出典:@ntr_128さん

Lifestyle

【東京】ひと皿で2倍おいしい!あいがけカレーの人気店5選

ひとつの器に複数の種類のカレーを盛りつける〝あいがけカレー〟は、カレー専門店などでもおなじみの人気メニュー。別々の具材やルウを組み合わせたり、辛さ違いを組み合わせたりと、自分好みにアレンジできる楽しみもあり、コスパの高いメニューですよね。個性的な映える見た目もあって、今、じわじわと人気が高まっています。今回は、東京で人気のあいがけカレーの名店をご紹介します!

■さわやかなレモンの香りがカレーに合う♡「Spice Hut」

出典:@alice1059sunshineさん

新宿三丁目にある「星男食堂」の店内に、平日のランチタイムだけオープンする間借りカレー店「Spice Hut(スパイスハット)」。数々の個性的なスパイスカレーは、2種盛りメニューにもできます。こちらの写真は夏限定のレモンピールが入っていて、ほおばるとスウッとレモンの香りが漂う「レモン香るチキンカレー」に、@alice1059sunshineさんは、週替わりの「タマリンドフィッシュカレー」といっしょにいただいたそうですよ。メタリックな器をきっちり3分割した、映えるビジュアルも見逃せません!

■満席必至!カウンター席のみの小店「piwang」

出典:@yusuke_elecatさん

吉祥寺・ハーモニカ横丁にある「piwang(ピワン)」は、カウンター5席の小さなお店。メニューは「チキンカレー」と日替わりの「今日のカレー」の2種類で、もちろん2種盛りもOK!直線的なライスの両脇に盛られたカレーは、スパイスの旨味と刺激がじんわりと胃袋を刺激する本格派。レイアウトといいカラーリングといい、並々ならぬセンスが伺えます。3人以上の同時入店はできないので、1人でひっそりと、もしくは大切な人と2人で行きましょう!

■宇宙的な盛りつけに目が離せない!「カレーの惑星」

出典:@ntr_128さん

下北沢の商店街の一角にある、「カレーの惑星」は多国籍カレーの店。豊富なスパイスを使った手作りの日替わりカレー4種類の中から、2種盛りを選ぶことができます。カラフルな野菜や花(エディブルフラワー)などをちりばめた美しい盛りつけは、もはやアートの域!カレーは日替わりでいろいろな種類が登場し、60種以上のバリエーションがあるとか。かつてカメラ店だった外観をそのまま生かした、不思議なたたずまいの外観も話題になっています。

■ぜいたくなコンビカレーが人気!「CURRY UP中目黒店」

出典:@dai.sekineさん

中目黒、新宿ルミネ、北参道に3店舗展開しているカレー専門店「CURRY UP(カリーアップ)」。クリーミーな「バターチキンカレー」や、奥深い辛さのある「キーマカレー」など、多くのカレーの中から2品が選べるボリュームたっぷりの「コンビネーションカレー」が人気です。細長い器にきっちりと分割して盛られた様子がフォトジェニックですね。

■珍しいサメカレーが食べられる「コザブロ」。淡白でヘルシーな味わい♡

出典:@piyo0816さん

本駒込にある「SPICE BAR(スパイスバル) コザブロ」は、スパイス多めの刺激的なカレーが味わえるお店。好みのカレーを2種盛りにできるのですが、中でも特に人気なのが「サメのカレー」。サメはインドではごく一般的な食材で、脂肪分が少なくヘルシーなのだそうです。コザブロでは、レモングラスやコブミカンの葉を添えて、タイ風にアレンジ。インドとアジアのコラボも楽しめますよ。

■あいがけカレーなら、見た目も味も大満足

フォトジェニックでボリューム満点な、あいがけカレー。どれかひとつなんて選べない!という人だけでなく、異質なカレーのハーモニーを楽しみたいカレーLOVEな人にもおすすめですよ。

cacao

男の子2人のママ。本やマンガ、時短家事とプチプラインテリア雑貨が大好き!仕事と子育ての合間を縫って映画館や美術館に出没中。ママたちがほっとひと息つける情報を発信します♡
【Instagram】kiracac
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!