Baby&Kids

ギャン泣きで感情を爆発させる女の子は共感してほしいだけ

vol.1109【1日1成長お母さん】共感が大好きな女の子は、気持ちを理解してあげることがカギ

男の子と女の子はもともと性質が違い、ケンカでも行動が異なります

子どもが3歳くらいになると少しずつお友だちと遊ぶ時間も増えてきます。子ども同士の関りが増えると自然とケンカが増えるもの。男の子のケンカはお友だちを叩いたり手が出ることが多く、女の子のケンカは大声で泣いて感情を爆発させます。
3歳では我慢したり自分の感情をコントロールする力が未熟ですので仕方ありません。特に女の子の場合は感情的になりやすいので、泣いて訴えお母さんを困らせてしまいます。実はそんな時に子どもを落ち着かせる簡単なコツがあるのです。

感情的な女の子には気持ちを共感してあげると落ち着くことができる

3歳のKちゃんとSちゃんはご近所さんでよく一緒に遊んでいる仲良しのお友だちです。
仲良く遊んでいたかと思えば突然ケンカをすることもしばしば。ある日おもちゃを取り合いになったことで、Sちゃんが大声で泣きはじめました。その隙にKちゃんがおもちゃを取って行き、遊んでいます。
泣いているSちゃんにお母さんは「取り合いっこになってイヤだったのね」と言い、抱きしめてあげました。するとSちゃんはすぐに泣き止み、また遊び始めたのです。

ケンカの原因は目に見えないところにあることも。子どもの心に注目しよう

子ども同士のケンカの原因は二つあります。一つ目は自分の感情を抑えられないこと、二つ目は問題解決方法を見いだせないことです。
大人は後者の方に目が行きがちで「順番に使いなさい」「仲良く一緒に遊びなさい」と子どもに指示を出してしまいますが、女の子の場合は前者の感情をコントロールできない場合が多いのです。
目に見える行動よりも子どもの心に注目しましょう。

子どもの感情を言葉にして伝えよう。お母さんは分かってくれたと安心できる

女の子は感情的になりやすいもの。子どもの感情をしっかり受け止めてあげるだけで落ち着きを取り戻すことができます。
「悔しかったのね」「悲しかったのね」と伝え優しくタッチングしてあげると、子どもは自分がなぜ泣いているのか理解できます。そしてお母さんが自分の感情を理解してくれたと感じると泣き止むことができるのです。
子ども同士のケンカはあっさりしているもの。何事もなかったかのように再び仲良く遊び始めることもあるでしょう。

今日の1日1成長

女の子同士のケンカは感情的。「悲しい」「悔しい」を受け止めてあげよう
子どもの自己開示力も1成長、お母さんの共感力も1成長。
吉田あき(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp