出典:@r._.k.h._.yさん

Baby&Kids

ベビーカーのハンドルカバーって実はとっても優秀!100均材料でDIYも

赤ちゃんとのお出かけを快適にするグッズとして、多くのママさんたちが頼りにしているベビーカー。荷物が多かったり、赤ちゃんが寝てしまったりしても快適にお出かけができるので、ママのお出かけにはかかせませんよね。そんなベビーカー移動をより快適にするグッズがあるのはのご存知でしょうか。

ベビーカーのハンドルカバーは、ママと赤ちゃんが清潔にベビーカーを使用するためにおすすめのグッズです。また、ベビーカーのカバーには2つの種類があります。
1つ目は、グリップ部分につけるカバーでハンドルカバー、もしくはグリップカバーと呼ばれるものです。
2つ目は、赤ちゃんの前にあるセーフティーバーに装着するカバーで、フロントカバーもしくは、セーフティーカバーと呼ばれています。
この記事では、2つのハンドルカバーについて、その必要性と選び方のポイント、おすすめのハンドルカバーやDIYの方法などを紹介していきます。

■ベビーカーハンドルカバーは必要?

ハンドルカバーって必要なの?と疑問を持つママは少なくはないと思います。筆者もその1人でした。ハンドルカバーがなくともベビーカー自体はきちんと機能してくれますが、ハンドルカバーを利用することで、汚れや日光などのダメージから守ってくれたり、衛生的に使えたりなどさまざまなメリットがあります。
2人目以降の子どもがベビーカーを使用する際には、経年劣化したベビーカーにカバーを装着するだけで新品のように蘇るなんてうれしい使い方もありますよ◎

■ベビーカーハンドルカバーを選ぶポイント

出典:@orangemamaさん

カバー選びのポイントは全部で3つあります。

まずはベビーカーのハンドルまたはセーフティーバーの形状、サイズを確認しましょう。ベビーカーのメーカーや型によって太さや大きさが異なります。お手持ちのベビーカー着用することができるのかどうかを確認するのが、カバー選びの第一歩です。

次に耐久性の確認です。ハンドルは意外と力を入れて握る部分なので、丈夫な生地のものを選びましょう。また、洗濯をしてもすぐにヘタレない素材であることも大切です。

最後に、簡単に取り外すことのできるものを選びましょう。汚れたときにはすぐに洗えますし、装着も簡単にできるのでお出かけ前にバタつくこともありませんよ◎

デザインはシンプルな無地のものから柄物までさまざま!個性的なものを使用すればベビーカーの目印にもなり公共の場でもすぐに目にとまります。ベビーカーのカスタマイズにもなるので選ぶ楽しみも増えますね☆

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]