出典:photoAC 

Baby&Kids

バウンサーが新生児から使えて便利!ママを助ける救世主

ゆらゆらと心地良い揺れで赤ちゃんを安心させてくれるバウンサー。お座り前の赤ちゃんから使用可能で、多くのママたちが便利アイテムとして使用しています。
お母さんが忙しくて抱っこしてあげられないときも、バウンサーに乗せていればご機嫌!という赤ちゃんも多いようです。小さな赤ちゃんがいる家庭なら、一度はバウンサーについて知っておきたいですよね。

今回は新生児から使用できるバウンサーも紹介しますよ☆

Recommend





「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?



■新生児ってバウンサーに乗せてOKなの?

出典:photoAC 

バウンサーを使用できる時期はいつからいつまでなのでしょうか?

・商品によって使用時期もいろいろ!

出典:photoAC 

バウンサーはメーカーによって使用時期が異なっています。新生児期から使用可能なものもあれば、生後1~3カ月以降から使用可能なものも。一般的にリクライニング機能がついているものは、低月齢から使用できる傾向があります。
月齢の上限は2~3歳くらいに設定されているものがほとんどなので、長い期間使えて便利ですね。商品やメーカーによって対象年齢が変わってくるので、購入前にはきちんと確認しておきましょう。

・ママの支持率高め!バウンシングタイプが人気

出典:photoAC 

バウンサーには、上下に揺れる「バウンシングタイプ」と、前後や左右に揺れる「ロッキングタイプ」、ママが手で揺らしてあげる「手動タイプ」や「電動タイプ」などがあります。
中でも人気が高いのがバウンシングタイプ。バウンシングタイプでは、子どもの動きに合わせて自然に上下に揺れるところが特徴です。赤ちゃんが足や体を動かすと全体が揺れるので、自分で揺らしてひとり遊びを楽しむこともできますよ。
手動タイプのようにママがその都度手を添える必要がないので楽ちんです。

■バウンサーって安全?危険性はないの?

バウンサーはママのお役立ちアイテムですが、安全面には注意して使用しましょう。

・親が近くで見ていれば安心☆

出典:photoAC 

「バウンサーはベルトがついているので安心」と、子どもが見えないところで家事を行うなど目を離してしまうのはNG。バウンサーからの転倒など、子どもは予測不能な動きをすることが多いもの。必ず側で見守るようにしましょう。

・子どもが泣いたらどうする?時間をかけて慣らそう

出典:photoAC 

バウンサーに乗せると心地よさそうに喜ぶ赤ちゃんも多いですが、まれに泣いてしまう赤ちゃんも。赤ちゃんの好みはそれぞれなので、バウンサーを嫌がって泣くこともあるかもしれません。無理強いしては赤ちゃんの負担になってしまうのでNG。
「時間を短めに毎日少しずつ乗せるようにしたら、次第に慣れてくれて今ではご機嫌に乗ってくれる」という口コミもよく聞くので、少しずつ慣れさせてみるのもひとつの手ですね。
また、バウンサーにもいろいろ種類があるので、購入前にいろんなバウンサーに赤ちゃんを乗せてみるのもおすすめ。相性が良いバウンサーを見つけられるかもしれませんよ。

・赤ちゃんの体に負担はかからないの?

出典:photoAC 

バウンサーはゆるやかなカーブで赤ちゃんの体にフィットするものが多く、負担のかかりにくい設計となっています。しかし、長時間乗せ続けるのはやめましょう。
椅子にずっと固定しておくことになるので、体の動きが制限され、背骨など赤ちゃんの体に負担になる場合があります。赤ちゃんが楽しめるように、決まった時間使用するのがおすすめです。
それぞれの商品ごとに目安の使用時間なども記載されているので、取扱説明書は使用前にきちんと読んでおきたいですね。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE