Baby&Kids

「ありがとう」をたくさん言われた子どもは優しい人に成長する

vol.1108【1日1成長お母さん】優しい子に育てるには「優しくしてね」よりも「ありがとう」が効果的

「ありがとう」と言われた子どもは人の役に立つ喜びを知り、優しい人になる

子どもには「優しい子に育ってほしい」と思いますよね。「優しくしようね」と教えることもあるでしょう。
でも子どもは具体的にどんな時に何をしたら優しいのか分からないこともあります。そんな時「優しくして」よりも効果のある言葉があるのです。それは「ありがとう」です。
お母さんが子どもに心を込めて「ありがとう」と言うと人の役に立つ喜びを知り、優しい人へと成長するのです。

「役に立ちたい」という欲求は「ありがとう」と言われることで満たされる

誰でも「ありがとう」と言われると嬉しくなりますよね。人には生まれながらにして「役に立ちたい」という本能的欲求があるのです。それを心理学で“エフェクタンス(効力感)”と言います。「ありがとう」と言われるとその「役に立ちたい」という欲求が満たされて幸福感を感じます。
エフェクタンスは子どもにも備わっています。どんな人に「ありがとう」と言われても嬉しいものですが、大好きなお母さんであればなおさら大きな喜びとなります。

お手伝いをしてくれた子には「偉いね」よりも「ありがとう」と声を掛けよう

子どもがお手伝いをしてくれた時、どんな言葉をかけますか?「偉いね」と言うお母さんは多いのではないでしょうか。「偉いね」は子どもを評価する言葉です。こう言われ続けた子どもは「偉いね」と言われたくて行動を起こすことがあります。
その一方で「ありがとう」と言われた子どもは人の役に立つことに喜びを感じます。「誰かが見ているから」「良い子と思われたい」というよりも「自分は役に立っている」ということに幸せを感じるのです。これが貢献する喜びでもあります。

お母さんも子どもに負けないくらい「ありがとう」を毎日たくさん伝えよう

母の日には子どもから「おかあさん、ありがとう」とメッセージをもらいますね。5歳くらいになると特別な日でなくても「いつもごはんつくってくれてありがとう」などお手紙をくれる子もいます。お母さんも子どもに負けないくらい「ありがとう」を伝えてみませんか?
「弟に優しくしてくれてありがとう」「コップを運んでくれてありがとう」など日々の生活の中で「ありがとう」を伝えるチャンスはいくらでも溢れています。

今日の1日1成長

優しい子どもを育てるには、毎日「ありがとう」をたくさん伝えよう
子どもの貢献力も1成長、お母さんの感謝力も1成長。
田中京子(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp