出典:photoAC

Lifestyle

忘年会の意味や目的とは?忘年会を盛り上げるおすすめの余興もご紹介

夏も終わり、今年も下半期に差し掛かると、そろそろ忘年会の予定を考える時期になってきますよね。忘年会と言えば、日本では年末の恒例行事。同僚や気の置けない仲間たちと一年を振り返りながら楽しく盛り上がりたいものですね!
今回は、忘年会の意味や目的、おすすめの余興もご紹介!今年は幹事になりそう…そんな人にも要チェックの内容です。

何気なく“忘年会”という言葉を使っていますが、そもそも忘年会の意味や起源を知っていますか?まずは忘年会の本来の意味についてご説明します。

■忘年会の本来の意味とはなに?

“忘年会”という言葉は、鎌倉時代に行われていた“年忘れ”という行事に由来します。当時の年忘れは、貴族や武士が集まって連歌を読みあう厳かな年中行事。現在のようにワイワイと盛り上がる飲み会ではなかったようです。
江戸時代にはその風習も変わり、庶民が“一年の苦労をねぎらう会”として反省の意味を込めて杯(さかずき)を交わしていたようですが、まだ恒例行事ではなかったのだとか。一方で武士階級は、忘年会ではなく“年初めに新たな気持ちで忠誠を誓う会”として“新年会”を行っていたようです。

■年末にかけて開催される忘年会はいつから始まった?

出典:photoAC

忘年会が現在のような年末の恒例行事になったのは明治時代。夏目漱石の「吾輩は猫である」という有名な小説に初めて“忘年会”という言葉が登場しました。この頃には、年末に実家へ帰省しない学生たちやボーナスを得た官僚たちが、一年の締めくくりにお酒を飲みに行っていたことから忘年会として定着していったようです。
忘年会があっても年度末に“忘年度会”がないのは、そのような昔の名残りがあるからかもしれませんね!

■日本では恒例行事の忘年会、英語圏にもあるの?

出典:photoAC

忘年会は日本特有の行事であり、アメリカやイギリスなどの英語圏にはありません。そのため忘年会を意味する類語もなく、英語で表現するなら“year-end party(イヤーエンドパーティー)”や“end-of-year party(エンドオブイヤーパーティー)と訳すのがふさわしいようです。

■いまさら聞けない!忘年会の目的とはなに?

忘年会の本来の目的とはなんなのでしょうか?会社の忘年会、友だちとの忘年会、それぞれの目的を確認しておきましょう。

・会社の忘年会の目的は?

出典:photoAC

会社が忘年会をする目的は主に2つあります。1つ目は“社員を慰労するのが目的の忘年会”、2つ目は“接待としての忘年会”です。

【社員を慰労することが目的の忘年会】
会社で働く社員の一年間の苦労をねぎらうことが主な目的です。部署ごとや課ごとに行われ、会社から補助金が出る場合もあるような正式な会がこれにあたります。納会を兼ねて行われる場合もあるようですよ。

【接待としての忘年会】
会社の取引先を接待し、今年のおつき合いに対するお礼と、来年の良好な関係を築くための挨拶をすることが目的です。特に取引先との関わりの多い営業職は、このような忘年会で忙しい時期でもあるようですね。

・友だちや仲間との忘年会の目的は?

出典:photoAC

一年の反省の意味を持つ忘年会ですが、友だちや仲間うちで行う場合は、もっと気軽な意味合いが強いでしょう。仲良しグループでの“一年お疲れ様会”であったり、年末帰省してきた旧友と“お久しぶり会”といった目的で、忘年会という名目で行っている場合が多いかもしれませんね!

■忘年会を行うのに適した時期とは

出典:photoAC

忘年会をする時期はいつ頃が良いのでしょうか。一般的には11月下旬~12月下旬が忘年会シーズンと言われおり、多くの会社が12月中旬に行っているようです。一年の締めくくりには12月下旬の方が適しているように思われますが、年末休みに差し掛かり業務が立て込む時期でもあることから避けられる傾向にあります。
まずは会社や個人の予定を最優先し、みんなが無理のない日程で調整しましょう。もし幹事になったのなら会場も大切ですよね。特に数十人規模の忘年会の場合は、大きな会場がすぐに予約で埋まってしまうため、開催することが決まっていたら10月にはお店選びをしておくと安心ですね。

■忘年会におすすめの余興をご紹介

出典:photoAC

会社での忘年会の目的は社員を慰労すること。働く社員が一年を忘れて楽しく過ごせる会にするために、余興についてもチェックしておきましょう。幹事さんはぜひ参考にして下さいね!

【定番の余興☆ビンゴゲームにアレンジを加えて】

出典:photoAC

ルールが簡単で、誰でも参加できるビンゴゲームは、やはり忘年会の余興の定番。定番なだけに“またビンゴか…”と飽きの声も少なくありませんよね。そんな声が聞こえないよう、ルールを変えるなどアレンジを加えてみましょう!
例えば、ビンゴの数字をルーレットではなく、会社にちなんだ数字をクイズ形式で発表すれば共通の話題も生まれますよね。ビンゴゲームで勝者が決まったあとに、特別賞を用意したりするのも◎一度だけでなく二度楽しめるビンゴゲームにすると盛り上がること間違いありません♡

【ジェスチャーゲームで賑やかに☆】
チーム対抗で、司会者が出すお題に合わせてチームの1人がジェスチャーを行います。お題を知らないチームのメンバーは、ジェスチャーを見ながらお題を当て、時間内で最も多くのお題をクリアしたチームが優勝です。
ジェスチャーの身振り素振りが面白く、普段見ることのできないユーモラスな姿に大盛り上がりとなるでしょう!恥を捨てて思いっきりやることが盛り上がるポイントですよ♡

【余興の景品におすすめなもの】
会社の忘年会なら少し高級なものがおすすめ。食べ物では、特に高級な肉や新鮮な魚介類、旬の果物、珍しい缶詰などのセットなども良さそうですね。食べ物以外では、コードレス掃除機や温冷風扇などの家電も人気です。
いずれも現物を当日会場に持ってくるのは難しいので、後日届けてくれるサービスもあるそう。スマートフォンやパソコンから選んで注文できるギフトカードもあるので、荷物にならずおすすめです。

■忘年会は一年を振り返って新しい気持ちで新年を迎えて

出典:photoAC

忘年会は大人になると当たり前のように行われる行事。その起源は意外にも古く、今とは全く異なるものでしたね。忘年会の目的や意味をることで、出席する皆が気持ちよく新年を迎えられるよう率先して忘年会計画を立ててみても良いかもしれませんね♡

hinataka

お菓子とパンをこよなく愛する育児中のママです。食に携わる仕事を経て、独学で製菓衛生士免許を取得。現在は6歳と3歳の兄妹の育児に奮闘しながらも、自己流のお菓子作りを楽しんでいます。
【Instagram】harenohi_117
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]