Baby&Kids

4歳児に効果的な我慢の練習。「買わないよ」を貫く先の落とし穴

vol.1095【1日1成長お母さん】4歳で我慢が身につくと、目標に向かって努力ができる子になれる

心のコントロール力を身に付けるために必要なのは努力や我慢ができること

乳幼児期に自分の要求をたくさん叶えられた子どもの方が、その後の自律性がよく育つと聞いたことがあるかもしれません。自律性とは自分の意志で思いや行動をコントロールする力のこと。実は努力や我慢は自律性に関わっています。
我慢は4歳の時期に育てるのが最適です。しかし現実は4歳で出てくるわがままに苦労されるお母さんも多いのではないでしょうか。

我慢の練習を勘違いすると、すぐに“あきらめる子”になってしまう可能性も

スーパーのお菓子売り場や自動販売機の前で4歳くらいの子が「買って買って!」と泣いている姿を見ることがよくあります。
「後でね」「今度ね」「今日はダメよ」などお母さんが言葉をかけると泣き出し、地団駄を踏む子どもの姿。泣いても暴れても「買わない」というお母さんの姿勢を貫くことは、しつけにおいて大切です。
しかし「買わないよ」の繰り返しで学んでいくのは我慢ではなく“あきらめ”になってしまうのです。

我慢とは願いを叶えるために待つという行為。願ったことを“なし”にしない

あきらめではなく我慢を子どもに身に付けるには“目標設定”が必要です。それは待てば願いが叶うということ。
まずは願いに対して「いいよ」と欲求を受け入れて、待たせる経験が必要です。「いいよ。買い物が全部終わったらね」我慢は少しの“待つ”ことから教えていきます。
買ってあげるのが「今度ね」ではどれくらい待てばいいのかがよく分かりません。「買い物が終わったらね」や「家の近くの自動販売機でね」など具体的に想像できるゴールを設定しましょう。

我慢強い子は努力家になる。待てば願いが叶うという経験を繰り返そう

“待てば欲求が叶う”という経験を繰り返し、待つ時間を少しずつ長くすると我慢強い子になっていきます。
買うという事実は同じでも、待つという行為をさせるだけで子どもの我慢する力は確実に身についていくのです。そして我慢が身につくと努力家になれます。
待てば願いが叶うという経験は、頑張れば目標を達成できるという発想に結び付くからです。小さなゴールにたどり着くごとに「約束を守れて嬉しいわ」と認めてあげましょう。

今日の1日1成長

「買わないよ」は効果なし「いいよ」と言って少し待たせる経験をさせよう  
子どもの忍耐力も1成長、お母さんの計画力も1成長。
さわどあさみ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!