出典:筆者撮影

Lifestyle

洗濯洗剤おすすめのもの&選び方のポイントを含め紹介します

毎日の洗濯で使う洗剤、宣伝などを見てなんとなく買って使っている人も多いようです。最近は部屋干し専用、ジェルボール、液体、男子臭の匂いを軽減するのに良さそうな洗剤などいろいろな種類があって、何を基準に選んでみたらいいか悩みますよね。各メーカーからもいろいろなタイプが出ており、さらに悩む、分からないという人にもおすすめな洗剤選び&参考になるような選び方のポイントを紹介していきます。

いろいろな種類がある中から、お気に入りの洗剤が見つかると、家事も楽しくなりそうですよね。

■洗剤の種類☆3つのタイプにわけて紹介

洗剤には種類があります。家庭にあったタイプを選ぶと良いようです。

・液体洗剤☆一般家庭に人気

出典:photoAC

液体タイプは種類がたくさんあってコンパクトなものが多く発売されています。一般的な汚れを落とすので家庭洗濯におすすめなタイプです。水に良くなじみ、すすぎも1回ですむものが多く、節水タイプの洗濯機を使っている人にも良いですよ。

・粉末洗剤☆頑固な汚れを落としたい

出典:photoAC

粉末タイプは液体よりも洗浄力が高く、外でするクラブや現場仕事で汚れやすい衣類を頻繁に洗濯する家庭に人気のようです。すすぎは液体に比べるとしっかりとする必要がありますが、価格もリーズナブルなものが多く、お得用も充実しています。洗剤のコストをおさえたい人にはおすすめですよ。

・ジェルボール☆新たな洗剤が登場

出典:photoAC

液体と粉末洗剤が主流でしたが、最近はジェルボール洗剤がではじめ、人気になっています。洗浄力が高いものも多く、軽量や詰め替えする必要がないので、時短したい人、または1回の洗剤料が決まっているので、毎回ある程度の洗濯量をする家庭におすすめです。
また、部屋干し2018、2019年の洗剤部門でも、消臭成分が濃縮されているので部屋干しにも適している点で評価が高く、使う人も多くなってきています。

■洗剤の選び方☆ポイントがあります

洗剤の選び方にはいくつかのポイントがありますので、参考になることを紹介していきます。

・汚れ落ち☆汚れの種類で使い分けしよう

出典:photoAC

小さい子どもがいる家庭では、毎日の食事で食べこぼし汚れがつくことがありますよね。また、男子中高生を抱えている家庭では野外クラブ活動で泥ををつけたり、靴下の皮脂汚れが頑固だったり、汚れを取るのにしっかりとした洗剤を選びたいですよね。
そんな家庭には、タンパク質&皮脂汚れなどの汚れをしっかりと落とす場合は弱アルカリタイプの粉末洗剤が良いそうです。
また、食べこぼしがひどいときは、油をしっかりと落とす食器用洗剤をつけて揉み込み、そのまま洗濯機に入れて洗濯をすると落ちやすくなるみたいですよ。

・蛍光増白剤☆白さがポイント

出典:photoAC

蛍光増白剤は衣類を白くする作用があります。家庭で洗濯するタオルやワイシャツ、また黄ばんでいるように見える衣料も白くなりやすいので、白さを出したいときは蛍光増白剤入り洗剤がおすすめです。記載は裏面の成分表に記入してあるので、確認してから購入すると良いですね。

・抗菌☆部屋干しには必要な作用

出典:photoAC

「抗菌」洗剤などを買うときに良く目にしたり耳にしたりしますよね。菌の増殖を抑制&阻害、除菌するという意味があるそうです。部屋干ししたときに匂う生乾き臭い、気になって専用の洗濯洗剤を購入する人も多くいますよね。室内では温度や湿度の管理が難しく、洗濯物に残った微量の汚れから、菌の繁殖などによって匂いが発生するんだとか。特に日常から部屋干しがメインの人は抗菌作用がある洗剤を選ぶのが良いようですね。

・柔軟剤☆最近はいっしょにが便利!

出典:photoAC

最近は柔軟剤入りの洗剤も多く出回っています。以前は柔軟剤と洗剤、両方購入していたが、そちらに切り替えしている人も多いんだとか。手間もかからず、節約にもなるようですよ。柔軟剤単独のものと比べると香りは穏やかですが、洗濯物を柔らかくしたい人には良いみたいですね。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE