出典:photoAC

Baby&Kids

チャイルドシート着用は義務!いつまで着用で例外はあるの?

チャイルドシートを子どもが嫌がり、着用に苦戦しているママも多いことでしょう。時間のないタイミングでチャイルドシートに乗らないと泣かれると、本当に困ってしまいますね。子どもの命を守るためには必要なものですが、チャイルドシートは一体いつまで必要なんでしょうか?バスやタクシーに乗るときは着用しなくていいのはなぜなんでしょう?

そんなチャイルドシートのいろいろな疑問を解決していきましょう。

■チャイルドシートの着用義務いつからはいつまで?

出典:photoAC

チャイルドシートって何歳から何歳まで必要なんでしょうか?詳しく見ていきましょう。

・チャイルドシートの着用義務は生まれてから6歳未満

出典:photoAC

チャイルドシートは、新生児から着用義務があります。無事出産し退院するタイミングで、生後すぐの新生児をチャイルドシートに乗せるのはなんとなく怖いと思われるかもしれません。でも、チャイルドシートの規格は新生児からOKのものが多数あり、しっかり赤ちゃんを守ってくれます。事故にあったときのことを考えれば、新生児でもチャイルドシートに乗せてあげるのが安心ですよ。

チャイルドシートの着用義務は6歳未満(5歳まで)になります。チャイルドシートの規格によっては、4歳までのものや7歳まで使えるものもありますので、兄弟構成や今後の出産予定などを考えて購入しましょう。

・チャイルドシートは道路交通法によって義務化されている


チャイルドシートの着用義務については道路交通法第71条の3第3項に、「自動車の運転者は、幼児用補助装置(幼児を乗車させる際座席ベルトに代わる機能を果たさせるため座席に固定して用いる補助装置であつて、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定に適合し、かつ、幼児の発育の程度に応じた形状を有するものをいう。)を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。」と定められています。
幼児用補助装置とはチャイルドシートのことです。このようにチャイルドシートの着用ができていない幼児を乗せて車を運転することは禁じられています。

■もし義務違反してしまったら!?子どもの命はひとつしかない

出典:photoAC

もしチャイルドシートの着用ができていない状態で、車を発進させたらどうなるんでしょうか?

・命の危険も!子どもを危ない目に合わせることに


チャイルドシートを使わない状態で事故が起きた場合、子どもが亡くなる確率をご存じでしょうか?なんと、きちんと着用している場合の約13.4倍になります。
実際の事故例を見ると、事故の衝撃で子どもがガラスを突き破って車外に放り出されたり、抱っこしている人とフロントパネルや座席との間に挟まれ圧迫死するというケースがあるようです。シャイルドシートが義務化されている背景には、子どもの事故死を防ぐという大きな目的があります。抱っこしているから大丈夫とは絶対に思わないようにしましょう。

・違反のため罰則あり!交通違反の点数加点をもらうことに

出典:photoAC

チャイルドシートに子どもを乗せていなかった場合、幼児用補助装置使用義務違反になり、違反点数1点の罰則が科されます。罰金や懲役刑などはありませんが、もし事故が起きた場合のことを考えれば、それ以上の不幸が訪れることは簡単に想像できますね。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]