出典:@ _mireka_さん

Beauty

カラートリートメントならノーダメージで色味をキープ!

「サロンでヘアカラーしてもすぐに色が落ちてしまう」「髪の毛を傷めずにカラーしたい!」そんな悩みがある人も多いのではないでしょうか。その願いを叶えてくれるのが、今注目のカラートリートメントです。カラートリートメントはその名の通り、トリートメントをするイメージでヘアカラーできるという優れもの!使い方やおすすめのカラートリートメントまで、全部まとめて確認していきましょう。

■カラートリートメントっていったいどんなもの?

カラートリートメントについて知らない人も多いはず。まずはどんなアイテムなのか、詳しく確認しておきましょう。

・カラートリートメントの基礎知識!

出典:元ヘアカラーリストおすすめの色持ちする暗めカラー!年末年始にも◎@ whyte_shioriさん

カラートリートメントとは、トリートメントをしつつヘアカラーもできるという今注目のアイテム!商品により名称は異なり、ヘアバターと呼ばれることもあります。
トリートメントにカラー剤が混ぜられており、髪の毛をトリートメントでいたわりつつ、カラーチェンジも叶う優れものなのです。

・ヘアカラーとの違う点はどんなところ?

出典:色持ち抜群のローライト&ハイライトヘアのすすめ。忙しいママにもぴったり@ whyte_shioriさん

ヘアカラーと大きく違う点は、髪の毛へのダメージです。ヘアカラーの場合はブリーチ剤という薬で髪の毛の色を変えるため長持ちしますが、薬剤により髪の毛がダメージを受けることになります。
カラートリートメントの場合、カラーが抜けた表面部分をケアしつつ、そこに色をのせるようなイメージ。髪の毛の表面に色素をつけるだけなのですぐ落ちるというデメリットはあるものの、髪の毛へのダメージはありません。

・カラートリートメントのモチは?

カラートリートメントは髪の毛の内部までカラーが浸透しないため、1~2週間したら色落ちしてしまいます。さらに、1度では染まりにくいため、継続して使用しなくてはなりませんが、自宅で簡単にできるため、ヘアサロン後のホームケアとしても人気です。

・今より明るいカラーには染まりにくい!

出典:黒髪ブームが再到来中!あか抜けた髪型に見せるポイントとは?@ tt_kk_mm_ttさん

髪の毛の表面に色素がつくだけなので、黒髪→明るいカラーにはできません。髪の毛自体が明るければ明るいほど、原色に近い発色に。一度サロンで明るいカラーに染めてから使い始めるのがおすすめです。

・カラートリートメントがおすすめなのはこんな人!

出典:@ tt_kk_mm_ttさん

カラートリートメントがおすすめなのは、
・ヘアカラーやパーマで髪の毛が傷んでいる
・ヘアカラー剤が肌に合わない
・ハイトーンの明るい髪色
・白髪やグレーヘアー
といった人。
白髪を染めるタイプのカラートリートメントも販売されているので、気になる白髪を自宅でケアすることができますよ。何度もサロンに行く手間が省けるので、お金と時間の節約にもなるかもしれません。

■知りたい!カラートリートメントの使い方は?

カラートリートメントの使い方をチェックしておきましょう。

・カラートリートメントの基本的な使い方

1髪の毛の汚れを落とすため、普段通りにシャンプーをする
2カラートリートメントを髪の毛全体につける
3カラートリートメントを浸透させる
4カラートリートメントを洗い流す
以上がカラートリートメントの流れです。商品によっては異なる場合もあるため、必ず確認してから行ってくださいね!

・カラートリートメントのコツを伝授!

出典:photoAC

カラートリートメントをしっかり浸透させるのが、キレイに染めるための大切な工程。シャワーキャップやタオルで髪の毛を包んで時間を置くと、色がしっかりと定着してくれます。黒などの濃い色のタオルでないとタオルに色がついてしまうので要注意!
洗い流すときは、流しすぎないようにしましょう。ある程度丁寧に洗い流し、手に色がつかなければOKです。

■カラートリートメントの髪色別仕上がり例

カラートリートメントの仕上がり例をチェックしましょう。

・暗めの髪に使用したイメージ

出典:@ maamichannelさん

ダークカラーの髪の毛にカラートリートメントをする場合、思い通りに色を入れるのは難しくなります。ダークカラーの人の場合、色を入れる目的ではなく色をキープする目的でカラートリートメントを使うのがベスト。
サロンでのカラー後の色落ちに悩んでいるなら、ホームケアとして取り入れてみてください。色落ちを防いでキレイなカラーをキープすることができますよ。

・明るめの髪に使用したイメージ

出典:@ erinakawashimaさん

カラートリートメントを使う髪の毛がハイトーンなら、色で遊ぶことも可能♡いろいろなカラートリートメントを使って、なかなかチャレンジしないカラーにしてみるのもアリです。
@erinakawashimaさんは退色したグレージュカラーにパープルのカラートリートメントで、おしゃれなラベンダーカラーに!キレイな色味に仕上がっていますね。

■おすすめのカラートリートメント3選

市販のカラートリートメントのおすすめをご紹介します。

・エヌドットカラートリートメント

出典:@ _.saichi._.9v9._さん

人気ヘアケアシリーズの「N.(エヌドット)カラーシャンプー&トリートメント」は、ヘアカラーを長持ちさせることを目的に作られたもの。シャンプーにもトリートメントにも色がついており、W使いならより効果的にカラー色素を補充!キレイなカラーをキープすることができます。
植物性のオイルやエキスが髪の毛に潤いもプラス。上品なホワイトフローラルの香りとおしゃれなパッケージで、人気の高いカラートリートメントです。

・ボタニカルカラートリートメント

出典:@ maamichannelさん

続いておすすめするのは『NATURE&CO(ネイチャーアンドコー)』の「ボタニカルカラートリートメント」。5種類のボタニカルトリートメントが配合されているのが特徴です。
トリートメントとしての効果も高く、使用後もきしむことなく毛先までつるんとした仕上がりに!こってりとしたテクスチャーで、髪の毛にしっかりととどまります。
スモーキーカラーやアッシュカラーなどの5色のカラーラインナップ。2度目からは髪の毛が染まっているのを実感できるそう。ぜひお試しください。

・エブリカラートリートメント

出典:@ erinakawashimaさん

『anna donna(アンナドンナ)』の「エブリカラートリートメント」のカラーラインナップは全部で9色!そのバリエーションの豊富さが人気を集めています。レッドやピンク、ブルーといった個性的なカラーが目立ちますが、グレーやブラウンといった定番カラーもありますよ。
そのまま使うのはもちろん、混ぜて使っているという人もいるよう。公式サイトに組み合わせのカラー例が掲載されているので、チェックしてみるのもおすすめです。

■ノーダメージでキレイも叶うカラートリートメント

カラートリートメントは自宅で簡単にカラーリングできる優れもの!短期間だけ他のカラーにチェンジするもよし、サロン後の赤みが気になる前に使うもよし♡さっそく試してみてはいかがでしょうか!

minarico

レゴとサッカーをこよなく愛する幼稚園児男子と我が強めの1歳女子を子育て中!趣味はトレンドをSNSで探ること。家事に手を抜きつつ楽しく暮らすのが今の目標♡

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!