Baby&Kids

失敗こそチャンス。後始末を任せると、子どもはどんどん賢くなる

vol.1120【1日1成長お母さん】「拭いといてね」の一言で、創意工夫の力がぐんぐん伸びる!

子どもの能力をぐんぐん伸ばす工夫する力。必要なのは失敗すること

「失敗はたくさん経験した方がいい」「子どもの頃に簡単な失敗をどんどんさせよう」学習塾の先生との話や受験雑誌などには、そういう言葉がたくさん出てきます。勉強と小さな頃の失敗の経験がどう関係があるのかと思うかもしれません。
でも実は、このふたつは直結していると言っても過言ではありません。子どもは教えてもらったことからではなく、自らの失敗や経験から学びを深めます。最初から成功するように教え込むより、まずは自分でやらせて失敗しても見守りましょう。

子どもにとっては全てが新しい経験になる。失敗こそ学びの宝庫と喜ぼう

4歳のK君から聞いたお話です。お母さんのお手伝いをしようとキッチンに入ったK君は、うっかり卵を落としてしまいました。「お母さんに拭いてねって言われたんだけど、卵って拭くのが難しいの。ネバ〜ってついてくるから、お布巾たくさん洗ったの」とK君。
濡らした布巾でないと上手に拭けないこと、拭いた布巾も何回も洗わないと綺麗にならないことなど“割れた卵を拭く”という経験から分かったことをたくさん教えてくれました。

子どもは失敗を通してたくさんのことを発見する。後始末を任せてみよう

子どもは失敗した事実と後始末を通して、実に様々なことを学びます。割れた卵を拭き取るのは難しいという事実から、どうしたら綺麗になるのかという工夫を始めます。
この“工夫する力”を養うのがポイント。工夫ができるようになると、小学校で勉強を始めても様々な工夫を凝らして自主的に取り組むことができるようになります。工夫してできた!という体験は自信にも繋がります。後始末から子どもが学べることは大きいのです。

これからの賢さは数値では測れない。創意工夫して人生を選び取る力を育もう

2020年に学習指導要領が改定され、今後は“広い視野を持って自分の人生を切り開いていける力”を育むことが目標とされています。従来の“教えられたことを覚える”数値化された力ではなく、自分で工夫して問題解決ができる力を今から育ててあげましょう。
お母さんは子どもが失敗したら「片づけてね」「拭いといてね」と後始末を任せましょう。責任感と工夫の力がぐんぐん育ちます。その蓄積が成長とともに花開き、人生を自分で切り開くバイタリティを身につけてくれるでしょう。

今日の1日1成長

賢い子になってほしければ失敗を歓迎して「拭いてね」で後始末を任せよう
子どもの工夫する力も1成長、お母さんの任せる力も1成長。
むらたますみ(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp