありません。装着のしやすさやデザイン、使い勝手を、お店で試着して確認してみるのも良いですね。

・横抱き抱っこ紐の対象年齢(月齢)はいつからいつまで?

抱っこ紐の横抱き抱っこスタイルは、おおむねが新生児期~首すわりの4カ月頃までが対象です。首すわり後は、赤ちゃんの動きも活発になってくるため縦抱きやおんぶスタイルに変えていきましょう。
縦抱き抱っこスタイルは、抱っこ紐によって1歳までのものから3~4歳まで対応しているものとさまざま。購入前によくチェックしておきましょう。
 

・横抱き抱っこ紐の素材はどれがいい?

赤ちゃんの首がすわるまでの季節によって、抱っこ紐の素材を選ぶと良いでしょう。
夏など暑い季節には、メッシュ素材のものが通気性良くおすすめ。冬にかけての寒い季節は、抱っこ紐に装着できる防寒グッズを別売りしているメーカーも。メッシュ製のものは、洗濯後も乾きやすいため便利ですよ。
 

・横抱き抱っこ紐の安全性は?

横抱き抱っこ紐には、赤ちゃんが転落しないよう転落防止ベルトや付属品がついています。ベルトや付属品を正しく装着し、片手を添えて使うと安全に使えるでしょう。製品安全協会のSGマークを取得している横抱き抱っこ紐を選べばさらに安心ですね。

・横抱き抱っこ紐、どこで買う?レンタルする方法もあるの?

出典:@nomnom0925さん

抱っこ紐は、『西松屋』などのベビー用品店やネットで購入することができます。実際に試着して購入したい人はベビー用品店で、赤ちゃん連れでお店に買いに行くのが難しいという人はネットで購入するのもおすすめです。
なかには、ネット限定カラーなどを販売しているメーカーもあるので、デザインにこだわりたい人はネットでも検索してみてくださいね。
ベビーグッズは使用する時期も限られているし、収納場所にも困るためレンタルを活用するのもおすすめ!ベビーグッズのレンタルサイト『Babyrenta(ベビレンタ)』では、たくさんの種類のベビーグッズのレンタル商品が取りそろえられています。どの抱っこ紐がいいか決められないという人は、レンタルで使用感を試してみるのも良いでしょう。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]