出典:photoAC

Lifestyle

年賀状を上司に送るときに気をつけたいポイントまとめ。タブーもチェック

年賀状は年頭の挨拶状として重要な役割を果たします。近年はSNSの普及で年賀状のやり取りが減少傾向にありますが、心のこもった年賀状は印象が良く、相手と距離を縮めたい場合におすすめです。上司や目上の方に年賀状で敬意を表すのもビジネスシーンでは重要ではないでしょうか。今回は上司や目上の方に年賀状を送る際に気をつけたいポイントをまとめました。

新入社員で上司に初めて年賀状を送るという方もぜひ参考にしてくださいね。

■上司への年賀状、書き方にルールはあるの?基本構成はどうなっているの?

年賀状を書く際の基本構成を解説します。

出典:photoAC

年賀状を書く際は上司のみでなく恩師、目上の方や知人に送る際も次のような構成を意識して書くとよいでしょう。
*賀詞
*昨年のお礼
*今年もお世話になることへのお願い
*相手の体を思いやるひとことを添える
*自分の氏名
これらの要素を順番に入れて年賀状の本文を記入しましょう。

■上司へ年賀状を送る際に気をつけたい「賀詞」とはどんなもの?

賀詞とは、年頭のお祝いの言葉のこと。文の初めのご挨拶の言葉なので、年賀状全体の印象を決める重要な部分です。ひとことで賀詞といってもバリエーションはさまざま。具体的には次のような言葉や文を記入すると良いでしょう。

出典:photoAC

・目上の人へは4文字の賀詞がスマート


賀詞には4文字熟語のものがあります。例えば「謹賀新年」という言葉はメジャーですね。ほかにも「謹賀新春」「恭賀新年」といった4文字熟語の賀詞があります。シンプルな4文字熟語を使用すると年賀状がスマートにまとまりますよ。

・挨拶文はどのようなものがベスト?


4文字の賀詞を使用しない場合は挨拶文を入れます。「明けましておめでとうございます」「謹んで新年のお慶びを申し上げます」「謹んで初春のお慶びを申し上げます」といった挨拶文は上司や同僚、友人、どのような方にも使える万能な挨拶文です。

・控えるべき言葉や漢字はあるの?

出典:photoAC

「賀正」「迎春」など2文字の言葉は簡略化された挨拶になります。目下の人には使用しても大丈夫ですが、上司へは向きませんので注意が必要です。使用する場合は、家族や友人に送る年賀状と上司や目上の方に送る年賀状を分けて作成すると良いですよ。
また、忌み言葉である「去」「失」「滅」「苦」といった漢字は年賀状では使用しません。

■上司への年賀状にはこんなひとことを。例文を紹介!

賀詞のほかにも、はじめに紹介したように年賀状のマナーとして記載すると良い基本構成があります。それぞれ文例を紹介していきますね。

出典:photoAC

・昨年のお礼の文例


*旧年中は大変お世話になりました
*昨年は温かくご指導くださり 誠にありがとうございました
ポイント:去年の「去」は忌み言葉になるので使用しないよう気をつけましょう。

・今年もお世話になることへのお願いの文例


*本年もよろしくお願い申し上げます
*本年もご指導とご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます
*本年も頑張りますのでお力添えのほどよろしくお願い申し上げます
ポイント:丁寧な文章を心掛けましょう。新年の自分の抱負など、コメントを添えると印象アップになりますよ。

・相手の体を思いやるひとことの文例


*寒さ厳しき折 ご自愛ください
*本年も良い年でありますようにお祈り申し上げます
*〇〇様のご健康をお祈りいたします
ポイント:目上の方にはひとこと相手を気遣う言葉を入れるとスマートです。

■上司へ年賀状を書く際に気をつけたいその他のマナー

相手に失礼にならないよう気をつけるべき年賀状のマナーを紹介します。

出典:photoAC

・色ペンは使用しない


手書きの場合、色ペンは失礼になります。特にグレーはお葬式を連想させるので避けましょう。上司や目上の方に送る年賀状は黒のボールペン、可能であれば筆書き(筆ペン)で。美しい文字で年賀状を書くと一目置かれる存在になりますよ。

・年賀状は縦書きが正式


近年は横書きの年賀状も増えていますが、あらたまった相手への年賀状は縦書きが正式です。筆書きの場合は必ず縦書きで書きましょう。

・年賀状に句読点はつけません


年賀状は筆で書かれていた時代の名残もあり、句読点はつけません。「句読点で区切りをつけない」という考え方もあるそうです。

・自宅へ送る場合は〇〇様、会社へ送る場合は役職名を


年賀はがきを目上の方に送る場合は宛名の書き方にもマナーがあります。上司のフルネームに「様」をつけますが、もし会社へ送る場合は会社名部署名と役職名も記載しましょう。
□□会社△△部
部長〇〇〇〇様
といった書き方が一般的です。〇〇〇〇部長様といった書き方はしませんので注意しましょう!上司へ手紙を出す際も同じルールです。

・年賀状は1月1日に届くように配慮をしましょう

出典:photoAC

年賀状は元旦に届くように気をつけましょう。2019年のクリスマスまでを目安に投函すると2020年元旦に届きます。年末は忙しい時期ですが目上の方へ年賀状を送る場合は投函のタイミングには特に気をつけておきましょう。
万が一、年賀状を書いていない上司や目上の方から年賀状が届いたら、すぐに返信の年賀状を書くのがマナーです。

■上司への年賀状は早めに準備を!マナー美人を目指しましょう

出典:photoAC

目上の方へ年賀状を送る場合は失礼がないように年賀状の内容とタイミングに気をつけて送りましょう。年賀状を目上の方に送る場合は、旧年中の感謝の気持ちも忘れずに。マナーを心得た年賀状で上司から一目置かれる存在を目指したいですね♡

kimmy

やんちゃボーイズ2人のママです。
転勤族妻。営業、事務、秘書の仕事をしていた経験あり。私自身も転勤がある仕事をしていたので今までの引越し回数は10回以上!
休日に夫が作ったご飯と美味しいお酒でカンパイするのが楽しみです。
子どもと一緒にてんやわんやの日々ですが、自分のケアもキチンと!女子力を忘れずに、が最近のテーマです。
【Instagram】kimmy_sasa_mii
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!