出典:@ to_happiness0723さん

Fashion

実はアクセサリーには意味がある?種類別に詳しく調べてみた

今までにアクセサリーをプレゼントされたことはありますか?逆にプレゼントをしたことがある、という人もいるでしょう。アクセサリーはおしゃれ女子には欠かせないアイテムですが、種類によって意味があることは知っていたでしょうか。そこで今回はアクセサリーの意味についてご紹介します。

■種類によってちがう?アクセサリーの意味とは

出典:@yma_lv.16さん

おしゃれ女子なら誰しもがもっているアクセサリー。集め始めるときりがなくなりますよね。どこの服屋さんでもアクセサリーコーナーが設けられているほど、需要の高いアクセサリーですが、実は種類によって意味があったんです。次はその種類ごとの意味をご紹介します。

・アクセサリーとして馴染みの深いピアスの意味

出典:筆者撮影

夏になり髪をアップにする機会が増えだす時期、ピアスは欠かせません。大振りのピアスだと、つけることによって小顔効果が期待できるともいわれていますよね。そんな馴染み深いピアスの意味は
「男性が左耳につける=守る」
「女性が右耳につける=守られる」
という意味があるといわれています。また、
「男性が左耳だけに偶数個つける=異性愛者」
「女性が左耳だけに偶数個つける=同性愛者」
「男性が右耳だけに偶数個つける=同性愛者」
「女性が右耳だけに偶数個つける=異性愛者」
ともいわれています。

・ネックレスの意味は自分自身の強さを表す

出典:photoAC

首元を華やかにしてくれるネックレス。ネックレスはアクセサリーの中で最も古い歴史を持っているんです。そんなネックレスの意味は
「自分自身の強さを現す」
といわれています。遠い昔の狩りをしていた時代、自分の獲った獲物の大きさを現すために獲物の牙などを首からぶら下げておく、という風習がありました。ネックレスはそのなごりからきているため、このような意味になったといわれています。

・おしゃれ度がグンと増すブレスレットの意味

出典:mamagirl 2018秋号

ブレスレットはつけるとグンとおしゃれ度が増すアイテムです。金属、布、木製のものまでデザインの種類が豊富です。そんなブレスレットの意味は
「右腕につける=エネルギーの放出・現実的な変化を望む」
「左腕につける=エネルギーの吸収・精神的な変化を望む」
といわれています。

・女性ならいつかはプレゼントされたい!指輪の意味

出典:photoAC

おしゃれアイテムとしても、恋人と仲良くペアリングとしても、いづれにしても人気の高い指輪。指のサイズを計り、自分だけのジャストサイズの指輪は特別ですよね。そんな指輪の意味は
<親指>
右指:「威厳を高める」 左指:「難関に立ち向かう」
<人差し指>
右指:「集中力を高める」 左指:「精神力を高める」
<中指>
右指:「邪気から身を守る」 左指:「人間関係の改善」
<薬指>
右指:「恋を叶える」 左指:「愛を深める」
<小指>
右指:「自分らしさを発揮」 左指「チャンスを呼び込む」
このように指によって意味があるといわれています。

■つける場所でも違ってくるの?覚えておきたい意味

出典:@ to_happiness0723さん

先ほど指輪はつける指によって意味が違うことは説明しましたが、ほかにもつける場所によって意味が変わってくるアクセサリーがあるんです。
例えばアンクレット。夏になり、サンダルをはく機会が増えたとき、足首にキラッと光るものがあると女性らしさが出て、とてもおしゃれです。そんなアンクレットは
「恋人や夫の所有物」
という意味があるといわれています。また、左右の足でも意味が変わってくるようで
右足:「恋人募集中」「既婚者の場合は浮気相手募集中」
左足:「恋人、夫がいるというアピール」
ともいわれています。

ほかにも、チョーカー。若者を中心に流行り始めたアクセサリーのひとつです。今では多くのデザインのチョーカーが店頭に並んでいるのを良く見ます。そんなチョーカーの意味は
「首を絞める」
「窒息させる」
という怖い意味があるんです。チョーカーは、首にはりついたネックレスのことをいうので、その見た目からこのような意味がついたと考えられます。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]