出典:@ chamis_dayさん

Baby&Kids

抱っこひもの横抱きタイプに注目!新生児ママのお出かけも快適に☆

赤ちゃんが生まれて、さて、抱っこひもを買いに行こう!と思ったら、お店にはたくさんの抱っこひもが並んでいます。いろいろなメーカーがあり、「横抱き」や「縦抱き」などタイプが分かれているので、どっちがいいのか迷ってしまいますよね。
この記事ではメーカーやタイプ別に分けて、さまざまな抱っこひもをご紹介します。自分の赤ちゃんやママ自身にとって、どのスタイルがベストなのか、ぜひ参考にしてみてくださいね!

■新生児から使える横抱き抱っこひもがあります☆

抱っこひもには、新生児から使える横向きタイプのものもあるって知っていますか?そんな新生児の赤ちゃんでもから使用できる抱っこひもをご紹介します。

・ずばり新生児から抱っこひもは必要なの?

@ emirie2さん

新生児の赤ちゃんとはいえ、外出しないといけなくなることもあります。定期健診やママの用事などでどうしても新生児の赤ちゃんといっしょに外出しなければいけないときもありますよね。首も座っていない赤ちゃんを連れて外出するのは、とても気をつかいます。
そして、一番初めの赤ちゃんなら、比較的ゆっくりとお家にいることが多いかもしれませんが、赤ちゃんの上に兄弟がいたなら、新生児であっても外出する機会は多くなってしまいがちです。
そんなとき、安定して安全に移動できる、ベビーカーや抱っこひもが大活躍☆その中でも、新生児の時期から使用できる抱っこひもは人気のアイテムです。

・横抱き抱っこひもとは一体どんなもの?

横抱き抱っこひもは、首が座っていない新生児への負担が少ないので、赤ちゃんの首が座るまでの期間を目安に使用します。
そして、抱っこに慣れていないママやママ以外の人でも、赤ちゃんを安定して横になったまま移動させることができるので、安心です。
また、中には横抱き抱っこを卒業して、引き続き縦抱き抱っこにも使える便利なタイプもあるのでおすすめです。

・選ぶポイントはずばり何?

出典:photoAC

ずばりポイントは、ママがいかに使いやすいか!装着のしやすさ、ママの好みのデザインかなど、自分の使い勝手がどうかをよくお店で試着させてもらって、いろいろと試してみるのもポイントです。
また、赤ちゃんの首が座るまでの時期によって、抱っこひもの素材を考えるといいですね。夏ならメッシュ素材のものもあるので、通気性が良くとても便利です。

・どこで買う?レンタルする方法もあるの?

出典:photoAC

抱っこひもを購入する際は、西松屋などのお近くのベビー用品店や、ネットでも簡単に購入することができます。実際に試着して購入したい人はベビー用品店で、試着は必要ないという人はネットで購入するのもおすすめです。
ネット限定カラーなどを販売しているメーカーもあるので、デザインにこだわりたい人はネットでも検索してみてください。
もちろんレンタルも可能です。ベビーグッズのレンタルサイト『Babyrenta(ベビレンタ)』では、たくさんの種類のベビーグッズのレンタル商品が取りそろえられています。
人気の商品のレンタルもあるので、いろいろレンタルをしてみてもおもしろいかもしれません。ベビーグッズは使用する時期も限られているし、収納場所にも困るという人もいませんか?そんなときには賢くレンタルを活用してみましょう!

■人気のおすすめ横抱き抱っこひも3選☆

新生児も安心してお出かけできる安定の横抱き抱っこひもで、人気の高いものをご紹介します。

・機能性にこだわるならアップリカが人気

抱っこひもは、ベビーカーと同じメーカーの『Aprica(アップリカ)』を選ぶというママも。既に同じメーカーの商品を使っているから、別の商品も安心して購入できるのですね。
アップリカの横抱き抱っこひもは、専用の「ホールディングパッド」で小さなベッドのように、安定して赤ちゃんがねんねできるのでお出かけもスムーズに。夏は足を出したままで、快適にねんねができます。冬はしっかり温かいブランケットなどを使用して、防寒対策をしながら抱っこすると安心ですね。

出典:@ chamis_dayさん

こちらもアップリカの抱っこひも「コアラ」という商品です。肩ベルトがしっかりしているので、肩こりになりにくく、ママにやさしい抱っこひもです。

・新生児もOKなスリング!キャリーミープラス☆

出典:@ yuuumama4さん

こちらは、軽く持ち運びに便利なスリングタイプの抱っこひも『Carry me!plus(キャリーミープラス)』。ママとの密着度の高いスリングタイプの抱っこひもで、新生児から11.3kgまで使えます。
スリングの中で赤ちゃんは、まるでママのおなかの中にいるように、丸まった姿勢になります。赤ちゃんは丸い体勢になることで、安心感を得ています。首が座る前までは、横抱きでの使用をお願いします。

■新生児から使える縦抱き抱っこひも3選☆

新生児の時期も、赤ちゃんの首をしっかりサポートする縦抱き抱っこひも。新生児以降も続けて使えます!

・カラフルで根強い人気エルゴ

出典:@ baby__chy___さん

『ergobaby(エルゴベビー)』は、カラフルで見ていてうきうきするようなカラーの商品がラインナップされています。
「インファントインサート」という新生児用の専用インサートを使用すれば、新生児専用サイズの対面抱っこひもに早変わり!大きめのベルトがしっかりと支えているので、肩にかかる力が分散されて、腰痛の予防にもなります。

・機能バツグン☆ベビービョルン

出典:@ d_jr2019さん

『BABY BJORN(ベビービョルン)』の抱っこひもは、すべてのタイプが新生児期から利用可能!軽くて通気性も高く、メッシュ素材が人気です。装着も簡単にできるので、赤ちゃんとのお出かけもスムーズ。

出典:mamagirl2019春号

こちらはさらにメッシュが大きくなり、通気性がアップした人気のモデルです。新生児から3歳まで使用可能です。通気性がアップしているということは、乾きやすいということ!洗濯も手軽にできて、乾きやすいので衛生的ですね☆

■新生児対応の抱っこひもでお出かけも快適に☆

出典:photoAC

新生児対応のものは横抱きだけなのかな?と思いがちですが、新生児から使える抱っこひもは横抱きも、縦抱きもいろいろな種類がありましたね。すてきな抱っこひもがたくさんあって悩みどころですが、ママの使い勝手とお好みで、赤ちゃんの様子も見ながら、わが家にジャストフィットな抱っこひもを選んでみてください。

saho

3人の子育てをしながら、毎日たのしいことを探しながら生活をしています。アロマセラピストでもあり、みんなの日常をよりよいものにしていきたいと願っています。

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!