Baby&Kids

指示待ち族から抜け出すには、口出しせずに「どうしたらいい?」

vol.1097【1日1成長お母さん】自分で考える習慣こそが判断力と自己決定力の基礎となる

“素直=決められない子”にならないためにお母さんが気をつけたいこと

小さい頃から聞きわけがよい素直な子っているものです。「ダメよ」と言われたことはしないし「いいよ」と言われたら喜んで楽しむ。人が大好きで誰に対しても愛想がよく、いつもニコニコと協調性が高いので、お母さんはとっても助かります。
その反面、自分の意見がなかったり何でも人任せにしたりする傾向が。そのためお母さんはついついあれこれと指示してしまいます。実はお母さんが指示を出すのをやめると、子どもの判断力と決定力は飛躍的に伸びるのです。

子どもの指示待ちはお母さんへの信頼。安全だと分かっているから

4歳のIちゃんは素直で明るい女の子ですが、お母さんには気になることがあるのだそうです。それはIちゃんがすぐに「どうしたらいい?」と聞きにくるということ。「何をするにも自分の意見がないというか、何でも決めてもらいたがるの」とお母さんはため息をつきます。
ちょうどその時Iちゃんが「お母さん暑いよ〜!」とやって来ました。お母さんはすぐ「服を脱ぐかお茶を飲みなさい」と言いますが、Iちゃんは「服とお茶、どっち?どっちなの?」と食い下がっています。

指示を出すから指示を待つようになる。考えさせるチャンスを見逃さないで

実は子どもの判断力は、お母さんがすぐに指示を出さない方が伸びます。特にIちゃんのような聞き分けの良い子ほど、大人の言うことに従いたがる傾向があります。
激しい欲求が少なく“みんなと同じ”が嬉しいので、物事を自分で決定せずにみんなの意見に合わせがちです。それが習慣になり、自分で考えずに人が決めるのを待つようになるのです。
効果的なのは困った時ほどお母さんが質問をすることです。「どうしたらいい?」の質問で、自ら考え決定する力をつけさせてあげましょう。

指示出しではなく提案しよう。たくさんの選択肢から選ぶ経験を積ませて

「暑いのね。どうしたらいいと思う?」お母さんの問いかけに、最初は「分からない」と言って泣くかもしれませんね。そんな時はできるだけ多くの選択肢を挙げてください。「服を脱ぐ?」「お茶を飲む?」「扇風機をかける?」「シャワー浴びる?」など、たくさんの選択肢の中から選んでもらいましょう。
この繰り返しが経験となり、段々と自分で判断できるようになります。判断力と決定力は人生を生き抜く上で大切な力。お母さんの「どうしたらいい?」でその力をプレゼントしてあげましょう。

今日の1日1成長

子どもを指示待ち族にしたくないなら「どうしたらいい?」と質問しよう
子どもの決定力も1成長、お母さんの質問力も1成長。
むらたますみ(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp