出典:photoAC

Lifestyle

海外旅行で必要なものは?持ってて良かったアイテムはこれ

海外旅行は国内旅行とは違い、必要なものが多くなりがち。住み慣れた日本とは文化も環境もまったく異なるため、事前にリサーチをした上できちんと準備をして行かないと、ときにはトラブルに繋がることも!旅を100%楽しむためにも、必需品や持っていくと安心なものなどをしっかり用意して海外旅行に出かけたいですよね。今回はそんな海外旅行に必要なものや、あると便利なものを調べてまとめてきました。

海外旅行と一口に言っても、向かう国によって必要なものは千差万別!まずは、どこの国に行くとしても必ず必要になるアイテムについて抑えていきましょう。

■海外旅行で必要なもの<共通>

出典:photoAC

まずは海外旅行で必須な持ち物についてチェック!

・貴重品類は肌身離さず持ち歩こう


航空券、財布、パスポート、証明書類、荷物や宿泊場所の鍵などの貴重品類は、肌見放さずしっかりと持っておけるように工夫しましょう。日本では持ち歩いているけど、旅行先で使わないと思われるようなもの(余分なキャッシュカード、通帳、免許証)は、紛失するリスクがあるため自宅に置いて行くのもおすすめです。
パスポートや海外旅行保険証などの重要なものは、カラーコピーを原本とは別の場所に保管し、万が一の紛失や盗難に備えておきましょう。財布には旅先の通貨と、日本円も用意して。これらの貴重品は小さなウエストバッグなどに入れて、携帯しましょう。

・電子機器は充電もチェック!

出典:photoAC

旅行の必需品、電子機器。スマートフォンやタブレットは情報検索や翻訳アプリ、デジカメ類は記録にも必須アイテムですよね。気になるのはそういった電子機器の充電に関して!
行先によって変圧器や変換プラグが必要になるため、必ずその国に対応した種類を持参しましょう。また、充電もこまめにできないかもしれないので、大容量のモバイルバッテリーがある方が安心です。
デジカメは、容量がいっぱいにならないように予備のメモリーカードも持っておくと心置きなく撮影できますね。場所によってはWi-Fiが思うように使えないことも予想されるので、有料で使えるレンタルWi-Fiもインターネット環境を整えるためには必須です。

・カバン類はセキュリティー面も考慮して

出典:photoAC

一泊二日ほどの国内旅行とは異なり、海外旅行ともなれば荷物はそれなりに大きく重くなりがちです。容量が大きく、本体が軽量かつ頑丈なトランクを準備しましょう。
デザインやカラーセレクトもさまざまなものがあり、キャスターの動きなどチェックするためにも店舗で実物をさわって使い心地を確かめてみてください。
また、トランクの付属品であるトランクベルトやワイヤーロックなど、セキュリティー面も抜かり無く準備することが大切。メインのトランクとは別に、飛行機内や現地で持ち歩く用のリュックやバッグなどもなるべく軽量のものを選ぶと良いですよ。
口が開きっぱなしにならず、閉められるジッパー式のバッグが盗難対策としてもおすすめです。お土産やちょっとした物入れに、エコバッグやビニール袋を持参するのも忘れずに。

・日用品はいつものものを使えるように


旅先で日用品を手に入れようと思っても、日本で使い慣れているものとは仕様が違ってしっくりこないという場合も。歯磨き粉や歯ブラシ、ボディソープ、シャンプー、コンディショナー、化粧水やメイク道具などのケア用品系は、現地のものでは成分が日本人に合わないこともあるので持参したほうが無難です。
また、タオルも宿泊先に備えついていない可能性があるため、数枚は持っていきましょう。

・衣類は着慣れたものを


おしゃれな女子にとっては旅先でのコーデも気を抜きたくない部分かもしれません。しかし、衣類は最もかさ張るアイテムなので、あれもこれもと持っていっては荷物がいつの間にかとんでもないことになってしまいます。
なるべく最小限にするよう工夫しましょう。余計なアウターや靴、小物類などは省き、着慣れたものを。
また、ルームウェアとしても外出用としても着られるシンプルウェアがあれば、パジャマ代わりにも重宝します。日差しの強い国ではサングラス、寒い国では防寒着と行先によって吟味してくださいね。

■海外旅行で必要なもの<季節別>

ここでは季節別に海外旅行で必要な持ち物をチェック!

・<夏>水着

出典:@isletpear_bikiniさん

行き先で海や川で遊ぶ場合や、ホテルにスパやサウナがある場合には水着を持参しましょう。旅先での開放感で、ちょっぴり大胆なデザインをセレクトするのもありかも?

・<冬>防寒具

出典:photoAC

海外は日本の気温や湿度とはまったく異なる環境の場合が多いです。天候についても事前に調べて、気温の低い国であれば防寒具をしっかりと用意しましょう。軽くて小さく畳める『UNIQLO(ユニクロ)』の「ウルトラライトダウンジャケット」のように、持ち歩きに便利なアウターを持っていれば調節もしやすいです。

■海外旅行で必要なもの<韓国編>

出典:photoAC

日本から非常に近く、気軽に行ける海外として人気の韓国。春の韓国は、PM2.5や黄砂で慣れない空気に体調を崩す可能性もあります。自分に合ったマスクを持参しましょう。また、冬は気温がマイナス20度近くまで下がることもあるため防寒具を準備して。

■海外旅行で必要なもの<台湾編>

出典:photoAC

台湾は日本以上に日差しが強く、気温も暑いことが多いです。日焼け止めやサングラス、日傘など、紫外線対策に力を入れるとなお快適に過ごせるでしょう。
また、台湾の人々には日本のお菓子が大人気。チョコレートをプレゼントするととっても喜ばれるので気軽なお土産として持参してみても◎

■海外旅行で必要なもの<タイ編>

出典:photoAC

タイは年間を通して最高気温は30度以上と非常に蒸し暑い国です。着替えなど基本的な服装は夏服や薄手の衣類で大丈夫。ですが、寺院に観光に行く場合は肌の露出が禁じられている場所もあります。ショートパンツやノースリーブ意外にも、肌を隠せる服装を用意して行きましょう。

■海外旅行で必要なもの<ハワイ編>

出典:@isletpear_bikiniさん

ハワイは暑いから薄着で大丈夫!と思いがちですが、暑い国だからこそ、移動中のバスやホテル、レストランなどの施設内は驚くほどキンキンに冷房が効いていることが多いです。
日本人女性にとっては凍えるほど寒い!という場合も少なくないため、必ずカーディガンやパーカーなどの羽織りを持ち歩きましょう。また、ビーチレジャーや汗で洗濯も増えるためバッグ型の洗濯ネットが複数あるとそのままランドリーに入れられて便利ですよ。

■海外旅行で必要なもの<アメリカ編>

出典:photoAC

アメリカといえばニューヨークやロサンゼルスなどの大都市のイメージが強いかも知れません。しかし、一口にアメリカといっても広大なので、衣類や持ち物は旅の目的地に合わせて考えましょう。
女性が持っておくと便利なものとしては、ゆるめのレギンス。長めのワンピースと合わせて部屋着兼ちょっとした街歩き着として持っていくと使い回しが効きます。

■海外旅行で必要なもの<ヨーロッパ編>

出典:photoAC

イタリア、フランス、地中海、北欧などをはじめ、美しい街並みや自然、文化、グルメなど魅力がたくさんのヨーロッパ。ヨーロッパは乾燥が強い場所が多く、滞在中に肌や髪のバランスを崩しやすくなります。
そうなっても、日本で販売しているような便利なケア用品はなかなか手に入りません。化粧水、乳液、シャンプー、コンディショナーなどのほか、全身の保湿をしっかりとするための美容オイルを持参するとヨーロッパでも快適に過ごせます。

■海外旅行に持っていくと便利なもの

出典:photoAC

海外と日本の違いを痛感するのがトイレやお風呂などの水回り事情!特にウォシュレットは完備しているところは少ないと思われます。無いと嫌!と思う人は携帯ウォシュレットというアイテムをチェックしてみても良いかも。
また、きれい好きの日本人に必須なのはアルコール除菌ウェットティッシュ。多めに持っておけば、手や口などの他、ちょっとしたところを拭くのにも役立ちますよ。

■海外旅行の持ち物は、必需品とあれば便利なもので分けて考えよう!

海外旅行で必要なものについて解説しました。普段使い慣れたものや生活必需品を厳選して、なるべく荷物が重くならないようパッキングするのも旅の醍醐味!
また、あったら便利だけど必須ではないものや現地調達で済みそうなものと項目を分けたリストをエクセルなどで一覧に。順番にチェックしていくことで抜けがなくなりますよ。しっかり見直して、忘れ物のない快適な旅行を楽しみましょう。

musubi

車と音楽を愛する2歳男子を育児中。アート鑑賞が趣味で、観たい展示の為なら国内どこにでも飛んでいきます!いかにストレスフリーで過ごせるかが人生のテーマ。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!