出典:@ canvas_phraseさん

Lifestyle

クリスマスには感謝のメッセージを!おすすめメッセージ例文をピックアップ

アメリカやイギリスでは11月末から12月25日までにお世話になった家族や友人、恋人にクリスマスカードを送る習慣があります。クリスマスのお祝いと日頃の感謝を込めて届くカードはとても喜ばれます。しかし日本にはクリスマスカードを送る風習がないため実際に何を書いたらいいのか迷いますよね。中学生や高校生など学生はLINEなどでクリスマスメッセージを送る人もいるでしょう。

今回はクリスマスにぴったりなメッセージ例文をいくつかご紹介します。大人向けから子ども向けまでおしゃれでかわいいクリスマスカードもご紹介しますのでぜひチェックしてください。

■クリスマスメッセージを書くポイント2点

出典:photoAC

クリスマスカードのポイントは2つです。このポイントを押さえればクリスマスにぴったりのメッセージになります。

・クリスマスシーズンを意識してメッセージを書く

出典:photoAC

クリスマスカードはクリスマスをお祝いする意味もあります。「Merry Christmas」などクリスマスの挨拶をひと言添えると良いでしょう。日本語なら「よいクリスマスを」などと添えるのもいいです。

・長々と書くのではなく短い言葉で端的に気持ちを伝える

出典:photoAC

あまり長く書いてしまうのではなく短文で伝えるのがおすすめです。例えば「Merry Christmas」のように1文でもしっくりきます。
短い文章でイラストなどを添えるだけでも華やかなクリスマスカードになり、相手も喜びます。

■クリスマスにぴったりのメッセージ例文

出典:photoAC

ここではクリスマスカードに添えたいメッセージの例文をピックアップしました。定番メッセージからパートナー、子ども、目上の人などそれぞれに合わせたものをご紹介します。

・定番はやっぱりクリスマスの挨拶!


クリスマスのメッセージの定番はやはりクリスマスの挨拶!
「Merry Christmas!(メリークリスマス!)素敵なクリスマスを」
アメリカなどではクリスマスといっしょに年末年始の挨拶を添える場合もあります。
「Merry Christmas!&Happy New Year」(メリークリスマス!よいお年をお過ごしください。)
「メリークリスマス!いつもありがとう。来年もよろしくね。」

・パートナーには日頃の感謝を添えて

出典:photoAC

いっしょに過ごしている夫婦、彼氏彼女などパートナーには普段伝えられない感謝の気持ちを添えるときっと喜んでもらえます。
「メリークリスマス!いつもありがとう。これからもたくさんいい思い出を作ろう」
日本語では恥ずかしいと思う人も英語なら挑戦しやすいですよ。
「Merry Christmas!I'm happy to be with you.」
(メリークリスマス!あなたといっしょにいられて私は幸せです。)

・子どもにはサンタさんから届いたという演出も


クリスマスにプレゼントを持ってきてくれるサンタさん。サンタさんからクリスマスカードをもらったら子どもたちも喜びます。
「いい子にはプレゼントをあげよう。メリークリスマス!サンタより」

・目上の人にはクリスマスと年末年始の挨拶をいっしょに添える


目上の人にはクリスマスのお祝いと年末年始の挨拶をいっしょに添えるといいでしょう。
「今年もお世話になりました。ありがとうございました。よいクリスマスを。」
「メリークリスマス!来年も皆様が幸せでありますように。」

・英語なら日本語で伝えにくいことも伝えられる

出典:photoAC

日頃の感謝の気持ちを伝えるとき、日本語だと恥ずかしいと感じるときがありますよね。そのときは英語で伝えるのがおすすめです。英語なら家族、恋人、子ども誰に向けても使えます。
「Merry Christmas!Happy Holidays!」(メリークリスマス!良い休日を!)
「A Merry Christmas.I wish you good luck.」
(メリークリスマス。あなたの幸運をお祈りしています。)

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]