Baby&Kids

4歳の強い自我が芽生えたら、忍耐力を身につけるチャンス到来

vol.1104【1日1成長お母さん】4歳の子どもには「ダメ」よりも「いいよ」の方が効果的

口答えも立派な成長。精神的に発達してくるこの時期は忍耐力を養うチャンス

お母さんは毎日大忙し。特に朝食の時間帯はドタバタして、気づけば口癖のように「早くしなさい」なんて言ってしまいます。きちんと食べさせたい想いでお母さんが試行錯誤して準備した朝食も、子どもは「デザートが少なくて嫌だ」とお構いなしに言ってきます 。
特に自我の強くなる4歳くらいは語彙力も発達するので口答えも立派になります。お母さんもイライラしてしまいがちですが、実はこの時期、対応次第で子どもの忍耐力を養うことができる時なのです。

心のコントロールが難しい4歳児はストレスからも自我が強くなりがち

Yちゃんは4歳の女の子。朝の食事に出したYちゃんのヨーグルトがお父さんのものと比べ小さくて、少ないことに不満のようです。
「どうして小さいの?」と言ってくるYちゃんに「いつも残すからよ」と伝えると、納得できないYちゃんは「残さないから大きいのちょうだい」と主張してきます。「ダメよ!とにかく先にご飯を食べなさい」と口調を厳しくして伝えると「もう、大嫌い!」興奮したYちゃんはご飯を食べずに席を離れようとします。

ストレスを抱え込みやすい時期に「ダメ」は逆効果。「いいよ」を活用しよう

この時期の子どもは、自分の感情を上手にコントロールできなくてストレスを抱え込みがちです。子どもは自分の欲求を受け入れてもらえない時、余計に反撃するものなのです。こんな時は思い切って「ダメ」のかわりに「いいよ」と目の前に大きいヨーグルトを出してあげましょう。
その後に「ごはんを食べた後にね」とお母さんの希望を後付けするのです。先に「いいよ」と言われる事で子どもの反抗心は弱まり、自分の欲求が叶うめどが立ち安心できるものです。

忍耐力を上手に身に付けさせてあげるとこれから先の子育てはうんと楽になる

「いいよ」に後付けした条件をクリアした時は必ず約束は守りましょう。子どもが“我慢をすれば自分の欲求は必ず叶えられるもの”と理解することが大切です。そうすれば次もまた努力するのです。こうした経験の繰り返しは子どもの我慢する心だけでなく目標に向かって頑張る力も育みます。
「今日は残さずに全部たべたよ。明日も頑張る」なんて言ってくるかもしれませんね。将来、自分の願いを叶えるために困難を自ら乗り越えていくたくましさも育ててあげたいですね。

今日の1日1成長

4歳の反抗期は我慢する心を育てる時!「いいよ」を上手に使ってみよう
子どもの忍耐力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
わたなべみゆき(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp