出典:@kurumihigashiさん

Fashion

M-65モッズコートで秋冬コーデ!レディースにおすすめの着こなしは?

M-65モッズコートとは、アメリカ軍(地上軍)の1965年型の被服デザインをモデルとした衣料、もしくは被服そのもののことを言います。特に秋冬シーズンは、毎年M-65を使ったコーデが人気です。男くさいイメージもあるミリタリーアイテムですが、かわいく着こなすコツをおさえれば女性でもおしゃれに着こなすことができますよ。

今回はM-65モッズコートのレディースコーデについて紹介していきます!

■M-65 モッズコートの選び方

出典:@____501501____さん

M-65は元々モッズコートではなく、フィールドジャケットという種類のものです。しかしファッションアイテムとしてミリタリー衣料が多様化していく中で、M-65型をベースとしたモッズコートなどのアイテムもアパレル業界で認知される存在となったと言えます。
特徴としては別売りのフード、ライナーがついており、装着することで防寒性に優れた仕様にし使うことができます。それぞれ取り外してジャケットとしても使えます。

後ろ側の裾の中央が分かれた形状を〝フィッシュテール〞と言い、M-65やその前身となるM-51被服の特徴のひとつです。M-65型のセカンドモデルは初期モデルにはなかった肩のエポレットがついており、通称〝アルミジップ〞と呼ばれています。
当時の被服がデッドストックで残されており、古着屋などに並ぶ場合もありますが、中にはレプリカも含まれています。軍納入されたものには判断材料として確実なナンバーが記載されているので、本物がほしいという場合にはタグやナンバーを確認する必要があるでしょう。

ミリタリーの聖地と名高い上野・アメ横の「中田商店」は、ミリタリー通で知らない人はいないほどの名店なので、気になる人はチェックしてみては?
デザインそのものが好きという人は、M-65をベースとしたデザインのアウターもさまざまなブランドで展開されているので、そちらをチェックするのもおすすめです。

・基本はオーバーサイズ!M-65のサイズ感

出典:@ trs_mgさん

M-65型のジャケットは、米軍モノという特性上サイズは大きめに作られています。女性が着用する場合はメンズライクなコーデにぴったりですね。また、甘めコーデに取り入れることで甘すぎずまとめることもできます。
しかしながらM-65は米軍仕様なので、XSサイズであっても大きいと感じる人が多いと思います。細身の人や背の低い女性が着ると、オーバーサイズすぎて着られないことも。
自分の体型に合ったぴったりのサイズ感のものが着たい、インポートのものはサイズが合わないという人は、M-65をベースに身頃や丈感を小さめに作られたデザインのものを探しましょう。
タイトなデザインのM-65は、とてもスタイリッシュに着こなすことができますよ。

・M-65モッズコートの重量は?

出典:@zuccaro_japan_kouenjiさん

M-65型ジャケットは綿とナイロンの混紡の生地で作られています。本体には暖かいフードと中につけるライナーをつけることができ、フルセットで装備すれば極寒の冬でも耐えうる防寒アウターとなります。
ライナーはそれ以前のウールパイル素材のものから、M-65では軽めの中綿入りのものに変わっているため、装着しても全体の重量はさほど重くはなりません。ですが現在アパレル業界で流通している軽い素材のアウターと比べるとシェル(本体)自体の重量がそこそこあるため、できれば一度着てみて重量を確認してから購入すると良いでしょう。

■M-65 モッズコートの着こなしのポイント

出典:@zuccaro_japan_kouenjiさん

M-65のモッズコートはミリタリーウェアなので組み合わせによっては無骨な印象になってしまったり、野暮ったく見えてしまったりという難点があります。
しかしミリタリー要素のあるアイテムは他に取り入れない、上品なアイテムといっしょにコーデするなどの工夫をすれば、レディースでもおしゃれな着こなしができますよ。

Recommend

世界に一つ!家族の手形が残せる『ファミリーハンドプリント・フレーム』で記念アートに挑戦!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]