出典:@ chisandayo221さん

Lifestyle

洗濯機人気2019年決定版!種類や選び方、おすすめ洗濯機をご紹介

毎日使う家電製品のひとつである洗濯機。家電量販店に行くとたくさんの洗濯機が並んでおり、いざ購入に踏み切ろうともどれが良いのか迷ってしまいますよね。洗濯機とひとくちに行っても縦型タイプのものやドラムタイプのものまであり、それぞれにメリットデメリットがあります。そこで今回は、洗濯機の基本知識から、選ぶ際のポイント、さらに人気な商品までドドンとお届けします。

便利機能など目からうろこなお役立ち情報盛りだくさんです。

■洗濯機の種類とそれぞれのメリットとデメリット

まずは、各種類の良し悪しをご紹介します。

・縦型タイプのメリットとデメリット

出典:photoAC

【メリット】
たくさんの水を溜めて洗うので洗剤の泡立ちが良く、洗浄能力が高い
洗濯物同士をこするように洗うので汚れ落ちが良い
ドラムタイプの洗濯機より安いものが多い

【デメリット】
衣類などのからみや傷みがドラムタイプより多い
乾燥機能を使っても乾燥しきらないことがある

・ドラムタイプのメリットとデメリット

出典:photoAC

【メリット】
使用する水が縦型タイプのものより大幅に少ない
少量の水で洗濯するので洗剤の濃度が高く皮脂汚れに強い
乾燥機能を使ったとき、衣類が空気にふれやすいので乾燥が早い

【デメリット】
縦型タイプのものと比べると洗浄能力が劣る
水量が少ないので色移りしやすい

■洗濯機の上手な選び方とは?

出典:photoAC

次は、洗濯機の選び方についてご紹介します。

・設置場所に入るかどうか

せっかく洗濯機を買っても置きたい場所に入らなければ意味がありません。縦横の長さはもちろんですが、実は見落としがちなのが高さ。サイズを測っておいて損はないのでしっかり測ってくことをおすすめします。

・洗濯容量もチェック


出典:photoAC

一人暮らしにも関わらず大容量な洗濯機があっても無駄ですし、ファミリーで小型サイズの洗濯機を持っていても1日の洗濯機を回す回数が増えてしまいます。1日の洗濯物の量は1人1.5㎏ほどといわれています。そこに、タオルやシーツなどを洗うことを考えて、使う人数×1.5+1を計算し、その数字の容量の洗濯機を選びましょう。
(例)6人家族の場合…6×1.5+1=10となるので6人家族の場合は洗濯容量が10㎏の洗濯機が良いということになります。

・縦型タイプorドラムタイプ

先程ご紹介しましたが、洗濯機には縦型タイプのものとドラムタイプのものがあります。それぞれのメリットとデメリットを参考に、自分の家にはどっちのタイプの洗濯機が合うのが照らし合わせてみてくださいね。

・その他便利機能もしっかりチェック

出典:photoAC

洗濯機にはそれぞれ機能が搭載されています。乾燥機能がついているものや、洗剤、柔軟剤の自動投入機能がついているもの、タイマー機能や、温水洗浄機能がついているものまでさまざまです。

■人気の洗濯機を5つご紹介!

最後は家電芸人もおすすめする、2019年人気洗濯機ランキング上位の商品をご紹介します。

・温水洗浄で洗浄力アップ!パナソニックの洗濯機

出典:@ jolysugarさん

『Panasonic(パナソニック)』の洗濯機の特徴は”泡洗浄”。洗剤ケースの中で洗剤を泡立て給水時に泡立てた洗剤を投入!そうすることで、かくはんさせて洗剤を泡立てるより汚れを素早く落としてくれます。そしてこの洗濯機ならではの機能が”温水洗浄”。洗剤の中にある酵素が活性化すると言われている温度で洗濯してくれるので洗浄力をさらに高めてくれるんです。

・高濃度の洗剤でしっかり洗濯!日立の洗濯機

出典:@ meyuka29さん

『HITACHI(日立)』の「ビートウォッシュ」シリーズの洗濯機です。この洗濯機の特徴は高濃度な洗剤をシャワーのようにして衣類に浸透させ、”もみ洗い””たたき洗い””押し洗い”でキレイにしてくれること。しっかり洗ったら、たっぷりの水で洗剤を落とします。使う水の量は標準の量に比べると多めですが、たくさんの水で洗剤を落とすことで、洗剤残りによる肌荒れなどを防ぐことができますよ。

・洗剤、柔軟剤の自動投入機能で洗濯楽チン♡パナソニックの洗濯機

出典:@ chisandayo221さん

このパナソニックの洗濯機の特徴は洗剤と柔軟剤の自動投入機能が備わっていること。ケースに洗剤、柔軟剤を入れておけば、洗濯物を入れてボタンを押して終わり!残量が少なくなったらマークでお知らせしてくれるので分かりやすいですよ。洗濯物の量にあった洗剤の量を自動で投入してくれるので、少なすぎたり多すぎたりという心配がありません。また、携帯と連携しておけば、外出先やリビングなどからリモート操作も可能です。

・水道水に圧力をかけて繊細な泡で洗濯してくれる東芝の洗濯機

出典:@ okka_sr400さん

『TOSHIBA(東芝)』の「ZABOON(ザブーン)」シリーズの洗濯機の特徴は左右非対称な水流を作り出し、衣類を大きく動かしながら洗うことです。また、水道水に圧力をかけ「ウルトラファインバブル水」を生成。またそのウルトラファインバブル水で作った繊細な泡と、繊細な水で衣類の奥に入り込んだ汚れまでも洗い落してくれます。また、振動や騒音が小さい構造になっているのがうれしいポイント。

・自動お手入れ機能でフィルター掃除が週1でOK!シャープの洗濯機

出典:@ mai.orange さん

この『SHARP(シャープ)』の洗濯機は見た目のスタイリッシュさが印象的です。特徴としてはスマホとの連動ができることと、フィルターの自動お手入れ機能が備わっていること。毎回しなくてはならないフィルター掃除も週1で良いとされています。毎日家事や育児に追われている主婦やママにとってはありがたい機能ですね。

今紹介した洗濯機は家電量販店はもちろん、「楽天市場」や「Amazon」などの通販サイトでも購入可能です。大きな金額なのでポイントもたくさんゲットできちゃいますよ♡

■なかなか替えることのない洗濯機はしっかり吟味して選ぼう

5つのおすすめ洗濯機をご紹介しました。どのメーカーのものも機能や洗浄能力、魅力ポイントは異なります。各家庭のライフスタイルにあった洗濯機が見つかるといいですね♡

ちい

3歳差兄妹のママ♡
週末に子どもたちと出かけるのを楽しみに毎日仕事頑張っています(笑)
【Instagram】chi.79sw
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]