出典:illust AC

Lifestyle

年賀状の書き方をレクチャー!令和初のタイミングでマナーをグレードアップ

「新年あけましておめでとうございます」って本当は間違いなの?「賀正」の賀詞を上司への年賀状に書くのはNG?知らず知らずのうちに間違えてしまっていた年賀状の書き方マナーを、ここでしっかりマスターしましょう。基本を知っていれば、目上の人へも自信を持って新年の挨拶ができますよ。

便利な年賀状テンプレートを利用している人も、一度確認しておくと安心できるはず。年賀状デザインを選ぶ前に、ぜひチェック!

■年賀状の基本の書き方をマスターしよう

出す相手に関わらず、基本の書き方を知ることがまずは重要。宛名面の書き方は年賀状だけでなく、取引先やお客様に出すはがきにも応用できますよ。

・年賀状の顔!宛名面の書き方の基本をマスター

出典:photoAC

本人以外に家族の人などの目にも留まるので、宛名面は特にていねいに書きたいところ。字の美しさだけではなく、マナーを守ってバランス良く仕上がっていることも大切です。各項目の注意事項をチェックしていきましょう。
【相手の住所】
郵便番号の右端2つの下に、都道府県から記載。
マンション名などは、住所より一段下にひと回り小さな文字で書く。
【敬称・肩書】
企業に送る年賀状の場合の書き方は、敬称や肩書の位置がポイントです。
例:○○株式会社 △部御中
  ○○株式会社 △部 部長 □□□様
御中や様をつける箇所に注意しましょう。氏名は郵便番号の大枠3つの中心に書くとバランスがgood!宛名面の中で、最も大きな文字で記載しましょう。
【朱書き】
年賀はがき以外のはがきを使用する際には、朱色の文字で「年賀」と切手の下に記載しておきます。

・年賀状に華をそえる!裏面の書き方をレクチャー

出典:illust AC

年賀状の裏面の基本構成は、賀詞・本文・日付・添え書きの4つ。順番やルールを守り、バランス良く記載しましょう。例のイラストで説明すると、
賀詞:あけましておめでとうございます
本文:皆様の~~~お願い申し上げます
日付:令和二年 元旦
最近では家族の写真を添付する人も多くなりました。写真面を広くしたいからと、基本の4つを省くのはNGです!

■やりがちな失敗!書いてはいけない表現ってあるの?

よく見る年賀状内の表現にも、実は間違いってあるんです。

出典:photoAC

・お祝いにふさわしくない漢字に要注意!

新しい年を迎えた挨拶である年賀状には、忌み言葉と呼ばれる避けた方が良い文字や言葉がいくつかあります。特に注意しておきたいのが、「去年」という表記。去るを意味する去年ではなく、昨年や旧年と書いてくださいね。
他にも、枯れる・滅びる・衰える・失うなどの言葉も避けるようにしましょう。

・めでたくても、賀詞や年号を重複させない

既存のイラストを使っている場合にやってしまいがちなのが、賀詞や年号の重複です。
「謹賀新年」と「賀正」をいっしょに記載してしまったり、「元旦」と「一月一日」を併記してしまったり。元旦そのものに、一月一日という意味があるんです。

・新年明けましておめでとうって実は間違い?

出典:illust AC

「新年明けましておめでとうございます」には、間違い・正解と両方の意見があります。「明ける」という言葉に「年があける」という意味があること、明けるのは旧年だ、といった考えもあるため「新年」とのセット使いは避けておくのが無難。
送る相手の人が間違いと思っていた場合、”常識がない人…”ってもしかしたら思われるかも。

・A HAPPY NEW YEARも実は間違い

文中に書く場合は、「a happy new year」が正しいのですが、挨拶やその文言のみで使う場合は、「HAPPY NEW YEAR」が正解です。クリスマスのときは、「A Merry Christmas」と書きませんよね。それと同じと覚えておきましょう。

■送る相手によって賀詞は使い分けよう

テンプレートの賀詞をデザインだけで選んでいませんか?送る相手によって使い分けるのがベストなんです。

出典:photoAC

・目上の人に出す年賀状には4文字の賀詞を使おう

出典:illust AC

会社の上司やお世話になった先生、お客様などに送る年賀状の賀詞は、4文字が正解。カジュアルすぎる賀詞はNGです。
謹賀新年・恭賀新年・謹賀新春などを使いましょう。

・目下の人へ出す年賀状には2文字や1文字の賀詞を使おう

出典:illust AC

部下や後輩、生徒へ出す年賀状の賀詞は、2文字または1文字を選択しましょう。
2文字:迎春・賀正・新春・慶賀
1文字:寿・賀・福・慶
などがあります。

・親しい人にはカジュアルな賀詞もOK

気心知れた友人や旧友には、カジュアルな賀詞を使っても良いでしょう。
あけましておめでとう・HAPPY NEW YEARなどが使えます。

・誰でも使える賀詞なら、年賀状デザインの準備がひとつでOK

賀詞のなかには間柄にとらわれず、誰にでも使える便利なものがありますよ。
明けましておめでとうございます・新年おめでとうございます・謹んで新年をお祝いします・新春のお慶びを申し上げます
年賀状をひとつのデザインで統一したいなら、これらの賀詞を使いましょう。

■一筆で心がこもる!一言添え書きの例文集

印刷された年賀状をそのまま送る人もいますが、手書きの挨拶文を一言添えるだけで、心のこもった印象の年賀状になりますよ。

出典:photoAC

おすすめの一言添え書き例文を紹介するので、参考にしてくださいね。

・一言添え書き例文~目上の人編~

お世話になった人へ出す年賀状の文例は、ご指導いただいたお礼や今年の抱負などを添えるのがおすすめ。
「本年もご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いします」、「旧年は温かくご指導くださり、ありがとうございました」、「さらなる飛躍の年とするべく、努力して参ります」
また長くお会いしていない方には、近況や体調を気遣う言葉も良いでしょう。
「ご無沙汰していますが、お元気に過ごされていますでしょうか」、「ご指導いただいたおかげで、とうとう係長になれました」

・一言添え書き例文~目下の人編~

部下や後輩へは、期待や日頃の努力をたたえる言葉がおすすめです。
「さらなる成長を期待しています」、「さらなる活躍を期待しています」、「本年もお互い精を出し、がんばりましょう」
新年のお祝いである年賀状では、仕事への注意やネガティブなことは書かないようにしましょう。

・一言添え書き例文~親しい人編~

よく会う友人への年賀状の挨拶文は、カジュアルでもOK。
「今年もいっしょにがんばりましょう」、「今年もたくさん会えるのを楽しみにしています」、「今年も○○へ行きたいですね」
あまり会えない友人には、近況報告も加えてみましょう。
「昨年は長女が生まれました」、「趣味の○○にはまっています」、「なかなか会えませんが、お元気ですか?私はいま△△で元気にやっています」

・一言添え書き例文~誰へでも使える定番編~

年賀状を送る相手を気にせずに使う挨拶文には、お祝いや健康を祈願した言葉がおすすめです。
「楽しいお正月をお過ごしください」、「充実した一年になりますようお祈り申し上げます」、「皆様方のご健勝をお祈りしています」
また感謝を伝えるのも良いでしょう。
「旧年はお世話になりました 本年もよろしくお願いいたします」

■令和初の年賀状は、基本をおさえた書き方で

出典:photoAC

素敵な年賀状も、基本の書き方やマナーができていないと少し残念…。デザインだけでなく、文言にもこだわった年賀状をぜひ作ってみてくださいね。

YUKIMI

2歳差の姉弟ママ。長期休みには、子どもを連れて旅行に行くのが楽しみ。子どもとの思い出をいかに作るか日々模索中。サスペンス系海外ドラマを夜な夜な見ては、怖くて眠れない(笑)
【Instagram】yukimi46914
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!