Baby&Kids

これで防げる!忘れっぽい子の忘れ物を克服する方法教えます

vol.1116【1日1成長お母さん】子どもの個性に合わせた対処の仕方で行動を習慣化していこう

子どもの登園の持ち物がいっぱい。忘れ物をさせないようするには何が必要か

子どもが保育園や幼稚園に行き始めると、水筒やタオルなど持って行かなくてはならないものがたくさん出てきますよね。特に保育園は過ごす時間が長いため持ち物も多くなります。
子どもが自分で準備するのはいいことですが、習慣化するまではお母さんが自分でするより手間がかかります。最終チェックで不備が多いと、お母さんも忙しさのあまりにうっかりテーブルに置き忘れるなんてこともあるでしょう。

何度言ってもなくならない忘れ物。忘れ物をしない子との違いはどこにある?

N君は年長の男の子です。保育園の準備はこれまでお母さんがしていましたが、今年からは自分で用意することにしました。
いざ一人で準備をするN君ですが、用意できていないものが次々と見つかります。「コップが入ってないよ」「タオルは?」と思わず言ってしまうお母さん。何度言ってもいつも何か足りません。
まだ6歳くらいの子どもなので仕方がないとはいえ、同じクラスのお友だちの中にはできる子もいるのです。なぜ、こんなに違うのでしょうか。

忘れっぽいのも個性。次にすることを見える化して行動を習慣化させよう

何度言っても忘れ物をしてしまうのは、もしかしたらその子の特性かもしれません。子どもには生まれ持った個性があります。これを気質といい、人格の半分を占めるとされます。
中でも、いつもニコニコしているのんびり屋タイプは、ぼんやりして肝心なことを忘れる傾向があります。おおらかで細かいことを気にしないタイプなので、口で言われても右から左に抜けてしまうのです。
この忘れっぽさを克服するために効果的なのが予測脳を鍛えること。具体的に次に準備するものを想像させてあげましょう。

楽しむ天才には、お支度も楽しみながら忘れ物も克服させてあげよう

ニコニコ天使のような穏やかさが魅力で人気者のこのタイプは楽しい事が大好きという特徴があります。
そんなタイプの子にぴったりな楽しみながら忘れ物を防げるアイテム。それがお支度ボードです。ホワイトボードの項目に準備できたらマグネットをつけていきます。ゲーム感覚で楽しみながら、次に準備するものが明確にわかります。
毎日繰り返すことで、一連の行動も習慣化されるでしょう。お母さんの工夫次第で、楽しみながら忘れ物を克服していきましょう。

今日の1日1成長

忘れっぽい子には言葉よりも見える化。楽しみながら次の行動を予測させよう
子どもの行動力も1成長、お母さんの適応力も1成長。
わたなべみゆき(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp